ソアラの心臓を持った最強のGTカー トヨタ セリカ XX 2800GT 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回は、トヨタが1970年から2006年まで製造・販売していたセリカのなかから、セリカXX 2800GT取り上げます。セリカXXとしては2代目となるA60型の誕生は1981年7月のこと。XXは北米でフェアレディZに対抗すべく開発されたクルマでしたが、この2代目は日本でも大人気となりました。理由はソアラと同じ5M-GEU、直6DOHC 2.8Lエンジンを搭載したこと。CMでもロータスを作ったコーリン・チャップマンを起用し、スポーツ色を全面に押し出しました。徳さんもその実力を認めたベストカーガイド1981年9月号初出の試乗記を振り返ってみましょう。

※本稿は1981年8月に執筆されたものです
文:徳大寺有恒
ベストカー2016年12月10日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


■高級クーペ、ソアラのエンジンユニットを受け継いだXX

 2.8L、ストレート6、ツウィンカムユニットのパワーとスムーズさは、やはりたいしたものである。

 170馬力も24kgmも、慣れてしまえばどうってこともないのも事実である。むしろ、このユニットの5M-GEUで感心するのは、低速から6000rpmまでムラなくフケ上がる、そのスムーズネスにある。

 このフィールは、間違いなく高級である。それは、つい先だってまでは、BMWのビッグシックスでなければ得られないものだと思っていたのだ。

 このユニットを用いてトヨタはソアラを世に問うた。それは細かいところはさておくとして“まるでBMWのような” “まるでメルツェデスのような”贅沢なドライブフィールを味わわせてくれた。そして、トヨタはセリカXXにも、このユニットを与えた。

ソアラと同じ5M-GEUエンジンを搭載。ソアラの1300kgに対し1235kgと軽く、ピックアップもよかった
ソアラと同じ5M-GEUエンジンを搭載。ソアラの1300kgに対し1235kgと軽く、ピックアップもよかった

 ニューセリカファミリーは、たしかにボディスタイリングが劇的に生まれ変わったと思うが、デザインポリシーで最も大きな変化を受けたのはXXである。

ソアラ同様デジタルメーターを採用。カーナビの元祖ともいえるナビコンが初めてオプション設定された
ソアラ同様デジタルメーターを採用。カーナビの元祖ともいえるナビコンが初めてオプション設定された

 新型XXはロングセリカではなく、基本ボディこそリフトバックと同じでありながら、あたかも独立したシリーズと思えるイメージを持つに至った。

 新しいセリカはソアラのようにプレスドアは使わなかったし、グラスエリアも冒険を避けているが、XXには野性味が感じられる。全幅は1685mmだが、これは少し狭い。せめて1750mmくらいあればバランスがいいのにと思う。また、ブラックのバンパーがマットではなく、ツルツルに光っている。テールゲートからリアスポイラー、バンパーとどれも皆、黒のツルツルなのが、ややケバケバしく見える。

 それはともかくとして、ニューセリカXXは、旧型に比べ間延びした印象はなく、大いに男性的なイメージとなったように思う。

荒々しい走りを見せるセリカ XX 2800GT。当時はオフロードでドリフトテストすることが、雑誌の流行でもあった
荒々しい走りを見せるセリカ XX 2800GT。当時はオフロードでドリフトテストすることが、雑誌の流行でもあった

■スムーズでパワフルなハイスピードツアラー

 富士スピードウェイで行われたテストディで2800GTに加え、リフトバックの2000GTにも乗った。135psの4発のDOHCエンジンは、パンチという点、ドラマチックな加速という点で2800GTには遠く及ばない。そのいっぽうでコーナーリングの姿勢や挙動はずっと2000GTの方がスポーティに感じた。

テストドライブ中の一コマ。ゆったりとした時間が流れる
テストドライブ中の一コマ。ゆったりとした時間が流れる

 別のいい方をすれば、いっそうパワフルな2800GTは100~130km/hの中速コーナーを、サードギアで充分なトルクを後輪に与えながら駆け抜けるのが得意なクルマであり、4シリンダーGTはアップダウンのある70~90km/hの、あるいは40~70km/hの小さなRの続く道でその真価が楽しめよう。

 2800GTは軽いクラッチペダルと少し重いマニュアルのシフトレバーを操作し、スロットルを踏めばたちまち日本では非合法の世界へ突入する。ソアラとともに日本製乗用車の中で一番速いモデルであることは間違いないが、スタイルを楽しむということであれば1G-EU、直列6気筒シングルカムの2Lモデルである、GやSで充分であろう。

 そのスタイルだが、どうしてもフェンダーミラーではなく、ドアミラーといきたいところだ。

徳さんがいうようにフェンダーミラーは余計な印象(ドアミラーの認可は1983年3月)。Cd値は0.35と意外にもリフトバックの0.34に若干劣っていた
徳さんがいうようにフェンダーミラーは余計な印象(ドアミラーの認可は1983年3月)。Cd値は0.35と意外にもリフトバックの0.34に若干劣っていた

◎セリカ XX 2800GT要諸元
全長:4660mm
全幅:1685mm
全高:1315mm
ホイールベース:2615mm
エンジン:直列6気筒DOHC
排気量:2759cc
最高出力:170ps/5600rpm
最大トルク:24.0kgm/4400rpm
10モード燃費:9.0km/L(5MT)
サスペンション:ストラット/セミトレ
車重:1235kg
当時の価格:232万3000円
登場年:1981年

ベストカーガイド テストデータ
0〜400m加速:16.09秒
0〜100km/h加速:9.98秒
筑波ラップ:1分17秒76

 

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ