ヴェゼルModuloX徹底試乗!! 作り分けた3種の足回りの真価はいかに??


 ホンダアクセスが手掛けるコンプリートカー「ModuloX(モデューロ・エックス)」。これまでもステップワゴン、S660、フリードなどで設定されてきた「より上質なホンダ車」を目指して開発されたグレードだ。

 この度、ホンダの売れ筋SUV「ヴェゼル」にModuloXが設定された。そして大きなトピックは初の4WDモデルの設定になる。

 ハイブリッド(FF/4WD)、ガソリンターボ(FF)の3車種を年の瀬に一気に試乗!! いったいどのような差があるの? そして肝心な走りの質感はいかに??

文:大音安弘/写真:平野学

【画像ギャラリー】ヴェゼルModuloXのエクステリア詳細


■3%のユーザーに響け!! こだわり抜いたModuloX

  ホンダの純正コンプリートカー「ModuloX」シリーズに、「ヴェゼル」が投入された。第6弾となる新型の特徴は、初のSUVかつ4WD設定があること。ModuloXとしても新境地を開拓に挑んだ意欲作だ。

 ModuloXシリーズとは、ホンダ純正用品を手掛けるホンダアクセスが開発したコンプリートカー。

標準車(左)と比較するとアグレッシブなModuloXのフロント周り。とはいえやりすぎない大人テイストは素直にかっこいい

 専用カスタマイズパーツを量産過程で装着することで、操縦性、デザイン、上質感の向上を図りながらも、コンプリートカーでありながら、現実的な価格を実現している。

 ヴェゼルでは、ハイブリッド仕様の「ハイブリッド・ModuloX」とターボ仕様の「ツーリング・ModuloX」の2タイプを設定。ハイブリッド仕様のみ4WDの選択も可能となる。

 そのコンセプトは、大胆にも「3%の根狂的なファンを大切に」とし、「3秒で一目ぼれするデザイン」と「3秒後の走り出しから体感できる満足感」を掲げている。

リアスタイルはスポイラーなどの効果もありスポーティ。もちろんエクステリアのみならず足回り、ホイール、内装パーツもModuloパーツが奢られる

 つまり熱心なホンダファンの心を着実に掴むトータル性能を重視した仕様なのだ。

 少ないユーザーにというのは、まさに初の4WD設定もいえ、これは降雪地に住む、もしくは出向く4WD必須の熱烈なホンダファンのリクエストに応えたものだという。

■ModuloX初の専用設計シートはホールド感抜群!!

 まず主な専用パーツについて紹介すると、前後パンパ―を中心としたフルエアロパーツ、アルミホイール、サスペンション、前後シートなどが挙げられる。

 さらに外観パーツのブラックアウト仕上げに。ボディカラーは、ホワイトとブラックのパール仕様。レッドとブルーのメタリックの4色と煌びやかな設定だ。

ModuloXとしては初の専用設計シート。サイドサポートのホールド性もよく、快適性も損なわないシートは上質さを感じるほどの完成度

 専用エアロで武装されたエクステリアは、スタイリッシュさを前面に押し出した標準車よりもスポーティかつ凛々しく映る。

 ただ追加されるエアロパーツとアクセントは、機能性を重視した控えめな物であり、派手さはなく、むしろ標準車よりも落ち着いた雰囲気さえ漂わせる。

 これなら幅広いユーザーが選びやすく、パーソナルカーやファミリカーとしても選んでも違和感はない。

 一方、インテリアの違いはといえば、内装がブラックとることと専用シートが装着されるのみ。しかし、このシートこそこだわりの逸品で、専用開発されたもの。

 正確に言えば、ノーマルシートの骨格をベースに、表皮を始め、クッション、バネ、表面形状を変更したものだ。

 座っただけでも、ノーマルと比べ、サポートの良さをフィット感が高まっていることを感じさせてくれる。またホンダアクセス製モデルということもあり、専用フロアカーペットも標準となる。

 注目の足回りは、なんとエンジンと駆動方式に合わせて、それぞれに専用チューニングを施したもの。つまり、FFと4WDのハイブリッド仕様とFFのターボ仕様の3タイプが用意されているのだ。

サスペンションはハイブリッド(FF/4WD)、ガソリン(FF)ですべて作り分けているというこだわりよう。コストのかけ方は凄い

 簡単にキャラクターの違いを説明すると、全体では、ヴェゼルのスポーティグレードという立ち位置だが、ハイブリッドの方が、よりコンフォートな仕様で、ツーリングがよりスポーティな仕様となる。

 FFが18インチになるのに対して、4WDのハイブリッドのみ17インチとなるので、最もコンフォートよりといえそうだ。

 車高は標準車同等なので、日常使用での影響もない。ちなみに、専用ホイールは、ホイールの剛性バランスまで考慮した設計だそう。なんともマニアック。

 しかしながら、ホンダらしい職人仕事を反映させたポイントといえる。因みに、タイヤサイズと銘柄は、ベース車となるハイブリッドRSとツーリングと同様のものだ。

次ページは : ■せっかくならタイヤ選択までこだわってほしかった!?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ