レクサスES&マツダアテンザ 激辛開発者が一刀両断 「快感は期待できない」【水野和敏が斬る!!】

前回は「静的評価」でアテンザとレクサスESを評価した現役自動車開発エンジニア、水野和敏さん。

評価としては概ね高評価で、日本車のFFセダンの新時代を走り抜ける2台もひと安心といったところ。

今回はいよいよ試乗。計算だけで割り出されたような、「開発者の思い」が反映されていないクルマにはとことん厳しい水野さん。

今回のアテンザとESの評価はいかに?

文:水野和敏/写真:池之平昌信
ベストカー2019年3月26日号


■アテンザのお買い得感は高い!!

ヘッドアップディスプレイは直接窓ガラスに映し出す方式になりましたね。

350万円でヘッドアップディスプレイも付いているのなら、お買い得感は高く、ハイバリュー!

しなやかな乗り心地はタイヤとのマッチングのよさです。ヘタに超扁平の18インチとか19インチなどを履くよりもよいと思います。

試乗車のタイヤは17インチで55扁平。スタイリング重視の超扁平ではなくあえてこのサイズを設定するあたりにこだわりを感じる

2.2Lディーゼルターボは真面目によく作られたエンジンですが「ディーゼル特有のパンチ力のあるトルクやアクセルレスポンス」などについては、ベンツの新型ディーゼルなどが持つ感性的快感は期待できません。

ガソリン車のようです。やはり、尿素処理がなく、EGRと燃焼制御だけに頼った排ガス対応では限界があるのでしょう。

燃焼制御だけではトルクを絞ってしまったりレスポンスも鈍くしてしまうリスクも持っています。

ベンツのフルスペックの最新2Lディーゼルターボはもっとガツンと押し出すようなトルク感があるしレスポンスもキチンとあります。

よくできたエンジンという評価ではあるが、感性的快感は期待できないというアテンザ。しかしながらその価格からすればお得感は大きい

とはいえ、350万円という価格を考えると、このエンジンの価値観は感じられます。
操縦性はニュートラルで安心感があります。

操舵に対するレスポンス遅れはなく、前後のロールバランスも適正で位相遅れなどはありません。

サスペンションリンク剛性が高くアソビを感じません。ブレーキの前後配分バランスもいいです。

タイヤとのマッチングもさることながら、エンジン特性との合わせ込みが上手。ボディ剛性は、ガッチリ固いということではないのですが、クルマ全体で変形がバランスされているので違和感を感じるところがありません。

ロードノイズもよく抑えられているし、ディーゼルエンジンの音や振動もしっかりと抑えられています。

乗り心地もカド感がなくしなやか。どこにも「悪いところ」がない。

一方、特段に「ここが凄い」という部分もないのですが、350万円という価格を考えれば、このトータルバランスの高さは大きな価値です。

直進性も高いので高速道路を100km/hで長距離走って疲れないでしょう。自然に乗ることができてよいクルマです。

■レクサスESはフロントのバネを4Nm程度柔らかく

走り出してすぐに足の硬さを感じます。カムリはこんなに硬くなく、柔らかさが上手くバランスされていました。スポーティモデルのFスポーツだからでしょうか!?

ボディ剛性不足を感じる部分があります。タイヤとサスペンションのチューニングに対して、特にリア部分がブルブルと位相が遅れて振動します。

これはカムリでは感じませんでした。操安性に関して、フロントは両輪がきちんと接地して気持よくスッと反応しますが、リアは前後フロアの車体接合部分で撓んでしまい、接地感が希薄になり、遅れて反応する動きをします。

カムリとの比較でも明確に硬さを感じるというES。カムリとの違いをハッキリさせすぎたのか、と水野さんはいう

バッテリー搭載スペースや重さに車体が影響を受けてしまっているのでしょうか。

カムリもそうでしたが、フロントのストラット間車体剛性は、後付メンバーの効果が大きく剛性は高く、このESのスポーツセッティングやスポーツタイヤにも対応できているのですが、リアの車体剛性はついていけていないようで、ここに少し違和感があります。

この車体であればフロントのバネを4Nm程度柔らかくし反応を少し緩めたほうが、リアとのバランスが自然で操安性の質感が高められると思います。

ブレーキはちょっとフロントに頼りすぎて後輪の制動力が使い切れていません。下りの急制動でリアがフラつくのは少し改善してほしいと思いますが、この改善は操安性の改善と共存すると思います。

前後の効きバランスはアテンザのほうが上手くまとめられています。カムリとの違いを演出するためにちょっと極端に振り過ぎたのかもしれません。

■【総評】アテンザ90点、レクサスESは89点

【アテンザXDプロアクティブ総評】90点

バリューという点から評価すれば90点だ。マツダはしっかりとマジメにアテンザというクルマを育ててきたことを感じる。

特に絶讃するようなユニークポイントがあるわけではないが、逆に決定的にダメな欠点がない。ここがとても大切なところで、なかなか欠点のないクルマは少ない。

「悪いところもないが、突出して凄いところもない」と水野さんは語る。しかしこのクラス、この価格ならば問題ないとのこと。あとは排ガス対策のために犠牲になっている、パンチとレスポンスをどう考えるかだ

ただ、EGRと燃焼制御だけで排ガス対応をクリアさせてきたディーゼルエンジンは、それがゆえに少々パンチに欠け、レスポンスにも劣るのが気になる。

次世代のユーロ7対応を考えれば、マツダもいよいよ黒煙やNOx触媒、そして尿素システム導入などを再検討せざるを得ないのか?

【レクサスES300h Fスポーツ総評】89点

正直、評価に悩まされるクルマだ。カムリと基本プラットフォームを共通に開発されながら、まったく違った個性を与えることに上手く成功はしている。

デザインやインテリアの質感などからレクサスのプレミアム感やスポーティさなどを上手に演出している。

リアフロアの剛性不足あなど課題はあるが、インテリアやデザインの質感も上手になったと評価

一方、カムリでは感じなかったリアの剛性不足に起因する位相遅れやブレーキのふらつきはやはり気になる。

フロントをクイックに動かしてスポーティなハンドリングを演出していることはわかるが、やはりリアとのバランスをキッチリと仕上げたうえで演出をしてほしいのだ。

この部分が11点マイナスの要因だ。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ