初代よりジムニー感!? 新型ハスラーは変わらないようで変わっていた!!


 スズキらしい独創性で大ヒット!! 軽SUV「ハスラー」が新型にチェンジ。変わらないようで実は“ジムニー感”が増している、新型の妙味とは?

 東京モーターショーで新型ハスラーのカタチを見て、期待を膨らませた人はとても多いんじゃないでしょうか。かくいう筆者も、「これはイイ! 初代ハスラーとジムニーのいいとこ取りじゃんか!」とビンビンに期待しておりました。

 で、実際の新型ハスラーはというと、まさに期待を裏切らない出来。新たなニッポンの国民車になる素質すらある。

 デザインに関しては、フロントフェイスだけを見ると、キープコンセプト過ぎて変わり映えがしないと思うかもしれないが、実は全然変わっている。似てるのは顔のつくりだけで、プロポーションは大きく違う。

文:清水草一
写真:池之平昌信
ベストカー 2020年3月10日号

【画像ギャラリー】よ~く見るとかなり違う!! 新型ハスラー 不易流行の妙味


新型ハスラーのデザインは4ドア版ジムニー!?

初代ハスラー(左)と新型ハスラー(右)。並べてみると似ているようでかなり異なることがよくわかる

 並べてみると、初代はいわゆる普通の乗用車的で、ボディのいたるところが曲面だった。

 ところが新型はカクカクシカジカで真四角に近い。水平線と垂直線だらけ! 実際に定規を当てればちゃんとカーブはついてるんだけど、雰囲気としてはジムニーにかなり近く、ジムニーの4ドア版と言ってもいい雰囲気だ。

 つまり、古典的なクロカン4WDのイメージが濃厚なのだ。設定されている2トーンのボディカラーも、わざとサイド後部に回り込ませて、ジープの幌みたいなイメージを出している。

 デザイン担当者によれば、全体としては、「鉄板らしい力強さ」、「鉄板の厚みを感じさせる丸み」を狙ったんだそうです。

「ブリキの道具箱などを見ながらデザインしました」っていう話には感動しました……。やっぱりスズキのデザインは、目の付けどころが違うな。

「守るべきは守り新しさを出す」新型ハスラーの妙味

薄いボディカラーだと、スクエアになったボディ骨格がよりわかりやすい新型ハスラー

 初代ハスラーも、出た時はちょうどいいアウトドア感だったけど、6年後の今は当時より、世間の本物志向が強まっている。

 一般のランナーがオリンピック選手と同じシューズを履きたがって当然な時代じゃないですか。そういう本物志向の深まりを取り入れて、ハスラーもより道具としての本物感を訴求しようとしたわけですよ。つまりそれが、ジムニー的な本格派の雰囲気なんですね。

 初代の顔のイメージに、この本物の道具感の合体は大成功だ。大ヒット車の2代目のデザインってのは難しいものだけど、守るべきところは守りつつ、みごとに新しさを出している。

 こういう道具感って、日本人は大好きだよね。日本人は伝統的に、華やかなアートよりも虚飾を捨てた道具を愛する民族ですから。新型ハスラーのデザインは、そこにドンピシャとくる。

次ページは : 「安いけど安っぽくない」はラテン系を思わせる

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ