レクサスLMに緊急試乗! 日本で2023年秋以降に発売の超高級ミニバンは「ショーファードリブン」のど真ん中!!

レクサスLMに緊急試乗! 日本で2023年秋以降に発売の超高級ミニバンは「ショーファードリブン」のど真ん中!!

 日本市場ではレクサス初のミニバンモデルとして登場するLMの2代目モデル。初代は中国市場専売モデルだったが、ついに2代目は日本上陸へ。今回、その右ハンドル仕様を試乗する機会に恵まれ、さっそく試乗レポートをお届け!

文/片岡英明、写真/池之平昌信

■2代目でとうとう日本上陸するレクサスLM

レクサスLM。今回、富士スピードウェイで試乗できたのは右ハンドルになっている日本仕様だった
レクサスLM。今回、富士スピードウェイで試乗できたのは右ハンドルになっている日本仕様だった

 2023年4月に開催された上海モーターショーで話題を独り占めにしたのが、世界初公開された第2世代のレクサスLMだ。アルファベット2文字は「ラグジュアリー・ムーバー」の意味である。

 だが、多くの人の目には新時代のエグゼクティブカーと映った。もはやミニバンとは呼べない堂々たるフォルムだし、VIPのためのショーファードリブンとしての風格までも漂わせている。

 そのボディサイズは全長5m超えの5125mmで、ホイールベースは3000mmだ。全幅は1890mmまで広げられた。全高も1955mmと、2mに迫る威風堂々ぶりである。

 アルファード/ヴェルファイアより全長は130mm長く、全幅は40mm広い。全高も20mm高くなった。圧倒的な存在感のグローバルサイズだからフォルムは伸びやかだし、サイドビューの彫りも深い。

■インテリアの鮮烈度は圧倒的だ

レクサスLMのインテリア。その質感は非常に高い!
レクサスLMのインテリア。その質感は非常に高い!

 エクステリアは先代より上手にまとまっており、上品で凛々しい顔立ちだ。スピンドルボディの魅力を際立たせ、遠くからでも強い存在感を放っている。ガーニッシュを挟み込んだU字デザインのリアコンビネーションランプも新鮮だ。

 だが、度肝を抜かれたのはインテリアである。試乗用として用意されていたのは、新型LMのフラッグシップに君臨するLM500hだった。電子制御で軽く開けられるeラッチシステム採用のドアを開けると、ゴージャスな内装が目に飛び込んできた。

 新型LMはアルファードとは別格の上質な仕立てだ。アルファードのエグゼクティブラウンジシートも快適だった。だが、LM500hはさらに上をいく居心地のよい空間を上手に演出している。

■これぞショーファードリブンだ!

LMの後席に座った筆者。その快適性は文句なしだったという
LMの後席に座った筆者。その快適性は文句なしだったという

 前後のシートはセパレートタイプで、4席とも大型のセンターコンソールで仕切った大ぶりのリムジンシートとした。

 まさにショーファードリブンと言えるゴージャスな仕立てで、シート表皮だけでなくフロアカーペットも毛足の長いものを敷き詰めている。

 間接照明の柔らかい光や左右分割のルーフシェードも寛ぎの世界へと誘う。また、マッサージできるリフレッシュシートやヒーター&ベンチレーション機能を備えているなど、極上の快適装備を厳選して採用した。

 もちろん、前席であっても手抜きはなく、オーナーがドライバーズシートに身を委ねても満足度は高い。

次ページは : ■LMの真骨頂はやはり後席にあり!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ