【キューブ、モビリオ…今だったら大ヒット?】登場が早すぎた残念なミニバンたち

 人も荷物も積みたいけど、駐車場の都合であまり大きいクルマは買えない…。そんな人の心をガッチリつかんでいるのが、シエンタ、フリードなどのコンパクトミニバンだ。

 実は、そういったコンパクトミニバンは、過去にも登場していた。だが、残念ながら登場した時代が悪かったのか、ユーザーのニーズにイマイチ対応できていなかったのか、1代限りで生産終了となってしまったものも多い。

 今回は、そんな登場が早すぎた残念なコンパクトミニバンのなかから、リニューアルして売り出せば、人気が出るのでは? というモデルをピックアップして紹介したいと思う。

文/片岡英明
写真/HONDA、NISSAN、TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】登場が早すぎたクルマたちの個性的な室内をチェック!


■ホンダ モビリオ

ホンダ モビリオ(後期型)。ヨーロッパの「ユーロトラム」をモチーフにした斬新なデザインを採用していた

 フィットの誕生から半年後の2000年12月、フィットをベースにしたコンパクトミニバンのモビリオを発表している。

 これはホンダが唱える「スモールMAX」の第2弾だ。センタータンクを採用したグローバルスモールプラットフォームの上に、直線基調の1.5ボックスボディと両側スライドドアを組み合わせた。リアは優れた使い勝手の跳ね上げ式ゲートだ。

 全長は4mをちょっと超えた長さだが、巧みなパッケージングによって7人乗車を可能にした。背を高くしたこともあり、3列目でも実用になる広さを確保している。

 後席の下に燃料タンクがないため、キャビンだけでなくラゲッジルームもフラットで広い。3列目のシートは2列目シートの下に畳み込んで収納することができるダイブダウン機構が注目を集めた。2列目までシートを畳めば26インチの自転車も収納することができる。

 エンジンは1.5Lの直列4気筒を搭載した。CVTはインパネシフトで、ウォークスルーが可能だ。デュアルポンプ式の4WDも用意されていた。

 後期モデルは1.5LエンジンにVTEC機構を組み込み、余裕を増している。また、福祉車両を設定するなど、ホンダのやる気を感じたが、2代目はモビリオの名前を使わず、フリードと改名した。

 ホンダらしい機能的なコンパクトミニバンだったが、それがファミリー層に理解されず、販売は伸び悩んだ。個性の強いデザインも好き嫌いが分かれた。ちょっとデビューが早すぎて損をしたミニバンと言えるだろう。今なら高く評価されたはずだ。

■ホンダ エディックス

ホンダ エディックス(前期型)。7代目シビックをベースにした6人乗りの2列シートミニバンで、3席2列の全座席独立シートというユニークな設計だった

 2004年7月に鮮烈なデビューを飾ったのがホンダのエディックスだ。ワゴンとミニバンのいいとこ取りをした6人乗りのマルチパーパスカーで、1列に3人が座って2列シートレイアウトのまま6人乗りを実現している。

 考え方は日産のティーノと同じだが、エディックスはシートレイアウトに工夫を凝らした。FF車の全高は1610mmあり、全幅も1795mmだからキャビンは前席も後席も広い。

 シートはすべて独立して、スライドとリクライニングが可能だ。この手のクルマは中央席が窮屈になるのが一般的だが、エディックスは前席の中央席を独自にスライドでき、しかも後方までスライドできるようにしている。

 意表をつくV字レイアウトだから、ドライバーの運転操作を妨げない。もちろん、フロアはフラットで、横へのウォークスルーも可能にした。シートレイアウトとアレンジも多彩だ。

 エンジンは1.7Lと2Lでスタートしたが、後期モデルは2Lと2.4Lエンジンになる。ワイドトレッドで、エンジンも余裕たっぷりだからスポーティな走りを見せつけた。24Sはローダウンサスペンションを採用し、さらに気持ちいい走りを実現している。

 最初は注目を浴びたが、すぐに販売は頭打ちとなり、低迷した。それでも我慢強く販売を続けていたが、2代目がベールを脱ぐことはなかったのである。

■日産 ティーノ

日産 ティーノ。B15型サニーのプラットフォームを使用して開発された。当時は新しさを感じさせる1台だった

 エディックスより5年以上も早く、2列シートの6人乗りを実現したのが、日産のティーノだ。デビューしたのは1998年12月である。

 開発コンセプトは「快適、快速ハイトワゴン」で、優れたパッケージングを売りにした。最大の売りは、前席3人がけ、後席3人がけの2列シート6人乗りとしたことである。

 しかも前席の中央席と後席は独立して脱着することが可能だ。シートアレンジも多彩だった。シートを取り外せば、荷室スペースもグッと広くなる。

 全長はサニーより短い4270mmだ。が、全幅を1760mmまで広げ、室内幅1500mmを実現している。

 心臓は1.8Lのリーンバーンエンジンと、2Lの直列4気筒DOHCで、2LモデルはハイパーCVTだ。さすがに中央席は窮屈だが、いざという時は6人が乗れ、重宝した。

 だが、販売は伸び悩んだため、2000年4月に前席セパレートシート、後席は5:5分割式のベンチシートを装備した5人乗り仕様を設定する。また、6人乗り仕様の後席中央席をチャイルドシート内蔵タイプに進化させた。

 同じ時期、1.8Lエンジンに駆動用の交流同期モーターを組み合わせたハイブリッド車を、限定販売(100台)している。これはリチウムイオン電池を搭載した画期的なハイブリッド車だった。

 これらのほか、買い得な廉価モデルやオーテックジャパン製のキッズバージョンなどを積極的に投入。だが、月販5000台の目論見は外れ、2003年春に生産を終えている。ティーノは時代を先読みしすぎた、悲運の名(迷)車と言えるだろう。

■日産 キューブキュービック

日産 キューブキュービック。コンパクトなのに7名乗車ができる3列シート車として、話題を集めた

 日産のコンパクトハイトワゴンが、マーチから派生したキューブだ。その2代目は2002年10月に登場した。そして1年後の2003年9月に3列目のシートを装備し、7名乗車を可能にしたキューブ3(キュービック)を追加設定している。

 キューブのホイールベースを170mm延ばし、そこに狭いながらも2人分のシートスペースを確保した。それでも全長は3900mmと、現行の3代目キューブとほとんど変わらない。

 エンジンは、キューブと同じ1.4LのCR14DE型直列4気筒DOHCだ。トランスミッションは、4速ATとマニュアルモード付き6段変速のCVTを用意している。が、フル乗車だと余力はなかった。

 そこで2005年5月のマイナーチェンジの時に、1.5LのHR15DE型DOHCエンジン搭載車を追加している。また、電気式四駆のe-4WDも投入した。1.5Lエンジンならキューブより100kg重くても力強い加速が可能だ。

 3列目のシートは子ども用である。2列目をスライドして前に出せば3列目の足元スペースは増えるが、大人だと身をかがめて座らなければならない。

 居住空間としてはミニマムだが、荷室は広くなっているからキューブよりたくさんの荷物を積むことができる。使い方次第で便利なマルチパーパスカーだったのだ。

 キューブキュービックの月販予定台数は3500台だった。デザインもよかったのでデビュー当初は好調に売れている。が、キャビンは2列+アルファの空間だから、すぐに販売は頭打ちになった。

 2008年、キューブのモデルチェンジを機に、キューブキュービックはカタログから落とされている。いざという時には7人が乗れる、使い勝手のいいコンパクトカーだっただけに生産終了は惜しいと思う。

■トヨタ カローラスパシオ

トヨタ カローラスパシオ(初代)。カローラファミリーのなかでも、ユーティリティー系モデルとしての位置づけで、1997年1月に発売された

 カローラから生まれた、ジャストサイズのハイトワゴンがカローラスパシオ。デビューしたのは1997年の初頭だ。

 前後ともカローラと同じヒンジ式ドアを採用し、2列シートの4人乗りと3列シートの6人乗り仕様が用意された。2列シート仕様はリムジンのように足元が広く、快適である。シートアレンジも多彩だったし、荷室も広かった。

 3列シート仕様は助手席が回転対座になり、2列目はテーブルにもなる。また、2列目と3列目を折りたたむことも可能だ。それだけではない。脱着できる2列目のシートはジュニアシートにもなった。見やすいデジタルメーターも注目を集めている。

 2001年5月には、ほかのコンパクトミニバンと違って2代目を送り込んだ。すべて3列シート仕様とし、快適性も向上させたが、初代ほど話題にならなかった。2007年、さらに優れたパッケージングのシエンタが登場したこともあり、役目を終えてさびしく消えていった。

【画像ギャラリー】登場が早すぎたクルマたちの個性的な室内をチェック!

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ