藤原拓海の元僚友が最大の壁となる!?? 『MFゴースト』を彩る人物列伝12 高橋啓介 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ新世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、14巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数350万部を突破している。

 当連載では、作品内で繰り広げられるガソリン車のレース『MFG』で活躍するドライバーや、主人公・片桐夏向の周囲を取り巻く人々など、魅力あふれる登場人物たちの人となりを分析し、そのキャラクターや人物像を明らかにしていく。

 今回は、いよいよ『頭文字D』屈指の人気キャラクター、高橋啓介を取り上げる。現在どんなことをしているのか、兄がつくりあげたMFGとはどう関わっているのか? 歳を取ってダンディーになった啓介の今を探る。

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】その戦闘力はいまだ一線級!! 高橋啓介の愛車、マツダ RX-7(FD型)を写真で見る!(10枚)画像ギャラリー

■”イケオジ”になった中年・啓介の現在の姿!

 『MFゴースト』第1話から謎の人物として名前が出てくる「リョウ・タカハシ」。MFGの「エグゼクティブオーガナイザー」という立場以外、明かされておらず、年齢も経歴もすべて不明だという。しかし『頭文字D』の熱心な読者であれば、この人物が高橋涼介だとすぐにわかったはず。そして、涼介の顔を思い浮かべると同時に、多くの読者の頭の中によぎったキャラクターは、きっと高橋啓介に違いない。

 『MFゴースト』を読み進めていると、この作品が『頭文字D』と時間的なものを共有していることに気づく。そして、当時のキラ星の如き人気キャラたちが、すこしずつその名前と姿を現して、再開に感動を覚えることになる。当然、ファンとしては、藤原拓海、高橋涼介、そして高橋啓介らスターキャラの登場に期待して心を膨らませてしまう。

 が、その場面は突然訪れる。第40話「重大な欠点」で、高橋啓介が現在の姿を現わすのだ。肩書きは、「TKマッハコーポレーション代表取締役」。あのヤンチャな若者が社長になったのだと思うと感慨深い(年長者目線)。若かりし頃と変わらず、鋭い目つきのイケメンで(少し頬がこえているようにも見える)、相変わらずスリムな体型でスーツもよく似合っている。当時と異なるのは、アゴヒゲを蓄えたことや髪をすこし今風に遊ばせているあたりか。

 登場した場所は「神奈川県横浜市」で、背景絵から推測するに、どうやらこの会社は横浜ランドマークタワーにオフィスを構えていると思われる。やはり『頭文字D』から登場している同社不動産部門チーフのケンタ(中村賢太)との会話で、「ファクトリー」、「パーツの開発」というワードが出てきているので、社業はカーパーツメーカーのようだ。しかし「収益の柱は今や不動産」とも啓介が言っており、多角的な事業を展開していると思われる。

■MFG「デモ走行の怪」その正体は……

 作中では「プロジェクトDの進化系がMFG、公道最速理論の解答編」という高橋涼介の言葉が語られている。実際に、涼介がMFGのレギュレーションを作り上げたようだが、弟でありプロジェクトD中心メンバーだった啓介はMFGにどう絡んでいるのかといえば、ケンタとの会話のなかで、啓介自身「オレのデモ(模範)走行を~」と発言している。

 MFG公式サイトにアップされているデモ(模範)走行動画は、4年前、つまりMFG開催のタイミングで公開されたようだが、3年目の最終戦までそのタイムをやぶったドライバーがいなかったため、MFGフリークの間では「デモ(模範)走行の怪」と呼ばれていた……。それが誰のドライビングなのかは発表されておらず、車種も「今はもう街中で見かけることも無くなったクラシックカー」、「黄色いボディカラーの……なんとかセブン……」と謎が多かったためだ。

 しかし、「黄色のなんとかセブン」と聞けば、賢明な読者なら、すぐに高橋啓介のRX-7のことだと気づいたに違いない。つまり、MFGのスタートにあわせて啓介がコース選定やデモラン映像制作にドライバーとして参加していたという事実が判明し、同時に、年を重ねた今でも啓介の腕は鈍っておらず、一級品のままだということがわかる。ファン感涙のファクトである。

次ページは : ■弟子に受け継がれた公道最速理論と群馬プライド