世界最高級ハンドリングセダンと変わらない「スプリット・オブ・エクスタシー」!! ロールスロイス「ゴースト」【石川真禧照のスーパーカーワールド】


 スーパーカーは好きですか? 当編集部は大好きです!! 百年に一度の変革期にあって「社会におけるクルマの位置づけ」が変わりつつあるなか、「趣味としてのクルマ」はそうした世間の風潮とは隔絶した世界観のなかで、それでも進化を続けています。21世紀のスーパーカーはどんなふうに進化しているのか?? じっくりしっかり動画付でお届けします!!

文/石川真禧照、写真/萩原文博、動画/ウイブックス、コペル

【画像ギャラリー】ロールスロイス最新型「ゴースト」をじっくり確認!! こりゃたしかにすげえ……(20枚)画像ギャラリー

■「まるで幽霊のように音もなく現れる」ので「ゴースト」

 ロールスロイスは1906年に英国で創業、その精巧なクルマづくりでたちまち貴族や富豪たちからの支持を得た。「ゴースト」という車名は当時ロールスロイスが市販したシルバーゴースト(銀色の幽霊)から受け継いだ車名。「まるで幽霊のように音もなく現れる」ということから命名された。

 ロールスロイスはその後、経営危機に見舞われ、経営母体が変わった。最終的に2003年からロールスロイスはBMWの傘下に入り、クルマを製造、販売するようになった。

 このときに生産を開始したのがフォーマルカーの「ファントム」。そして2009年にファントムよりもパーソナルカー的要素の強い4ドアセダンを開発、それを「ゴースト」と名付けたのだ。

 初代ゴーストは2009年から2020年まで11年間生産された。途中、2014年にマイナーチェンジが行なわれている。この間、多くの新しいユーザーをつかみ、販売は好調だった。ロールスロイス創業から116年の中で、もっとも売れたロールスロイス車になった。

 初めてのグッドウッド(ロールスロイス本社がある地名)製ゴーストはこれまでにはなかったやや小ぶりで静粛性と快適性に優れた新しいタイプのスーパーラグジュアリーサルーンを求めていた人たちに受け容れられたのだ。

 2代目を開発するにあたり、ロールスロイスは独自のアルミニウム製スペースフレームアーキテクチャーを採用した。設計は、これまでのゴーストと同じ部品はボンネット上のマスコット、スピリット・オブ・エクスタシーの像と、ドアに内蔵されている傘だけしかない、と言えるまで新しくなった。

ロールスロイス車というと「ショーファードリブン」(専属のお抱え運転士がいる上流階級が乗る、後席の乗り心地のよさを前提としたクルマの走行性能)が頭に浮かぶが、「ゴースト」は「ドライバー自身が楽しめる走りを持つ

 ボディは初代よりも90mm長く、全幅は50mm広くなった。アルミ素材を多用している。組み立てもAピラーからルーフをこえてリアエンドに向かう曲面は、4人の職人がボディを同時に手作業で溶接して、連続した継ぎ目をつくり出している。

 パワーユニットは、V型12気筒、6.75Lツインターボのガソリンエンジン。最高出力571ps、最大トルク850Nmを発生する。とくに最大トルクは1600回転から得られるという。

 組み合わされるミッションは8速AT。シフトはハンドルコラムに生えた細い棒状のレバーをつまんで行なう。

V型12気筒、6.75Lツインターボの純ガソリンエンジン。燃費とかそういうことを考える人には向かないクルマ

 駆動方式は後輪駆動。リアサスペンションには4輪操舵システムも組みこまれている。リアサスはマルチリンク方式を採用した。フロントはダブルウィッシュボーン式。このサスはロールスロイスの技術陣が10年間に及ぶ開発とテストによって生まれた。乗り心地と安定性を高次元で融合させたサスになった。組み合わされる8速ATもGPSデータを利用することで、これから向かう先のカーブに合わせて事前に最適なギアを選択するという技術を実用化している。

 ドアの開閉も新機構になった。これまでもドアを閉めるときはCピラーに内蔵されているボタンを押すと自動で閉じた。新型ではさらにドアを開けるときもパワーアシストによる自動操作が可能になったのだ。作動は前後と横方向のセンサーと重力加速度センサーにより、坂道や傾斜のある場所に停車しても、常に同じ速さでドアは開閉する。

すくなくともこれに乗っていれば高速道路であおられる心配はなくなるだろう(安全運転で!)

次ページは : ■お値段約4000万円!!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ