空前の注目度! 新型ハリアー発表で「現場」の声と正式受注開始日は?

 2020年4月13日に新型ハリアーが発表された。Twitterでは「新型ハリアー」という単語がトレンドに上昇し、各情報サイトの新車紹介記事にはアクセスが集中。当サイトの紹介記事はここ3年間の新車紹介記事の中でもでトップのアクセス数を記録し(1日で約60万PV超)、新型ハリアーの注目度の高さを見せつけられた。

 Web上でこれほど注目されるということは、では販売現場にも問い合わせは増えているのだろうか? 「殺到しているようです」と、流通ジャーナリストの遠藤徹氏は語る。ディーラーではすでに、見込み客向けに簡易パンフレットが配布され営業が開始されているとのこと。では予約開始はいつ頃から? 正式発売日は? この5月から始まる販売チャンネル統合の影響は? 遠藤氏に、首都圏を中心として新型ハリアーの販売店の状況を調査していただいた。
文:遠藤徹 写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】早くも話題沸騰 新型ハリアーの艶姿と歴代ハリアーと同門ライバルたち

■価格公表と予約開始は5月か

 2020年4月13日、4代目となる新型ハリアーが発表された。現行モデルの登場が2013年11月13日であったから、6年半ぶりの世代交代である。

 発売は「2020年6月17日予定」と販売店には伝えられているが(公式発表では「6月頃」で、このコロナ禍で生産が不安定になっていることもあり、今後変更される可能性もある)、5月のゴールデンウイーク明けには車両本体、オプション&付属品の価格を決定し、全国のトヨタディーラーで先行予約をスタートさせる段取りになっている。

新型ハリアー。4月13日発表、発売は「6月頃を予定」とだけ公表された

 現在各販売店には8ページ刷りの簡易パンフレットが配布され、既納ユーザー(過去にハリアーの歴代モデルや同クラスのトヨタ車を購入しており、今回新型ハリアーに乗り換える可能性の高いお客)を中心に、周知徹底のためのプレキャンペーンを始めている。また、ショールームのウインドウや壁には新型ハリアーを刷り込んだ大きなポスターを張ったり、各テーブルにポスターを小型化した小さなポストカードを設置して顧客に提示している店舗もある。

 これまでハリアーはトヨペット店の専売モデルだったが、今回の新型(4代目)から全系列店での併売となる。したがってこのパンフレットはトヨペット店だけでなく、トヨタ店、カローラ店、ネッツ店にも配布され、来店した希望者にも配られている。

 トヨペット店はこれまで(初代登場以来)23年間にわたってハリアーの専売店だっただけに、多数の既納ユーザーを抱え、代替え母体を持っているので、事前の売り込みには最も熱心に取り組んでいる様子が伺える。

新型ハリアーのリア走行写真。これまでハリアーはトヨペット店の取り扱い車種だったが(一部例外地域あり)、2020年5月から全国で全チャンネル販売開始となる

■「すぐにでも注文書にサインしたい」という客も

 トヨペット系の販売店に話を聞くと、今回の新型ハリアー発表を機に既納ユーザーの来店者も増え、担当営業マンの商品説明を受けており、代替えを検討している顧客も目立つ。
「発表以来、連日のように既納先のお客さんが多数来店し、新型ハリアーの商品説明を受ける、あるいは電話での問い合わせが殺到している。見積もりが取れるようになったら、すぐにでも注文書にサインして申し込みたいというお客さんも多数いる。」(首都圏トヨペット店営業担当者)
 と明るい表情でコメントする。

 通常では、発売2ヶ月前くらいになるとメーカーのスタッフが販売店の営業担当者を各施設に集め、商品説明会や新型車の試乗会を行うが、今回の新型ハリアーの場合は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、そうした説明会や試乗会の実施を見合わせている。

 それでもユーザーからの新型ハリアーに関する問い合わせは増えており、タブレッドによる販売マニュアルや簡易パンフレットでの周知にとどめているにも関わらず、ユーザー側は大変な盛り上がりを見せている状況にある。

 同パンフレットで特にアピールしているのは、
「TNGAのもとで一新されたエレガントさとたくましさを融合した、シンプルで美しいスタイリング。」
 をまず掲げている。

クーペのような流麗なボディシルエットがハリアーの特徴

【画像ギャラリー】早くも話題沸騰 新型ハリアーの艶姿と歴代ハリアーと同門ライバルたち

■一気にベストセラーとなる可能性も

 初代から現行3代目までのエクステリアデザインは、高級感があったもののどちらかというとオーソドックスなSUVシェルであった。しかし新型となる4代目は一転して流麗でスタイリッシュ。ひと目で高級感と個性を印象付けるデザインとしている。
 フロントマスクで強調しているのは切れ長のデザインで精悍な目元とワイド感を強調するプロジェクター式LEDヘッドランプ。

歴代の中でも特にシャープな印象となった新型ハリアー。初代からの伝統だった、フロントグリルの「鷹」エンブレムも(全チャンネル扱いとなったこともあり)「トヨタ」エンブレムとなった

 リヤコンビネーションランプは薄さ、シャープさにこだわったLEDハイマウントストップランプでまとめている。

 足元はエレガントな「多軸スポーク構成」とした225/55R19インチタイヤ&19インチアルミホイールで、高輝度シルバー塗装。室内はさらに洗練された上質感のあるつくりでまとめている。

 パワーユニットはガソリン2Lが2WD、4WD、2.5L+モーターのハイブリッド仕様は2WDとE-Fourの組み合わせ。従来モデルに比べると2Lターボを廃止し、ハイブリッドは2WDも加えている。

 安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」は最新の進化デバイスを標準装備している。グレード構成は2.5リッターハイブリッド、2リッターガソリンともZ、G、Sの3タイプでZとGには本革シート仕様のレザーパッケージを設定している。ボディカラーは新規設定5色を含む全7色。

 生産開始が6月18日だから、先行予約分の納期は7月上旬あたりからになりそうだ。

 従来モデルは(トヨペット店専売でも)月販5000台規模をコンスタントに売っていたので、新型が全系列店扱いになると、滑り出しで1万台を突破し、一気にSUVジャンルのトップセラーに浮上する可能性がある。

新型ハリアーのインパネ写真。中央には大き目のタッチパネルディスプレイが目立つ

■証言1「自信はある」首都圏トヨペット店営業担当者

「トヨペット店はこれまでずっとハリアーの専売店だったので、多数の代替え母体となるお客さんを抱えており、まずこちらから販売をスタートさせることになる。現に新型車が出たらすぐ買うと言ってくれる既納ユーザーが多数存在する。他の全系列店が扱うようになっても、恐れることはない。当分は一番売る系列店のポジションを守る自信はある。」

■証言2「狙いはランクルオーナー」首都圏トヨタ店営業担当者

「これまで中級以上のSUVというとランドクルーザー、ランドクルーザープラドを扱っていたので、これらの周辺ユーザーを軸に新型ハリアーの売り込みを強化していきたい。人気車種であり、売れそうなので楽しみにしている。」

■証言3「お客さんに合わせて営業を」首都圏カローラ店営業担当

「カロ―レ店ではこれまでRAV4を扱っているので、こちらの上級シフトユーザーから開拓していくことになる。4WD志向のお客さんはRAV4、2WD重視だと新型ハリアーを選んでいただくことになる。今後は商売がしやすくなるので大いに期待している。」

■証言4「すでに問い合わせが多い」首都圏ネッツ店営業担当者

「RAV4の周辺、上級シフトユーザーに売り込みをかけていきたい。人気モデルだから売りやすいと考えている。すでに、日ごとに(RAV4など他SUVの)既納客からの問い合わせが多くなっている。」

【画像ギャラリー】早くも話題沸騰 新型ハリアーの艶姿と歴代ハリアーと同門ライバルたち

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ