クルマ&バイクだけじゃない! 非日常を満喫できるホンダの2馬力船外機が面白い!!


 ホンダといえば、皆さんクルマとバイクを世界中で開発・生産・販売しているイメージを持っているだろう。しかし、「パワープロダクツ」として発電機、芝刈り機、耕運機を、「マリン」として船外機を、「ジェット」として飛行機を作り、陸・海・空すべての移動を手がけるメーカーなのだ。

 創業者・本田宗一郎の「水上を走るもの、水を汚すべからず」を信念として、1964年からつくり続けているという4ストロークエンジン船外機。今回は、その船外機のなかから、国内シェアで4割を占めていて、免許不要で誰でも楽しめる2馬力船外機の人気モデル「BF2」を試乗したので、その楽しさを皆さんにお伝えしたい。

文・写真/編集部

【画像ギャラリー】あなたも船長になれる! 2馬力船外機「BF2」で行く砂川運河をご覧あれ


■陸・海・空の移動すべてに参入するホンダ その船外機が面白い!

 今回試乗したのは、ホンダマリンが製造する2馬力船外機「BF2」だ。国内の2馬力船外機市場にはホンダ以外にも、ヤマハやスズキ、トーハツといったメーカーが参入している。そのなかで、ホンダはそのうちおよそ4割を占める人気ぶりだ。

こちらがホンダの2馬力船外機「BF2」。4ストローク空冷エンジンなので、オイルが水面に流れ出ることもないし、2ストのような排ガスも出ない。全開時はクルマで言えば、1速6000rpmをずっと維持していることになる。耐久性の高さも、自動車やバイクで実績のあるホンダの強みだ

 人気となっている理由は3つある。ひとつ目は、ほかのメーカーが水冷式エンジンを採用しているなか、ホンダは空冷式エンジンを採用している点だ。水冷式の場合、海水を用いてエンジンを冷却するため、使用後には腐食を防ぐために洗浄(フラッシング)をしなければならない。しかし、BF2は空冷エンジンのため、その必要がなくお手入れが楽なのだ。

 ふたつ目は、ホンダが誇る名車「カブ」に採用されているような自動遠心クラッチを、クラスで唯一搭載している点だ。これにより、ニュートラルから加速まで、スロットルグリップひとつで簡単に操作可能になっている。

ホンダ「カブ」と同じように、スロットルグリップひとつで操作が可能なので、慣れない人でも簡単に扱うことができる

 3つ目は、4ストローク2馬力船外機クラスで最軽量となる13.6kgという、一人でも楽に持ち運びできること、そしてセダンのトランクにも入るほどコンパクトな点だ。

 ホンダの船外機は、高出力となる75馬力から90馬力モデルでは「フィット」の1.5L 直列4気筒エンジン、115馬力から150馬力モデルは「アコード」の2.4L 直列4気筒エンジンと同じものを使用している。

 さらに、175馬力から上のモデルではホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に搭載される3.6L V型6気筒エンジンを採用するなど、四輪モデルのエンジンがベースとなっていることで、高い信頼性と耐久性も保証している。

 価格は、Sサイズで13万4200円(税込)、Lサイズで14万800円(税込)となっている。これに今回試乗したようなゴムボート(サイズにより15~30万円)をつけて、30万~40万円ちょっとで入手することができるのは非常に魅力的だろう。

こちらが今回試乗したミニボート(4人乗り)。規格ギリギリサイズのボートだが、実勢価格は25万円くらいとのこと。小さいほうが小回りが利くが、大きめのボートのほうが安定感が高く、波に対する不安感が少ない

■免許不要の2馬力だが 非日常を満喫できる魅力がスゴイ!

 船の操船には免許が必要と思っている方も多いと思うが、この2馬力船外機は3.33m未満のボートに取り付ければ免許不要で、誰でも扱うことができる。もちろんクルマと同じく、正しい水上での知識は必要なのだが、誰でも船長になれて、非日常を満喫できるという特筆すべきよさがある。

 購入者の8割が釣りを目的としていて、陸から釣りをしていたが、ちょっと沖で釣りをしてみたいという欲求から手を出すパターンが多いそうだ。

 さて今回の試乗だが、発着は新木場(東京都江東区)にある「東京夢の島マリーナ」で、そこから砂町運河や辰巳橋を経由して、マリーナに戻ってくるという往復約1時間の試乗コースだった。

 ミニボートの操船経験がない担当(ベストカーWEB編集部員)が試乗したのだが、レーシングカートのように水面まで近いこともあり、慣れるまでは10km/h程度という最高時速でもかなりの速さに感じた。

 そして何より、棒状のスロットルグリップを直に握るため、エンジンの振動をダイレクトに感じられ、クルマよりもさらに操っている感を味わうことができる。

砂川運河を進む、船舶免許を持っていない担当。2003年に船舶免許に関する法律が改正されたことで、3.33m未満のミニボート+2馬力船外機では免許が不要になった
試乗したミニボートからの視点がこちら。水面まで1mもないので、スピード感もあるし、慣れるまではドキドキする

 慣れるまではドキドキするが、少し乗れば操船の勝手がつかめる。非日常ともいえる水面から東京の街を眺めるのは新鮮で、最高に楽しいと感じた。

 2馬力だからこそ誰でも体感できる非日常。3密を避けることができる、アウトドアが人気となっている今、自分の船を持ちたいというニーズにこたえてくれる船外機をぜひ一考いただければと思う。

次ページは : ■誰でも船長になれるけど注意も必要

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ