新型プリウス公道テスト!! やっぱり推しグレードはZかも!? 乗って気になったポイントも徹底解説

新型プリウス公道テスト!! やっぱり推しグレードはZかも!? 乗って気になったポイントも徹底解説

 発売ほやほやのトヨタ 新型プリウスのハイブリッドモデル。今まで検討すらしたことのなかった層も真剣に購入を考えている人も多いハズ。今回初の公道テストを敢行したが、見た目だけでなく完成度も文句ナシであった。激推しグレードと実際に乗って気になったポイントをご紹介!! マジで推せるクルマでした。

文:吉川賢一/写真:西尾タクト

■寝すぎAピラーも視界良好!! 後方視認性はデジタルインナーミラーが必須か

ご覧の通り凄まじい角度のAピラーだが、さすがプリウス。前方視界は良好!! 後方はデジタルインナーミラーがあればより安心
ご覧の通り凄まじい角度のAピラーだが、さすがプリウス。前方視界は良好!! 後方はデジタルインナーミラーがあればより安心

 2022年末のクローズドサーキットでの試乗では、その完成度の高さに、正直かなり驚かされた。正確で高いステアリングレスポンスや、安心感のある高速直進安定性、小さなボディモーション(ロール・ピッチ)。力強い加速性能、正確なブレーキ反応など。

 先代プリウス比で幅細となったタイヤを装着したにも関わらず、オールラウンドで進化をしていた。ただ、サーキットという特殊な環境であったため、様々な路面が組み合わされた一般道で、乗り心地やロードノイズなどが、どの程度の実力なのか、気になっていた。

 今回の公道試乗は、千葉県袖ヶ浦市周辺の一般道を中心として行われた。天候は快晴、路面はドライ、気温は5度程度。我々のチームは大人3人乗車で、エアコンは常時オン、特に燃費を気にすることはなく、時折加速はするが全開加速をくりかえすような特殊走行はしていない。

 交通の流れに沿って、ごく一般的な走行を心掛けた。以下で、筆者が感じたよかった点を3つと、気になった点を2つ、挙げていきたい。

 低い全高、傾斜の強いフロントウインドウ、上下幅の狭いサイドウィンドウなど、視界の悪さが懸念された新型プリウスだが、そんな心配は無用だった。前方視界は、フロントウインドウの左右端にあるサブウィンドウが広くて死角が少なく(ただしAピラーは太めで視界に入りやすい)、サイドウィンドウも大きめで、左右後方確認の際も安心。

 後方視界については、後席に人が座ると、インナーミラーでは視界がかなり限られてしまうが、その課題はデジタルインナーミラー(Zのみ、メーカーOP 89,100円)が解決している。

 加えて、360度周囲を監視するパノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)(Zに標準装備)によって、俯瞰映像を、自車が跨いでいる路面案内表示までも透かして、センターディスプレイに映しだしてくれる。

 これらのアイテムを装着するには、最上級の「Zグレード」を選ぶ必須となり、テクノロジーに頼ることにはなるが、このデザイン前提で使い勝手が改善するのであれば大歓迎だと筆者は感じた。シートのハイト調整幅も大きく、下限位置で、頭上コブシ一個半、上限で頭上コブシ半個にまで可変させることができる。

次ページは : ■制御が超自然! 全グレード標準の先進機能が超安心・安全だった

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ