走りのプロが太鼓判!! ホンダeは異次元のデザインを持つ最高の街乗りグルマ


 ホンダ初の量産EVであるホンダeは2020年8月27日に日本で正式発表され、10月30日から販売を開始する。

 ただし、発表してすぐに第一期販売予定台数に達したということで、オーダーストップ状態となっている。オーダー再開については10月中には明らかになる模様だ。

 ホンダeが注目を集めるのは、ホンダが造ったEVであることが大きい。注目度、話題性とも抜群のホンダeをレーシングドライバーの松田秀士氏が試乗。ホンダeはどんなクルマに仕上がっているのか? どんな魅力があるのか? 

文:松田秀士/写真:HONDA、平野学

【画像ギャラリー】カタログを見ただけではわからないHonda eの詳細チェック!!


初対面で欲しいと思った

ホンダeは東京モーターショー2019で日本初公開された。プロトタイプということだったが、ほとんどそのまま市販されてビックリ

 ホンダeを初めて見たのは東京モーターショーだった。ボクは、デザインだけではそれほど購買意欲がMAXになるタイプではない。

 特にデザインは実車になるとコンセプトモデルとは大きく変わるものだからショーモデルのそれは信用できない。

 しかし初見の時、コレは強烈に欲しい! と思ったのは、RRというメカニズムだったことだ。後輪駆動の、しかもリアモーター。そしてそのサイズ感だ。

 どんなにドライビングが楽しいクルマなんだろう? いや、ホンダが造るんだからきっと楽しいに違いない。いろんなことを想像した。

 そして今回ホンダeに一般公道で走る機会を得た。

ホンダeはリアにモーターを搭載し、リアを駆動するRR方式を採用。最初はFFで作るように指示が出ていたというが、RRで出して大正解

ホンダeは抜群の小回り性能を持つ

 楽しい。このことが本当にわかったのが、試乗会最後に用意された室内迷路での試乗。無数の段ボール箱を積み重ねて作った狭い迷路だ。

 RR構造にしたことで余裕のできたフロントセクションと、操舵輪に駆動のためのドライブシャフトを持たない後輪駆動ゆえにフロントタイヤの切れ角が内輪50°/外輪40°と大きく操舵できるのだ。

N360をオマージュしたようにも思えるエクステリアデザインは、ネオクラシック路線ではなく新しさを感じさせる

 これによってホンダeの最小回転半径は4.3m。ホイールベースは2530mmだからこれはスゴイ! 例えばN-BOXの最小回転半径は2520mmのホイールベースで、FFが4.5m(4WDは4.7m)だ。つまり軽自動車より小回りクンなのだ。

 実際、一般道の試乗中に日産本社前の充電ステーションで写メを撮ろうと考え入ったが、イベント中のようだったのですぐに退散。このとき1回で180°向きを変えて出ていくことができたのだ。日産関係者やそのお客さんにはイヤなものを見せてしまった!

ホンダeは前輪の切角が大きく小回りがきくので、クランクを曲がるのをまったく苦にしない。サービスエリアでそれを実感

次ページは : ホンダe のハンドリングは楽しい!!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ