トヨタセンチュリーvs.ロールスロイス 世界最高峰を水野和敏が斬る!!


■後席に乗るVIPのことを徹底的に考えたファントム

ちょっと視点を変えてみましょう。

センチュリーのブレーキはほかのトヨタ車とは違う思想でしっかりとした大径ローターに大きなキャリパーで作られています。2トンを超える車重に見合ったブレーキだと思います。クラウンやレクサスLSよりもブレーキ容量は適正です。

前席ドアを開けるとセンチュリーはちょっと重すぎます。チェックリンクが強すぎます。ファントムのほうがドアパネル自体の面積は大きく重たいはずなのですが動きは軽やか。

どちらも前席は基本的に運転手が乗ります。クルマを停めたらサッと降りて素早く後席ドアを開けに行かなくてはなりません。大切なのは後席に座るオーナーやゲストです。

観音開きになるロールスロイスファントムのドア。乗降性のよさ、そしてVIPのふるまいがきれいに見えるように工夫されている

ファントムの後席ドアが後ヒンジで観音開きなのは理にかなっていて、運転手、あるいは助手席の執事が降りてサッと前側から後席のドアを開けることができます。

動きがスムーズでスマートです。後席にロングドレスのご婦人やミニスカートのお嬢様が乗ることもあるでしょう。

ファントムの前開きリアドアだと足を揃えてスッと上品にさり気なく乗り降りできますが、センチュリーの後開きのドアだと足を開いて降りなければならずエレガントではありません。

ファントムのルーフの高さ、座面の高さも上品な仕草での乗り降りのためなのです。

今回のファントムはレザーシートですが前後席ともに適度なゆとりを持たせた張り方に加え、ほどよく滑り止めの効いた表面処理になっており、スッと身体が包み込まれるような姿勢となり、走行中も身体に力を入れることなく、リクライニングさせてリラックスできます。

センチュリーの起毛させたファブリックシートも滑らずに身体をホールドしてくれていいのですが、ちょっとグリップが強すぎて乗り降りの際にスカートの裾の引っ掛かりに気を使う必要もあります。

ファブリックシートのセンチュリー。グリップはよいが、裾などがひっかかる可能性も指摘

またファントムのCピラーの位置と形状も絶妙です。寝ている顔は外から見られず、見送る人との挨拶は自然にできます。センチュリーの位置と形状ではリクライニングを使って寝ている顔は信号待ちで外から丸見えです。

足元スペースは、特にロングホイールベース仕様のファントムは余裕があるだけでなく、パレスの床のような雰囲気まであります。前席のシートレールはメッキパーツでカバーされており、このあたりの造りはさすがです。

フロントフードを開けると、ファントムはBMWのボディ構造と基本的には同じで、二重隔壁を使ったガッチリした構造。

アルミ製サスペンションアッパー部はダッシュパネルと結合する高剛性構造となっており、とてもしっかりとした作りです。トヨタは先日乗ったクラウンでもそうでしたが、ここが分断されていて効果的に剛性を高められていないのが残念です。

BMWと構造を同じくするロールスロイスファントム。ドイツ車の構造とイギリスの仕立ての融合でもある

トランクは、センチュリーはハイブリッドでバッテリーを搭載しているにもかかわらず充分な広さを確保しています。

ところでVIPカーにおいてトランクとはいったいどのようなものだと思いますか!?  日本ではゴルフバッグがいくつ積めるかとか言われますが、欧米のVIPカーは「衣装ケース」なのです。

その他の荷物は別のクルマで運ぶのですが、シーンにあわせた何種類もの高級な衣装は身の近くに置きたい。衣装用のトランクを積むためにクルマのトランクは傷を付けないようなカーペットで覆われていなければなりません。

こうしたVIPカーは運転してどうだ!? というものではありませんが、まあ一通り走らせてみましょう。

■センチュリーはよくぞここまで仕上げてきた

【センチュリー】

走り出すと圧倒的なスムーズさに驚かされました。ステアリング操作はまったくフリクションを感じませんし、操作に対する遅れや左右差もありません。

操舵力の軽さもほどよく、サスペンションもしなやかに動いていてとても滑らかな走行感ですし、走行音がまったく室内に入ってきません。

エンジン音はもちろんのこと、タイヤから発するパターンノイズも皆無だし、サスペンションを伝わって入り込んでくるロードノイズもキッチリと抑え込まれています。

ただ、ブレーキはちょっと初期のタッチがよくないです。ペダルを軽く踏み込んだ時の初期応答が弱い。でも、踏み込めばしっかりと効きますから、許容範囲です。ブレーキの前後バランスはいい配分です。

このクルマは運転手さんがとてもラクでしょうね。東京〜大阪の日帰りでも疲れません。とても乗りやすいクルマで、よくぞここまで仕上げてきたな、と思います。

大きさをまったく感じません。運転しているとクラウンと同じ程度のサイズに感じます。タイヤも静かだしロードホールディングもいい。これは時間をかけて丁寧に仕上げた合わせ込みです。

メイドインジャパンのもの造りのよさが感じられます。2000万円を切る価格だったら充分に納得のコストパフォーマンスです。山道を走らせても大きさや重さは感じません。前後の動きのバランスもよく、スイスイ走ることができます。

水野氏も「よくぞここまで仕上げてきた」と褒めるセンチュリーの走行性能。皇族も使用する車種だけに開発にも相当の力が入っている

ニュルを走って開発はしていないでしょうが、相当実際の道路を走り込んで仕上げていますね。

引き続き後席での評価をしましょう。

走り出すと、前席では感じなかった小さなプルプルとした振動を若干感じます。シートは素晴らしくいい。

表面のグリップがいいためブレーキングやコーナリングで身体がずれることはありません。リラックスした姿勢で快適な移動ができます。

ヘタなスポーツモデルのバケットシートよりもホールド性が高いほど。クルマの前後バランスがいいため後席でも身体が揺さぶられません。これは素晴らしいクルマに仕上げられています。

【ロールスロイスファントム】

ステアリングホイールは細身なのがロールス流。そして操舵力はとても軽いです。これが伝統なのですが、操舵感や反力感などはセンチュリーのほうがいいです。

軽すぎて反力感が小さいため、ちょっと動きに慣れが必要です。コーナリングでステアを切り込んでいくと、ある地点からクッとノーズが勝手に切れ増ししていく動きをします。

これはブッシュがソフトでサスペンションジオメトリーが変化してしまうためでしょう。しかし2.7トンの車重に全幅2mを超える大きく重たい車体を考えると、そのサイズ感は感じません。

ニュルを走り込んで仕上げている成果です。コーナリングでもちゃんと内輪が接地しています。

破綻はいっさいありません。ブレーキはセンチュリーと同じく、ペダルを踏んだ最初の効きに一瞬甘さを感じましたが、踏み込んでいけば踏力に応じて制動力が増しますし、ペダルタッチの剛性は高くコントロール性もいいです。

ニュルを走りこんでいるロールスロイスファントム。箱根のワインディングでもその真価を発揮した

意外と、少しですが路面のゴツゴツ感を拾います。これは先ほども説明したように、防御仕様などでの重量増加に対応するため、XL(エクストラロード)規格の超高負荷タイヤを使っていることが要因です。

全長は6mにも迫る長さにもかかわらず、意外なまでに小回り性能が高いことに驚きです。室内に入る音は、センチュリーがあまりにも徹底的に抑え込まれているため、比較するとロールスのほうが少し大きく感じますが、絶対値としてはとても静かです。

エンジンはV12の5.7Lツインターボですが、ターボを感じさせないアクセルレスポンスと強烈なトルクです。超大排気量の自然吸気エンジンのようなフィーリングです。
さて続いて後席です。

シートベルトの素材がしなやかで服を身に着ける感触。シートはやはり滑らずしっかりと身体を支えてくれます。

箱根の山道でもシートに身体を預けてリラックスして乗っていられる。後席に座っていると、ボディのガッチリ感を実感でき、これが圧倒的な安心感に繫がってきます。これがロールスです。

次ページは : ■取材を終えての総評 最終的な評価はいかに?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ