パーツ装着による効果は試乗からてきめん! インプレッサ&クロストレックSTIパーツ装着車試乗でわかったこと

パーツ装着による効果は試乗からてきめん! インプレッサ&クロストレックSTIパーツ装着車試乗でわかったこと

 STIはこのほど、インプレッサとクロストレック用のSTI製パーツを装着した試乗車を用意し、2023年7月25日に試乗会でのテストドライブによる性能向上を試す機会を与えてくれた。さっそくチェックしてみた。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/スバル、ベストカーWeb編集部

■まずはインプレッサSTIパーツ装着車から

インプレッサのSTI製パーツ装着車。STIのチェリーレッドが眩しいフロントとサイドのスポイラーが存在感を放つ!
インプレッサのSTI製パーツ装着車。STIのチェリーレッドが眩しいフロントとサイドのスポイラーが存在感を放つ!

 インプレッサとクロストレックのSTIパーツがこのほどラインナップされ、その装着車に乗れる「STI Performance体感試乗会」が開催されたのでさっそくレポートしたいと思う。

 まずはインプレッサから。2023年4月から6月までの3カ月間で4728台が販売されており、グレード別にみると最上級グレードの「ST-H」が46%を占め、「ST-G」「ST」が27%ずつとなっている。

 また、販売面でボディカラーを見ると、クリスタルホワイトパールが31%で、以下アイスシルバーメタリック16%、マグネタイトグレーメタリックが13%、インプレッサ専用カラーのサンブレイズパールは8%の割合。

インプレッサSTIパーツ装着車に試乗する筆者。その癖のない操縦性に感嘆!
インプレッサSTIパーツ装着車に試乗する筆者。その癖のない操縦性に感嘆!

 実際に乗ると、クロストレック同様にSGP+フルインナーフレーム構造のおかげでインプレッサの走りはもともと癖がなく、素直な操縦性で非常に運転しやすい。それがSTIパーツを装着したインプレッサに乗り始めた瞬間、「これは違う!」と思わされた。

 エンジン本体には手が入れられておらず、フロントにタワーバー、リアにドロースティフナーを装着し、ステアリングを切った際の応答性が向上している。何よりセンターのリア2本出しマフラーが奏でる低速域での重低音サウンドも気分を高揚させてくれる。「ああ、後付けパーツを追加しているんだな」と実感させてくれるポイントだ。

次ページは : ■なぜかクロストレックのほうが乗り心地もハンドリングもインプレッサより上!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!