シトロエン C4 カクタス試乗 テリー伊藤のお笑い自動車研究所 #531


 こんにちは、テリー伊藤です! ついに来ましたね。私の大好きな、シトロエンのC4カクタス。

 今、一番欲しい、そして一番会いたいクルマ、ということでですね。春が来たんですね、私にも。そしてクルマ業界にも!

 写真:平野 学
ベストカー2017年4月10日号


今年の「テリー・オブ・ザ・イヤー」の最有力候補!?

ボディサイドにはエアバンプを装備。ポリウレタン製で空気を内包し、やわらかい。4km/hんまでの軽い衝撃を保護する

 今号の「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」では、シトロエン C4 カクタスを紹介する。昨年10月、日本で限定200台を発売したところ、2週間で完売したという。再び日本での発売が待ち遠しいモデルだ。

 そのシトロエン C4カクタスに対して、テリー伊藤さんは「実用モデルでこれほどまでに衝撃を受けたデザインは初代パンダ以来」と興奮するいっぽう、「国産車はなぜこういうデザインのクルマを作れないのか」とも嘆く。

 今回はとことん斬新なスタイリングのC4カクタスの“走り”についてもテリーさんがしっかりチェック。その外見に恋する気持ちをいっそう高めてくれるのか? 詳しくは動画でご覧ください!

 ・シトロエン C4 カクタス 価格:238万~241万円

 ベストカー本誌の記事も合わせてご覧ください。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ