ホンダの将来を背負う初の量産EV「ホンダe」 賢い買い方は…中古??

もしかして最後の自社製EVになるのか?ホンダeに緊急試乗!!

 2022年3月4日、ホンダとソニーは新時代のモビリティとモビリティサービスの創造に向け、戦略的な提携に向けた協議・検討を進めることを合意したと発表した。

 今後は両社で合弁会社を設立し、高付加価値のEVを共同開発・販売し、モビリティ向けサービスの提供と併せて事業化していくという。

 新たな合弁会社からのEVの初期モデルの販売開始は2025年を想定。新会社はEVの企画、設計、開発、販売を行うものの、製造は初期モデルについてはホンダの製造工場を使用。また、モビリティ向けサービスプラットフォームに関してはソニーが開発し、新会社に提供するという。

 あと3年後にはホンダとソニーが設立した新会社が開発したEVが登場する予定なのだ。開発期間が短くなっているとはいえ、すでに共同開発するEVは販売に向けて動いているのは間違いない。

 昨今、ホンダはオデッセイをはじめ、クラリティPHEV、レジェンド、S660などモデルラインアップを縮小しているのはご存じのとおり、そうなると、ホンダが自社開発したBEV、ホンダeもいつまで販売するのかわからない。

 そこで、ホンダeに試乗しつつ、最新の中古車事情もチェックし、賢い買い方を考えてみる。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】ホンダeアドバンスを詳細画像で紹介(17枚)画像ギャラリー

コミューターに相応しいボディサイズと取り回しの良さが魅力

もしかして最後の自社製EVになるのか?ホンダeに緊急試乗!!
ホンダeアドバンスの走行シーン

 ホンダのBEV、ホンダeは2020年8月に登場、10月から販売開始した。自ら「都市型コミューター」と呼んでいるホンダeのボディサイズは全長3,895mm×全幅1,750mm×全高1,510mmで全長はフィットより短く、全幅は広いワイド&ローのフォルムが特徴だ。

 外観デザインは円を多用し、フレンドリーさとともに新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインを採用。また、毎日使う給電/充電ポートをボンネット中央にレイアウトし、リッドは触り心地がよく美しい全面ガラスを採用するなどこだわりは細部に及ぶ。

 外観で特徴的なのは、昼夜天候を問わず安心な視界を確保できるよう、当時世界初のサイドドアミラシステムを標準装備したこと。170万画素の高詳細カメラを採用し、カメラで捉えた映像はインストルメントパネル左右に配置した6インチモニターに映し出される。

 インテリアでは、世界初となる5つのスクリーンを水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルが目を引く。センターには、12.3インチのスクリーンを2画面並べた「ワイドスクリーン Honda CONNECT ディスプレー」を配置。

 運転席や助手席でそれぞれ表示機能を選択したり、左右のアプリを入れかえたりなど自在な操作ができるだけでなく、スマートフォンとの接続によって音楽アプリやエンターテイメントアプリを表示も可能

 これら先進性を主張するデジタルを採用しながら、シンプルで心安らぐリビングのような空間を演出するために、パネルには自然な風合いのウッド調パネルを採用。スイッチ類を極限まで減らすことで優れた操作性を実現している。

 コンパクトなボディーながら、大人4人が快適に過ごせる空間を確保。シートにはアコードのフレームを使用し、ゆったりとした座り心地を実現している。

 ホンダeの最大の特徴はリアにモーターを搭載し、RRの駆動方式を採用したこと。グレードによって最高出力は異なるが、満充電時の走行可能距離はWLTCモードで259~283kmを実現している。

 また、取り回しのしやすさの指標となる最小回転半径は4.3mでフロントにパワートレインがない分、タイヤの切れ角が非常に大きく、非常に小回りが利く。

 ホンダeの安全装備は、11の機能がパッケージ化された、先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを標準装備。さらに、街中の狭い駐車スペースでも安心して駐車できるよう、駐車支援システム「Honda パーキングパイロット」をホンダ車で初搭載している。

 また、建物に給電するV2H(Vehicle to Home)や、機器などの電源となるV2L(Vehicle to Load)に対応。日常利用だけでなく停電時には蓄電池として活躍する。

次ページは : 中古車ならば、300万円台で手に入る

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ