【初代よりジムニー感!?】新型ハスラーは変わらないようで変わっていた!!

 スズキらしい独創性で大ヒット!! 軽SUV「ハスラー」が新型にチェンジ。変わらないようで実は“ジムニー感”が増している、新型の妙味とは?

 東京モーターショーで新型ハスラーのカタチを見て、期待を膨らませた人はとても多いんじゃないでしょうか。かくいう筆者も、「これはイイ! 初代ハスラーとジムニーのいいとこ取りじゃんか!」とビンビンに期待しておりました。

 で、実際の新型ハスラーはというと、まさに期待を裏切らない出来。新たなニッポンの国民車になる素質すらある。

 デザインに関しては、フロントフェイスだけを見ると、キープコンセプト過ぎて変わり映えがしないと思うかもしれないが、実は全然変わっている。似てるのは顔のつくりだけで、プロポーションは大きく違う。

文:清水草一
写真:池之平昌信
ベストカー 2020年3月10日号

【画像ギャラリー】よ~く見るとかなり違う!! 新型ハスラー 不易流行の妙味


新型ハスラーのデザインは4ドア版ジムニー!?

初代ハスラー(左)と新型ハスラー(右)。並べてみると似ているようでかなり異なることがよくわかる

 並べてみると、初代はいわゆる普通の乗用車的で、ボディのいたるところが曲面だった。

 ところが新型はカクカクシカジカで真四角に近い。水平線と垂直線だらけ! 実際に定規を当てればちゃんとカーブはついてるんだけど、雰囲気としてはジムニーにかなり近く、ジムニーの4ドア版と言ってもいい雰囲気だ。

 つまり、古典的なクロカン4WDのイメージが濃厚なのだ。設定されている2トーンのボディカラーも、わざとサイド後部に回り込ませて、ジープの幌みたいなイメージを出している。

 デザイン担当者によれば、全体としては、「鉄板らしい力強さ」、「鉄板の厚みを感じさせる丸み」を狙ったんだそうです。

「ブリキの道具箱などを見ながらデザインしました」っていう話には感動しました……。やっぱりスズキのデザインは、目の付けどころが違うな。

「守るべきは守り新しさを出す」新型ハスラーの妙味

薄いボディカラーだと、スクエアになったボディ骨格がよりわかりやすい新型ハスラー

 初代ハスラーも、出た時はちょうどいいアウトドア感だったけど、6年後の今は当時より、世間の本物志向が強まっている。

 一般のランナーがオリンピック選手と同じシューズを履きたがって当然な時代じゃないですか。そういう本物志向の深まりを取り入れて、ハスラーもより道具としての本物感を訴求しようとしたわけですよ。つまりそれが、ジムニー的な本格派の雰囲気なんですね。

 初代の顔のイメージに、この本物の道具感の合体は大成功だ。大ヒット車の2代目のデザインってのは難しいものだけど、守るべきところは守りつつ、みごとに新しさを出している。

 こういう道具感って、日本人は大好きだよね。日本人は伝統的に、華やかなアートよりも虚飾を捨てた道具を愛する民族ですから。新型ハスラーのデザインは、そこにドンピシャとくる。

「安いけど安っぽくない」はラテン系を思わせる

どこかジープレネゲードを思わせるカジュアルさとSUVらしさを両立させた新型ハスラーのインパネ

 インテリアも随所に道具感を散りばめている。インパネの“3つの輪っか”はその代表。ホント言うとこれ、かなりなんちゃってな感じですが、シートの素材や柄はスズキらしくセンス抜群。スズキって“イタリア・フランス車”的に、お金をかけないオシャレ感を出すのが得意なんだよね。

 新型ハスラーは、先代に比べてホイールベースを35㎜拡大しているうえに、ウィンドウの傾斜がより垂直に近づいたので、室内は充分すぎるほど広い。かといってスペーシアみたいに天井が高すぎて落ち着かないこともなく、なんだかとっても居心地がいい(個人の感想です)。

 外から見ると、新型ハスラーのタイヤの四隅感はまさに限界ギリギリ! こりゃ室内が広くなるわけだ。タイヤが隅っこに寄ったぶん、アプローチ&ディパーチャーアングルも改善していて、より悪路に強くなっているはずだ。(今回、悪路は走ってまいせんが)。

新型ハスラーの走りは「普通」から「+α+α」に進化!?

もともと「普通によく走る」ハスラーの走りは、新型になって進化した?

 一般道での走りはどうかといいますと、全体の質感が大幅に上がっていた。先代ハスラーは「フツーによく走る」ってな感じだったが、新型は「フツー+α+α」くらい? 

 スズキの新世代プラットフォーム「ハーテクト」は、最新のダイハツアーキテクチャー「DNGA」には負けるけど、ハスラーのそれは環状骨格構造と相まって、先代とは格違いのしっかり感がある。

 よって車体の動きの精度が違う! だから走りが上質になったのです。乗り心地もしなやかで、後席でも不快な突き上げはほとんどナシ。なにげにフラット感が高い。

 遅めのステアリングギア比とソフトなサスペンションで、ハンドリングは“ゆるふわ”系ながら、ハスラーで峠を攻める人もいないでしょうし、期待以上のリラックスドライブを提供してくださいます。

 自然吸気エンジン(NA)は、新開発の超ロングストロークタイプで、12:1という高圧縮比もあり、うおお! というほど低速トルクがある。軽のノンターボは低速トルク命で、各社開発にしのぎを削っているが、スズキのコレはこぶしひとつぶん抜けた感じだ。

新型ハスラー最大の魅力は?

新型ハスラーのエンジンはNAとターボの2本立て。軽さとも相まってNAエンジンの力強さはスズキの軽に通ずる魅力

 NAのサウンドもスポーティ。アクセルを深く踏み込むと、49馬力の限界であんまりパワーはないし、ちょっと勇ましすぎる音量になるけれど、心地いい音なので耳障りじゃない。自然吸気モデルは、アクセルをあんまり踏まずに、トルクでふわっと走るのが吉だ。

 一方、ターボエンジンはキャリーオーバーながら、さすがのトルク&パワー。音も静かだし快適性が高い。高速道路でも余裕だ。

 標準装備のACC(先行車追従型クルーズコントロール)をONで、ゆったりクルージング可能。レーンキープアシストもついてるぞ。さすがにゼイタクな感じですね。

 先進安全装備、スズキ軽初の全車速での追従機能を備えたACCとレーンキープアシストはターボモデルのみながら、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキやハイビームアシストは全車標準装備。

 ただ、それらをレスオプションにして8万4700円お安くなる廉価グレードがあるのは玉にキズだ。こういう抜け穴はふさいでほしいッスね。

 ということで、新型ハスラー最大の魅力はデザイン! 走りも充分! ただし、お値段はそれなりに張る。

 でも、スペーシアとかN-BOXよりは全体的にかなりお安い! それでいいじゃないですか、シアワセならば。

◆新型ハスラー 主要諸元

【画像ギャラリー】よ~く見るとかなり違う!! 新型ハスラー 不易流行の妙味

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ