お題「ドライブ」でマンガを募集したら「人生」が集まった【ベストカーWeb×コルクBooks】


■クルマが「人生」に寄り添うアイテムだと実感

 クリエイターが作品(マンガ)をネーム、プロット、下書き段階から投稿し、それをファンや作家同士でコメントし合ってより優れた作品へと仕上がってゆくWebサービス「コルクBooks」

 今回ベストカーWebとコルクBooksがコラボ企画として実施したのは、コルクBooksにベストカーWebが「お題」を依頼し(今回は「ドライブ」)、それに作家さんたちがコルクBooksへ投稿(お題発表から投稿締め切りまで2日間のみ)、それを当サイトで紹介する…という特集企画です。

 当サイトが選んだ最優秀作品には、編集部より5000円ぶんの図書カードを贈呈させていただきます。

 というわけで、今回「ドライブ」というお題でコルクBooksへご投稿いただいたのは珠玉の15作品。以下、全作当編集部による「寸評」付きで全作品を紹介します。全部面白かった! まずは最優秀作品から!!
(各作品ページをタップしていただくと、「続き」が別ウィンドウで表示されます)

「長いドライブ」 やじま著

【寸評】今回の企画の最優秀作品に選ばせていただきました。「たくさんの荷物を一緒に運ぶ」、「隣に乗る人を待つ」、「出発するときにちょっとモタつく」、「ひやひやすることもある」、「ときどき遠くへ行きたくなる」、「不安で、それでも楽しむすべを探して、前へ進む」という、今回のお題「ドライブ」が「人生そのものだ」という視点、構成がすばらしい作品でした。最後のカットが「いい天気」なのもいいですね。タイヤメーカー最大手ブリヂストンの愛唱歌(CMソング)『どこまでも行こう』を思い出しました。ご投稿ありがとうございました!!

「初めての一人ドライブ」 ワダシノブ著

【寸評】ドライブの思い出って、奥のほうにあるのはそのまま「家族との思い出」なんですよね。クルマが家族の記憶をつなぐカギになっている。しかも身体的な記憶なので、ふとした時に心の底から湧いてくるように思い出されるんですね。お母様に無理を言った記憶もそうですし、いずれ「母親のシートポジション」もいい思い出になると思います。ラスト前のコマ、かすかに微笑んでいる構図がとてもよかったです。ご投稿ありがとうございました。

「ドライブ注意報」 こしのりょう著

【寸評】クルマに乗っている時って、お互いが向き合わないんですよね。みんな同じ方向を見ています。それはもしかしたら、家族とか仲間とかの、ひとつの「あるべき姿」なんじゃないかと思います。必死に目的地を目指すメンバーがいて、なんとかお互いの関係性をよくしようとするメンバーがいて、楽しいものを見つけるのが得意なメンバーがいて。ときどきメンバーの横顔を見つめると、そういう姿や役割に気づきますよね。そんなことに改めて気づかせてくれた作品でした。ご投稿ありがとうございました!!!

「買物帰りの法則」 ktanaka著

【寸評】投稿タイミングは(お題が発表されてから)一番のりで、原稿の完成度の高さに驚きました。車内のパニックぶりと、娘さんのすっきりしつつ「何を騒いでるんだ?」という顔の対比が最高です。これ、親御さんクラスタからのきなみ「あるあるあるある」とすごい勢いで首肯されまくりました。なんという試練。普段はあんまり意識しないんですけど、クルマって「家族の部屋」でもあるので、こういうシーンを積み重ねられることで、シミや香りに愛着がわいてくるんですよね。なおこれ、状況的には大人にも発生する可能性があるよな…と思いたち、心がザワつきました。ご投稿ありがとうございました〜。

次ページは : 「どこまでも遠くへ」小柳かおり著