マツダCX-30長距離試乗でわかった真価 国産「最美」SUVにふさわしい走りか?

 2020年8月某日、「旅とクルマ」をテーマとした、マツダ主催の価値体感型取材会が開催された。もちろんこの時期であるから、これでもか、というくらい感染予防対策がとられるなかで行われた。

 限られたコースだけを走る試乗会とは違って、スタンプラリーのように途中立ち寄る場所と、ゴールは決められているが、その途中でどこへ寄り道するのかは自由。一泊二日のロングドライブの相棒として提供されたのが、CX-30のSKYACTIV-Xを搭載した「X 2WD」と、2Lガソリン仕様「20S 4WD」の2台だ。

「マツダはこの価値体感によって、どんなアウトプットがほしいのだろうか」と疑心暗鬼になりながらも、小旅行で気分はウキウキの筆者。こうなると早起きも苦ではない。早朝7時にカメラマン、編集担当、そして筆者のおじさん3人が集まり、マスク着用、こまめな換気を意識しつつ、いよいよ旅が始まった。

文/吉川賢一
写真/奥隅圭之

【画像ギャラリー】長く乗りことでそのよさがわかる! スカイアクティブXも設定したCX-30の詳細をチェック


■目的は「充実した時間が過ごせたか? 」

 CX-30がデビューしたのは2019年の10月。マツダ3をベースとしたクロスオーバーSUVであり、マツダのSUVラインナップのなかでは、CX-3とCX-5の間に位置する。

筆者と初日の相棒、CX-30 X プロアクティブ ツーリングセレクション(341万5500円)。CX-30はクーペタイプのクロスオーバーSUVとして2019年10月から日本で販売開始した

 デビューから3カ月後の2020年1月には「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載グレードが追加された。「スカイアクティブXとは、世界初の燃焼技術SPCCI(火花点火制御圧縮着火)を用いて、ガソリンエンジンの軽快さと滑らかさ、ディーゼルエンジンの力強さを兼ね備え……」という説明を書くのが、試乗記事の王道だが、今回のマツダの価値体感会の趣旨は、ちょっと違う。

マツダが送り出した新世代エンジン「SKYACTIV-X」は、通常のガソリンエンジンのような火花点火(SI)ではなく、ディーゼルエンジンのように圧縮着火(CI)する。「M Hybrid」と呼ばれる24Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされる

 CX-30で出かけた先での新たな発見・体験を通じて、マツダから問われているのは、「日々の暮らしに心地よい刺激が得られたか? そして、充実した時間が過ごせたか?」についてであり、乗り心地やハンドリング、ロードノイズ、エンジンのトルク、といった単なるクルマの試乗評価レビューとは、今回はちょっと違うのだ。

■往復600kmのロングドライブで、CX-30は何を感じさせてくれたのか?

 初日はSKYACTIV-Xを搭載した「X 2WD」を試乗。朝7時台の下り方面の首都高は快調。巡航速度で走り続ける時、CX-30がもつ路面を舐めるようなドライブフィールは実に気持ちがいい。ロードノイズも小さく、クルマの遮音性能にも優れるので、走行中であっても、車内での会話に支障はない。

 こうした動性能の質感の高さは、CX-30のみならず、昨今のマツダ車に共通する美点だ。静けさと、落ち着いた雰囲気のインテリアデザインをみていると、なんとも優雅な気持ちになる。

 東名下りの大和トンネル付近では自然渋滞を起こしていた。CX-30には当然クルーズコントロールが備わるため、渋滞中でも楽ちんだ。完全停止しても、アクセルペダルをチョンと踏み足せば、再びエンジン始動して走り始める。ステアリングアシストもあるので、レーンキープもしっかりやってくれる。

高速道路を走っていても、大きな声を出さなくても前後の席で会話ができる静粛性を実現していた
試乗では、マツダがマツダコネクティッドサービスのためにリリースしたアプリ「MyMazda」も体験。マイカーを登録すれば、鍵の閉め忘れや、ハザードの消し忘れなどを車外から操作可能という優れものだ。ネット経由なので、遠く離れていても操作可能
アプリを使えば、わざわざ車両側のナビを操作しなくても、マップで選んだ任意の場所を目的地に設定することができる。この機能が思った以上に便利だった。音声で目的地を探す機能はないため、将来的に追加されることを期待したい

 渋滞を抜けた先は、約200kmのロングツーリング。クルーズコントロールで前走車についていきながら、たまには自分のペースで走らせる。スカイアクティブXのエンジンフィーリングもよく、アクセルペダルを踏み込んだ時の加速サウンドも軽快で、運転していて心地がいい。

 ステアリングのギア比がスローなので、レーンチェンジもまったりとこなせ、同乗者を不安にさせることもなく、運転者としても安心だ。このCX-30の高速道路でのドライブフィーリングは、国産車の中でも随一だと思う。

 目的地に近い、長野県の山間部にあるインターチェンジを降りる。目的地は、マツダから指定された、高原にあるランチ場所だ。徐々に狭まっていく道幅と、アップダウンが増す道では、エンジン回転が上がり、ステアリングの操舵量も大きくなっていく。ギア比がスローなCX-30は、ハンドル操作量が普通のクルマよりも大きめとなるため、二の腕のいい運動になった。

 ランチ後は、高原のなかをひたすらドライブ。山間部の気温は関東圏よりも5度は低く、換気のために窓を開ければ、涼しい空気を感じられた。標高が高まるにつれて上り下りがきつくなり、エンジンは苦しそうに悲鳴をあげていた。

長野県茅野市から、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、美ヶ原高原をつなぐ全長約76 kmの観光道路「ビーナスライン」を走る。標高約800mの茅野市から、1959 mの美ヶ原高原まで一気に駆け上がる
大人3人乗車、エアコンもオンという厳しい条件で、きつい勾配を登っていく。こういったシチュエーションでは特にスカイアクティブXが2Lガソリンモデルよりパワフルだと感じさせる

 舗装路であっても、繰り返し補修されたなどで路面が荒れていると、CX-30がはく大径タイヤは跳ねやすい。場合によっては、速度が出ていると、タイヤグリップを失ってカーブの外側に膨らみそうな場面もある。そんなシーンでは、CX-30でも4WDのほうが安心して走りやすいな、とは感じたが、それもゆっくり走れば、何も問題はない。同乗者を不安にさせない車速コントロールの腕を試されているのか、と頭の中で考えながら運転していた。

 山を越えたころには、ドライブ疲れもピーク。それまでは続いていた会話も、到着する頃には皆無口になっていた。ピカピカだったCX-30もさすがに疲れたように、ボディはだいぶ汚れていた。

 翌日は2.0Lガソリン仕様「20S 4WD」に乗り換え、長野県松本市の観光地巡りからスタート。国宝の松本城は、現存する五重六階の天守のなかで、日本最古の国宝の城だという。また、途中に立ち寄った松本民芸家具の工房でみた、手作り家具からは美しい造形美を感じた。

松本城とCX-30 20S Lパッケージ 4WD(303万500円)。乗り比べると、4WDのほうが路面からの入力に対して安定感が高く走りやすさを感じた
江戸時代からの”ナマコ壁の土蔵”が今でも多く残る商店街の中町通り(長野県松本市)をいく。マツダこだわりのソウルレッドクリスタルメタリックをまとったボディは、白い壁をバックにするとよく映える

 松本民芸家具では、パーツを加工する家具職人はもちろんだが、家具の素材となる「木」を、加工に適した状態になるまで半年以上をかけて乾燥・と吸湿といった下処理をして育てる職人がいるという。

 その仕事ぶりを拝見し、筆者も、表面的な技術ばかりに目を奪われるのではなく、そのクルマの背景に込められた、「思想」や「フィロソフィ」を見抜けるようにならねば、と思った。

松本民芸家具の工房。普段は見学ツアーは行っていないのだが、特別に見学させてもらった。松本民芸家具は、かつて旧陸軍航空本部用の木製格納庫などの軍需産業に携わっていたが、戦後建具の製造を手がけてきた歴史を持つ
ミズメザクラという機械加工には向かない材料を使用しており、職人がパーツを一つひとつを丁寧に仕上げる。特定の職人が作ったことを前面に出さず、同じ製品を松本民芸家具の特徴を出しつつ製造することを理念としている。クルマ造りに通ずるものがある

■マツダが提供したい価値とは「心地よい刺激を感じられる歓び」

 クルマという工業製品は、安全性や快適性などを改善するため、時代に則して絶えず「変わり続けること」が必要だ。しかし、クルマという嗜好品に求められるのは、それだけではないと考える。

 自らの存在感を主張することもなく、助けが欲しい時以外には存在感を消している。しかし、すぐ横にいてくれるので困ったときには助けてくれる、そんな「心地よさ」を、マツダは提供したかったのではないだろうか。

「究極の相棒」というには、現時点のCX-30では少々物足りない気もするが、それよりも、「そのクルマを選択する意味」を伝えていくことのほうが、大切なのではないか、と今回、この試乗会で感じることができた。

「このクルマのハンドリングや乗り心地といった性能は凄いでしょ!」とわかりやすく伝えるのも大切だが、「このクルマがあれば、心地よい刺激を感じることができ、暮らしが豊かになる」という体感してもらうことも大切だ。

 そういった意味で、今回の試乗会はとても有意義であったし、マツダのやりたいこと、伝えたいことに、非常に感銘した、というのが感想だ。筆者としては、今後のマツダの戦略には、注目せざるを得ない。

【画像ギャラリー】長く乗りことでそのよさがわかる! スカイアクティブXも設定したCX-30の詳細をチェック

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ