航続距離アップの新型リーフ e+は“使える車”になったのか? 退屈なEVは古い!?

車の電動化が進む今日でも「EV」=エコ一辺倒のイメージは根強い。実際、肝心の航続距離や充電にもネックがあるし、何せ走りが楽しくないといった“定評”からユーザーの食指はなかなか動かないことも事実。そんな電気自動車の主力車種となるリーフが「e+(イープラス)」を追加した。

リーフ「e+」の特徴は、駆動用リチウムイオン電池の容量を40kWhから62kWhに拡大し、1回の充電で走れる距離が伸びたこと。40kWhの航続距離は新しいWLTCモード走行で322kmだが、62kWhは458kmに達する。比率に換算すれば、62kWhは約1.4倍の距離を走れるようになった。

>>【諸元あり】日産 リーフのハイパワー版「e+」概要

もうひとつのメリットは動力性能の向上だ。40kWhは最高出力が150馬力、最大トルクは326kgmだが、62kWhでは218馬力・34.7kgmになる。

航続距離とパワフルさを増した新しいリーフは、EVのネックを払拭できているのか? EVとしてだけでなく、“クルマ”としてみた性能も含めて乗ってわかった実力を解説します。

文:渡辺陽一郎
写真:池之平昌信


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ