トヨタセンチュリーvs.ロールスロイス 世界最高峰を水野和敏が斬る!!


ベストカーでもおなじみの水野和敏氏。その水野氏が新型センチュリーを世界のショーファーカーの頂点でもあるロールスロイス・ファントムと比較します。

自動車界のヒエラルキーでトップに君臨するロールスロイスに対して、日本のショーファーカーの使命を担うセンチュリー。

いつもの水野節をお送りしよう。

文:水野和敏/写真:池之平昌信
ベストカー2018年10月26日号


■霧や雨でもニュルを走り続けるロールスロイス

こんにちは、水野和敏です。今回はちょっと異次元の世界を味わって頂きたいと思います。そう、トヨタセンチュリーとロールスロイスファントムの評価をいたします。

センチュリーは実に21年ぶりのフルモデルチェンジで3代目となった、日本で唯一のVIP専用車。はたして世界が認める「本物」のVIPカー、ロールスロイスに対し、どのような存在価値となるのでしょうか!?

実は私、日産時代にロールスロイス社と仕事をしたことがあるのです。

詳細をお話しすることはできませんが、イギリスの本社開発部門を訪問すると、部長級の人の多くは”サー”の称号を持っている貴族世界の人たちなのです。

巨体なはずのセンチュリーもロールスロイスファントムの前ではなんだか控えめに見えてしまう。保守的なセンチュリーに対してロールスロイスファントムはカラーリングなどからも分かるように、常に新しい価値観を持ち合わせている

一歩建屋に入ると毛足の長い超高級なカーペットで、慣れない私は足を取られつまづきそうになりました。応接室の話ではありません。社員が通常業務をする建屋内がそのような感じなのです。

このような自動車会社は私の知る限りロールスロイス以外にありません。開発や企画の人たちが上流階級で、日常生活の価値観や文化的バックボーンがロールスロイスのクルマには当たり前に生きている、ということなのです。

内装のローズウッドや、インパネのクリスタルガラスなど、一見贅沢なように思いますが、英国の上流階級の人にとっては当たり前の日常が反映されているに過ぎないのです。

そもそもVIPカーに求められる「性能や機能」とはどのようなものか、読者の皆さまはどう考えますか!?  お金持ちや偉い人が後席で贅沢にリラックスするためですか!? 極上のシートに内装、最高級な乗り心地でしょうか!?

確かにそう思えるでしょう。しかし本当に大事な商品エッセンスは違います。世界で本当の意味でVIPカーに求められる性能、機能で一番重要なことは、VIPの命や身を守ることなのです。

防御性能や機能です。夜中に女性が一人で歩ける日本にいると実感できないと思いますが、貧富の差、身分の階層、不安定な政治体制……。

これが世界の現実、と同時に数百億円以上の資産や社会的地位や名声を持つ人も世界には皆さんの想像以上に数多くいるのです。

皆さんが羨むVIPといわれるこの人たちは常に、テロや暴漢そして誘拐の対象となるし、常に細心の注意を払って自身の安全を守る宿命にあるのです。欧州や米国でも、ましてや中近東やアジアやアフリカではなおさらです。

一般に動力性能や操安性能は「そのクルマ自体の販売競争力」のために開発されます。しかしロールスロイスは違うのです、『襲撃された時にVIPの身を守るため』に開発されるのです。

ですからロールスロイスは従来エンジン出力や加速性能は公表されていませんでした。どの車種で襲撃したらよいか計画されてしまうからです。

さらに巨大サイズの22インチタイヤやブレーキ、車体の剛性やサスペンションやパワートレーンの強度は単に2.7トン前後の車両重量で決定されているのでなく(詳しくは秘匿事項のため言えませんが)ユーザーのオーダーによるさまざまな防弾仕様オプション重量、例えば自動小銃や地雷やロケット弾などから守るための装備重量増分の数トンを上乗せして構造や仕様が決定されているのです。

ロールスロイスは単純に運動性能やルックスだけでこの大きなタイヤを設定しているわけではない。必要だからこその選択なのだ

ドイツのニュルブルクリンクでGT-Rの開発をしていた時に私のなかに残る印象は、霧や雨で危険なコンディションになり、他メーカーが引き上げてしまった後も黙々と開発を続けていたのは、マルチパフォーマンスを売りとするGT-Rと最高予防安全を求めるベンツと、そして数百キロのウェイトと後席に人を乗せて走り続けるロールスロイスだけでした。

ロールスロイスの開発ドライバーは私に胸を張って言いました、「危険なコンディションでもVIPの命を守るために、襲撃してくるクルマから逃げ切るために必要な走行性能開発をしているのだ」と(ただしぜひGT-Rの開発もしてみたいとも言いましたが)。

ですから、日本で売られている、防御オプションがほとんど装備されていない6000万円前後のロールスロイスは安価で、実際の世界の販売価格は億単位が常識なのです。

でも身の安全のために『軽装甲車並みの防御機能とスーパースポーツの走りと最高の快適性』という本当のVIPカー3要件を市販車として唯一備え、買えるロールスロイスの価格は決して高価ではないと私は思います。

■センチュリーは知識と理性で作られた高級車

さて目を横のセンチュリーに向けてみましょう。

センチュリーは日産がプレジデントをやめてしまった現在、日本で唯一のVIPカーと言われていますが、VIPカーとして必須の防御機能はおそらく皇室専用車だけでしょうし、襲撃から逃げるためのスーパースポーツの走りは、このスペックでは求められません。

残念ながら普通に販売するセンチュリーは世界基準で見たら、VIPカー要件は満たしていません。

むしろベンツSやBMW7のロングホイールベースリムジンと同じ「ハイラグジュアリー高級サルーン」に区分けされると思います。

しかしながら、日本文化の価値観のなかで法人向けに”ECOまでを演出した日本専用VIP車”という独自のイメージを創り出し、ある意味日本文化高級サルーン市場創造車ともいえるでしょう。

センチュリーは単体で見るとボリューム感のあるボディサイズですが、こうしてファントムと並ぶとずいぶんと小さく見えます。

先代はV12を搭載していたセンチュリーだが、新型からはV8ハイブリッドにスイッチ。いっぽうのロールスロイスはかつての名機V8からはとっくに脱却し、V12ターボを搭載

ファントムがあまりにも巨大なのです。特に今回の試乗車は「エクステンデッド・ホイールベース」と呼ばれるロングボディなので、ホイールベースは3770mm、全長は5990mmとなります。

それよりも存在感を醸し出しているのは1645mmという全高。ちょっとしたSUVにも迫る背の高さです。ファントムはすべてがとにかく大きいのです。

センチュリーのエクステリアを見ると、残念ながらほかの国産車と同じように「面での表現」ができていません。

キャラクターラインに頼ったデザインで、しっかりと面を活かした感性を感じる塊としてのフォルムを作り出せていません。しかしながら法人向けに「贅沢三昧には見えず、人から後ろ指は差されない」という意味では当たり障りのないデザインだと思います。

ファントムと並べてみるとハッキリとわかります。例えばドアパネル。サイドウィンドウ下にエッジラインが入っているのは両車共通しているのですが、ファントムは棚のような曲線ラインからエッジラインを経てドアサイドパネルに至る造形が、一連の流れを持った面として表現されています。

白いストライプが配されているにもかかわらず、まったく分断された間がないのは見事な造形技術です。

ニースの海岸、モナコのパレス、アルプスの別荘、スコットランドの庭園、どんな背景や車体色にも合うソリッド感のある塊です。

一番の違いはセンチュリーの「フォーマルユースだけ」というデザインと異なり「プライベートユースとフォーマルユースの両方に適応しているデザイン」なのです。

一方センチュリーは、ドアガラス下の棚面とドアサイドの面が積用キャラクターラインで分断され上下で別の面になっていて、ドアパネルはのっぺりした単純なプレス面に見えてしまっています。

さらにシルをカバーするステンレス製と思えるプレートがサイドの面を3つに分断してしまう要因となっています。

これに窓越しに白いレースのカーテンが加わっています。日本の昔からの高級車要素がすべて取り入れられていますが、現在では日本にしか通用しない価値観の典型だと思います。欧州文化で世界戦略車のファントムにはそのような組み合わせの装飾はありません。

レースのカーテンにシートカバー。センチュリーは日本専売車種だけに、トヨタはここにもかなりのこだわりを持っているようだ

大きなクルマで各部分のプレス面が大きくなればなるほど、面の曲面の描き出しを意識した車両デザインにし、一体の塊感(ソリッド感)で感性を演出したフォルムを造らなければ、単なる”プレス鉄板の組み合わせ感”が出てしまいます。

センチュリーは車両サイズが大きいにもかかわらず、法人向けに、感性を表に出さないデザインで曲面が弱く、平面主体になっているために、結果としてロールスロイスのようにシーンに合わせたさまざまな車体色が使えず、メタリック系でない、ソリッドな限定された少数の車体色しか設定されていません。

ファントムはヘッドランプからボンネットフードにかけて、さらにドアパネルに向けてスーっと滑らかにラインが連続しており、ドアパネルサイドの面の膨らみと一体化している。これが重厚感のあるソリッドな「かたち」を表現しているのです。

ただ一方、センチュリーの外観を作る職人技の仕上げは素晴らしいです。パネルの平滑性であるとか、塗装の仕上げであるとか、チリの合わせであるとか。

かなり手作業の領域があると思うのですが、職人さんの技術はとても高く、丁寧な仕上げをしていることがわかります。ハイライトを見ても一箇所も歪みなどはありません。

これは凄い「仕事」です。せっかくこれほどの精緻な仕上げをできる職人がいるのだからこそ、デザイナーはもっともっと面を意識したデザインに挑戦してもらいたいし、職人さんの技術を活かす面形状を、職人さんとディスカッションして作り上げていっていただきたいのです。

GT-Rを開発した際、ソリッド感演出のためのデザインのポイントはリアフェンダーにあったのですが、私はデザイナーの長谷川さんや工場のプレス屋さんと直接何度もディスカッションを繰り返して、のっぺり感がなくハイライトをしっかりと表現できる面を造るために幾度もプレス型修正を繰り返しました。

ファントムのリアセクションは大きく絞り込んだ形状をしています。個人的にはこのデザインは好きではないのですが、ただ、デザイナーの意図はわかります。リアフェンダーの面としての盛り上がりを強調したかった。これによって重厚感が醸し出されます。

センチュリーは知識と理性で作られた高級車。一方ファントムは感性の領域に強く踏み込んでいる。「品質」は理性ですが、「質感」は感性です。

理性で作られたセンチュリーは、いわばスタジオで撮ったフォーマルな撮影写真が似合うクルマ、一方感性を主体に盛り込んだファントムは芸術写真のイメージです。

次ページは : ■後席に乗るVIPのことを徹底的に考えたファントム