ホンダe 早くも700km走破!! 買ってわかった一長一短

早くも700km走破! ホンダe 買ってわかった一長一短

 2020年に発売された新車のなかでも、ホンダ初の量産電気自動車という特殊性から大きな話題を呼んだ「ホンダe」。果たして、実際に使えるクルマに仕上がっているのか?

 ホンダeが2020年10月30日に発売された。ピュアEV(電気自動車)というだけでなく、RR(リアエンジン・リア駆動車)の駆動方式や、あえて割り切って小型かつ航続距離も最低限におさえたシティコミューターという独創性も話題を呼んでいる。

 まだまだ馴染みの薄い存在の電気自動車。その「割り切った」という航続距離を含めて、クルマとして実際に使える出来に仕上がっているのか? そして、注目の走りは?

 さっそく自らホンダeを購入したという自動車評論家の片岡英明氏が、700km走ってわかった長所、そして気になるポイントを解説する。

文/片岡英明
写真/ベストカーWeb編集部 平野学 ホンダ

【画像ギャラリー】ホンダeの魅力的な装備をチェック!!


■8月オーダー&約4か月待ちで納車されたホンダe

筆者はホンダe「アドバンス」を公式発表前にオーダー。丸みを帯びた可愛らしいルックスが購入の決め手となった

 ほっこり系の愛らしいデザインと斬新な5スクリーンのインパネに魅せられ、ホンダeを正式発表前の8月にオーダーした。そして待つこと4カ月、ついにホンダeが我が家に嫁いできたのである。

 まだ、街で見かけることはほとんどないし、ボディカラーがスパークイエローだから注目度も高い。走っていると脇を走っているドライバーや対向車からの視線を感じるし、信号待ちでは歩行者から熱い視線が注がれていることが分かる。

 ホンダ初の量産EVとしてセンセーショナルなデビューを飾ったホンダeは2グレード構成だ。買ったのは上級グレードであり、高性能版の「アドバンス」だ。

 アコードのe:HEVと同じ仕様のモーターを搭載し、最高出力154ps(113kW)、最大トルク315N・m(32.1kgm)を発生する。車両重量は1540kgだからパワーウエイトレシオは10.0kg/psだ。

■長所はやはりEVならではの加速力や静粛性

アコードe:HEVと同じ仕様のモーターが最高出力154ps、最大トルク32.1kgmを発生。アクセルを踏み込んだ瞬間にパワーが盛り上がる

 リーフの上級グレードやBMWのi3ほど高性能じゃない。だが、ノーマルモードでも気持ちいい走りを披露し、流れをリードできたから、合格点を与えられる。

 内燃機関と違ってモーターはダイレクト感が強い。アクセルを踏み込むと瞬時にパワーとトルクが盛り上がる。だから発進加速は得意だ。

 ホンダeも発進直後から高いGを伴って軽やかにスピードを上げていく。しかも加速している時でも静かだから、余計に速いと感じてしまう。クルージング時は静かで、会話も弾む。ウインカーの音が耳障りと感じるほど、キャビンは静かである。

 スポーツモードをチョイスすれば、レスポンスが一段と鋭くなり、痛快な加速を引き出すことが可能だ。アクセルペダルの踏み加減でスピードを調整し、回生ブレーキも強めにかかるシングルペダルドライブも、慣れるとゴー/ストップの多いシーンで重宝する。

 長い下り坂では回生ブレーキを効果的に利かせて航続距離を延ばすこともたやすい。回生ブレーキはBMWのi3ほど強くないが、パドルを使って調整できるのがいい。また、シングルペダルのスイッチをオフにすると低速でクリープ走行する。この機能も便利だ。

次ページは : ■デジタルミラーなど最新装備の使いやすさや乗り心地は?