最新“ジャンボ”軽トラ 徹底比較!! 広さは? 積載性は? 農道が生んだ日本の超技術

軽トラックは、日本に欠かせない“道具”のひとつ。軽自動車規格のなかで、農家や配送業などプロの厳しい要求に応え、進化を遂げたその存在は、世界的にも例をみない独自の価値を持つ。そして、その機能美や意外な走りの楽しさから、自動車ファンにも注目を浴びるマニアックな存在でもある。

そんな軽トラ界の新しい異端児が、スズキのスーパーキャリイとダイハツのハイゼットジャンボだ。

普通の軽トラよりちょっとだけ室内を広く取った両車の特徴は、当サイトでも既報のとおりだが、本稿ではよりマニアックに、室内の広さから積載性、小回り性能、加速性能に至るまで徹底的に比較。

制約の大きい軽規格ゆえ、その戦いは超接近戦かつハイレベル。両車は、まさに日本独自の技術を集めた最新軽トラの象徴だ!

文:渡辺陽一郎
写真:平野学
ベストカー 2018年8月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ