プラットフォームは変わっていない!? と思いきや……スバル新型インプレッサ最速試乗でわかった全方向の進化

プラットフォームは変わっていない!? と思いきや……スバル新型インプレッサ最速試乗でわかった全方向の進化

 2023年4月20日、スバルは新型インプレッサを正式に発表した。それを前にプロトタイプでのサーキット試乗会が開催されたので、自動車ライターの伊藤梓氏にさっそくレポートしてもらおう!

文/伊藤 梓、写真/SUBARU、池之平昌信

■先代型と新型をサーキットで乗り比べ!

袖ケ浦フォレストレースウェイで行われた新型インプレッサの先代型との比較試乗
袖ケ浦フォレストレースウェイで行われた新型インプレッサの先代型との比較試乗

 スバルの代表的なハッチバックモデルであるインプレッサが6代目となった。先代からスバルの新世代プラットフォームである「SUBARU GROBAL PLATFORM」を採用しており、新型では、そのプラットフォームを踏襲しつつ、各所を進化させている。

「新型なのにプラットフォームが変わってないの!?」と思う方もいるかもしれないが、心配することなかれ! 新型インプレッサはすべて刷新されたかのような、新次元のクルマとして仕上がっていた。

 今回の試乗コースとなったのは、袖ヶ浦フォレストレースウェイ。先代と新型インプレッサを乗り比べられるということで、果たしてどれだけ進化しているのかという思いから期待に胸が膨らむ。

■先代型もかなりレベルは高かったのだが……

まずは先代型インプレッサを試乗。こちらもその走りのレベルは相当に高かったのだが……
まずは先代型インプレッサを試乗。こちらもその走りのレベルは相当に高かったのだが……

 まずは先代から試乗してみることに。走り出してすぐ、「いいクルマだなぁ〜」と呟いてしまった。インテリアの機器類のデザインはやや古さを感じるものの、その走りにおいては、すべてがバランスよくまとまっていて、サーキットを走り込むのがとても楽しかったからだ。

 パワフルなエンジン、しっかりしたシャシー、自分の操作に応えてくれるクルマの挙動。サーキットを1周しただけで、「これで充分では……」と思ってしまった。正直、新型に乗ってもそこまで印象が変わらないような気がしてしまう。そんな不安を感じながら新型に乗り替えた。

 しかし、乗り出した瞬間、「えっ! 全然違う!」と思わず口に出してしまった。まず驚いたのは、室内の静粛性だ。新型インプレッサはピットロードを低速で走っているだけで、外から入ってくる音が明らかに少なく、ワンランク上のモデルのように感じる。

■クルマとの一体感が圧倒的に向上した新型

新型インプレッサをドライブする筆者。走り始めから室内の静粛性が先代型とは圧倒的に違うほど静かだったと絶賛していた
新型インプレッサをドライブする筆者。走り始めから室内の静粛性が先代型とは圧倒的に違うほど静かだったと絶賛していた

 特に静かになっていたのは、車内へと入ってくるエンジン音。先代は、サーキットのストレート区間でアクセルを全開に踏み込むと、「ウォオーン」というエンジンの唸りが車内に響いてくる。

 それを「スポーティでいい」と考える人もいるかもしれないが、新型の静かさを体験してしまうと、それはある意味雑音に聞こえてしまう側面もある。

 エンジニアによれば、先代はパワーが出るより先にエンジン回転数が上がるタイミングがあり、「音のわりにパワーが出ていない」という現象が起きる時もあるという。新型はアクセルを踏み込んで加速していく感覚を、人がより気持ちいいと感じるようにしたという。

 確かに、瞬間のトルクの大きさの過多よりも、全体的なパワーの出方やクルマとの一体感を考えれば、圧倒的に新型に軍配が上がると感じた。

 新型のパワートレーンは、実はエンジンやトランスミッション、モーターなどのハードウェア自体は変更されていない。その代わり、制御系のソフトウェアはすべて見直されている。

次ページは : ■「FUNなクルマ」にするため、操安性も徹底的に向上!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!