【雨が多い日本だからこそ晴れ間を愛そう】絶滅危惧装備 サンルーフの長所と短所

 海外では、ほとんどのクルマに標準装備されているサンルーフ。しかし、日本の国産車ではオプションとして用意されることが多く、クルマを購入する際に悩む装備のひとつです。オプションとして装備しているモデルも減少してきており、絶滅危惧装備のひとつとなっています。たしかに「高い」、「重い」、「思ったより使わない」などデメリットもありますが、メリットも多々あります。

 日本は多くの地域で3日に1日は雨が降る土地ですが、だからこそ晴れ間を楽しむ装備を大事にしたいとも思います。

 以下、サンルーフについて、元自動車メーカーエンジニアの筆者が解説します。
文:吉川賢一


■そもそもサンルーフってどんなもの?

 一般的にサンルーフには次の3つの種類があります。

〇チルトアップサンルーフ
後方が浮き上がることで開閉するサンルーフ。開放面積はわずかだが、換気をするのには十分。

〇スライディングサンルーフ
屋根に設置されているガラス面と開口部が後方にスライドするサンルーフ。大きく開くため換気はもちろん、開放感も十分にある。現在多くのモデルで採用されているタイプで、最近ではチルトアップとスライディング両方できるものが多い。

〇パラノマウィンドウサンルーフ
ルーフ全体にガラスが採用されたタイプのサンルーフ。他の2タイプよりも、ウィンドウが大きい点が魅力。

三菱エクリプスクロスに装備されているサンルーフ

■サンルーフのデメリットは?

〇燃費が落ちる
サンルーフに使われているガラス等のパーツ一式は非常に重く、20~30kgほどあります。そのぶん車両重量が重くなるため、燃費は悪くなる傾向があります。

〇価格が高い
車種やサンルーフの種類によって価格に差はありますが、オプションとしては比較的高価です。(三菱エクリプスクロスの「電動パノラマサンルーフ」で税込124,200円)

〇車内の気温の変化が激しい
天井がガラスや樹脂製のため、シェードを使用していても断熱が弱く、エアコンが効きづらい場合もあります。

〇故障する可能性がある
サンルーフ故障の多くは、ウィンドウ部周辺のゴムパッキンが劣化することで、雨漏りをすることです。この場合はゴムパッキンを交換することで修理することが可能なため、安価で済みますが、開口部が開かないor閉まらないなどの故障も稀にあり、この場合は3~10万円ほどの修理代がかかります。

〇そもそも使わなくなる
最初は嬉しくて頻繁に使ってみるものの、飽きてそのまま使わなくなる…という方も多いです。

〇直射日光が眩しい
直射日光が顔に当たったり、ダッシュボードやインパネに反射した光が目に入ると、眩しくて前が見えにくくなることがあります。サングラスを使うなど、対処法を準備しておく必要があります。

■サンルーフのメリットは?

〇格別な解放感
やはりなんといっても、サンルーフの最大のメリットは解放感です。車室内が明るくなり、圧迫感がなく、晴れやかな気分でドライブを楽しむことができます。

〇換気ができる
サンルーフを開けることで、快適に換気ができる点も大きなメリットです。クルマ上部を開けることで、サイドウインドウを開けたときよりも、自分のクルマのエンジン音や隣のクルマの走行音などを拾わずに、オープンエアを楽しめます。また、チルトアップサンルーフであれば、冬でも比較的寒さを感じることなく換気ができ、特に愛煙家のかたにはお勧めです。

〇査定額が上がる
サンルーフが付いている(またはオプションで取り付ける)ため、希少性も高く、買取時にはプラス査定事項になることが多いです。

トヨタRAV4のサンルーフ。SUV系はアウトドアとの親和性が強く、サンルーフをオプション設定しているモデルが比較的多い

■まとめ

 オープンカーほどの開放感とまではいかないまでも、サンルーフを開けて解放感を味わいながらのドライブは格別に気持ちが良いものです。いっぽう燃費が悪い、熱くなるなど、デメリットがあるのも事実。新車購入の際に装着するか否かを決めなくてはならないため、ご自身のカーライフで本当に必要なのか、購入前には冷静に考えることが必要です。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ