ナビ画面は超デリケート!! スマホに貼るのになぜ貼らない? 「純正品質」のナビ専用保護フィルムがマジでスゴイ【PR】


 生活には欠かせない存在となりつつあるスマートフォン。利用者の多くが画面保護フィルムを装着していることだろう。うっかり落とした時にディスプレイがクモの巣状態になるのは寂しいですものね……。

 そんな画面保護フィルム、実はナビ画面にも使える製品があるって知ってましたか? ツメで画面を押したり、お子さまが触ったりとなかなかシビアな状況にあるナビ画面。

 直射日光があたると細かな傷が見えて気分が盛り下がってしまうことも多くあるはず。そこでスマートフォンなどのアクセサリーメーカーが自動車メーカーの純正部品規格相当の超高品質フィルムを作りました。採用しているディーラーから徹底レポート!!

文/写真:ベストカーWeb編集部、取材協力:日産プリンス名古屋販売

【画像ギャラリー】いつまでも美しく!! ナビ画面保護フィルムは付属品も超一流(9枚)画像ギャラリー

■スマホには貼るのにナビは無防備だった

スマホには必ず貼るのにクルマのナビ画面はいつも無防備だった……。そこに登場したのがディーフのマルチファンクション・スクリーン・プロテクター

 昨今の自動車の内装はとても上質感もある素材が多く用いられ、特にナビ画面は年々大型化の一途を辿っている印象。車内インテリアのなかでもひときわ目を引く存在だけに、気になるのが傷だったりする。

 近年はピアノブラックの加飾もあり、ちょっとしたことで線傷が入ったり、ふいにツメがカツっと当たっただけで傷がついてしまうことは多々ある。それはナビ画面も同じなのだ。

 そこで高機能材料を加工製造しているメーカーで、ケブラーケース、アルミ加工品などを得意としているディーフ株式会社が立ち上がった。スマートフォン用の保護フィルムを販売する同社がもつ技術をフル活用して、ナビ専用フィルムの販売に踏み切った。製品化に向けたすごいストーリーもあるのだが、それは後述することにしてまずは製品紹介から。

 「マルチファンクション・スクリーン・プロテクター」と命名されたナビ専用フィルムは大きく分けて3つの効果を発揮する。まずは傷防止だ。

 ナビ画面といっても昨日はカーナビだけではなくオーディオや空調などマルチファンクションディスプレイになっている車種も多く、画面にタッチするシーンは年々増えてきている。

 実際問題ナビ画面の傷は予防をしておかないとあっという間に傷が広がる。この製品はそれを防ぐためのもので、しっかりと傷を防げるのだ。今回この製品の開発を担当したディーフの霜田憲一氏はこう話す。

「なんの気なしにナビの画面をツメで叩くシーンもあると思うのですが、実はツメ自体にも相当な硬さがあるんです。よくスマホフィルムのパッケージに書いてある表面硬度でいうとツメは2~2.5Hくらい。

これがネイルアートなどに使われる付けツメになれば硬さは6H程度になります。こうなると一般的なスマホフィルムでも傷のリスクは出てきます。当然ながら無防備のナビ画面ならその大きさもあいまって傷が目立ちやすくなってしまうんです」。 

 今回の製品の硬度は4H程度とのことで、傷防止には相当な効果を発揮してくれるはずだ。なんせナビ画面は傷がついても機種変更するわけにもいかないですから……。

■反射を抑えて画面を見やすく

右がフィルム施工後、左が施工前。左側が天井の内装を明確に反射してしまっていることがわかる

 続いてナビ画面で厄介なのが反射。当然ながらクルマには複数のガラスがあり、走行しているといろいろなところから光が差し込む。光は日光だけではなく街灯だったり、ネオンだったり、後続車のヘッドライトだったりと、色味も光の強さもさまざま。

 反射してなんだかナビが見えにくいなぁ……、という経験をした人も多いと思う。しかし反射を完全に抑え込むには外光を遮断するしかない。そうなるとクルマの構造は最悪の環境だ。

「最初は弊社もスマホの保護フィルムを作ってお客さまにもご支持いただいているメーカーでしたので、クルマのナビフィルムも正直なところ”いける”と思ったんです。しかしやっていくうちに難しさを知りました」と前述の霜田氏。

 スマートフォンのように画面の向きを動かすことができないナビ画面だけに、その反射を上手に抑え込むのは非常に骨が折れる作業だったようだ。

 なんせ開発中にはオープンカーで昼夜を問わず街中をひたすらドライブするという修行のような開発も行い、素材メーカーとの二人三脚で反射を極力抑えたフィルム(ARコート)を完成させたという。

 また反射だけでなく指すべりのよさにも特筆しておきたい。近年のナビはスマホと同じく静電方式のタッチパネルであり、機種によっては二本指でのピンチ操作も必要になる。このあたりはスマホ用フィルムを手掛けてきたディーフだけに抜かりなり操作性も向上させているあたりはさすがだ。

次ページは : ■自動車メーカー純正部品レベルの耐候性をクリア

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ