日本人が大好きなベンツSクラス/Eクラスが新型に! 日本発売はいつ?

 日本市場において、輸入車販売台数5年連続1位を獲得しているメルセデスベンツ。そんな日本人が大好きなメルセデスベンツだが、直近で立て続けにモデルチェンジの動きがあったのでお伝えしよう。

 2020年5月25日には、新型Sクラスのティザー写真が公開され、5月27日にはEクラスクーペ/カブリオレのビッグマイナーチェンジモデルが発表された。

 そこで、本企画では、2020年3月3日に発表されたビッグマイナーチェンジ版のEクラスセダン/ワゴンも加えて、新型Sクラス、ビッグマイナーチェンジしたEクラスクーペ/カブリオレを徹底解説していこう。

文/ベストカーWeb編集部
写真/ダイムラーAG

【画像ギャラリー】新旧Sクラス/新旧Eクラスを写真で徹底比較!


5月25日、新型Sクラスのティザー写真を発表!

公開されたティザー写真はこの1枚のみ。CLSやEクラスなど最新デザインの流れだがそれらのモデルとも違う新しいデザイン
現行W222型Sクラス(写真は560e)

 メルセデスベンツは2020年5月25日、新型Sクラス(W223型)を2020年後半にワールドプレミアする、と発表するとともに、ティザー写真を公開した。

 現行W222型Sクラスは2013年5月のデビューだから、約7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

 1枚のティザー写真からは大型のラジエーターグリルにワイドなバンパーグリル、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライト、新デザインのホイールが確認できる。

 インテリアの写真は公開されていないが、覆面走行テストや流失したスクープ写真を見ると、これまでのSクラスのインパネは、大型ディスプレイを2つ横に並べた形だったが、新型はiPadを縦にしたような15インチほどの大型ディスプレイをセンターコンソールのほぼ全面に設置している。

 ここまでディスプレイを大型化したのは、最新の人口知能(AI)やインフォティメントシステム「MBUX」など、モビリティ時代に対応するためだろう。

 メルセデスベンツのインテリアデザインは、Sクラスから新しいデザインを採用していくことが多く毎回驚かされるのだが、今回も世界一大きい(おそらく)センターコンソールのディスプレイに驚かされた。

 当然、この大型ディスプレイは、タッチ式でエアコンやオーディオの調整をはじめ、音声認識システムや各種コネクティビティはこのディスプレイ上で行われる。

 新型Sクラスの発表に際し、ダイムラーとメルセデスベンツのオラ・ケレニウスCEOは、

 「新型コロナウイルスによる困難な状況にもかかわらず、戦略的な軌道に乗っている。2020年は次期Sクラスを発表する特別な年。現行型はすでにクラスの基準を引き上げたが、次期型は並外れた技術を備えた傑作となるだろう」と語った。

 新型Sクラスの発表が2020年後半だとすると、欧州での発売は2021年春頃、おそらく日本への導入は早ければ2021年夏頃になるだろう。

 これまでメルセデスはニューモデルを本国で発売後、半年以内に日本導入するケースが多かったが、コロナ禍の影響も懸念されるため、遅れる可能性もある。

3月3日に発表されたEクラスのビッグマイナーチェンジモデル

フェイスリフトしたEクラスセダン。LEDヘッドライトやテールランプ、フロントバンパー、ラジエーターグリルなどのデザイン変更を実施(AMGライン)
ビッグマイナーチェンジ前のEクラス(E400 4MATIC AMGライン)

 そしてメルセデスベンツの屋台骨を支えるEクラス(W213型)。2020年3月3日に、セダンとステーションワゴンのビッグマイナーチェンジモデルを発表した。

 2020年夏から欧州市場での販売が始まり、おそらく日本市場へは早ければ2020年後半には導入されるだろう。

 現行Eクラスは2016年1月の登場以来初の大幅な改良となる。今回のマイナーチェンジのポイントは「内外装のリフレッシュ」、「次世代運転支援システムの採用」、「キャビンの快適性向上」、「パワートレインの電動化」など。

 エクステリアを見ると、フロントグリルやヘッドランプ、リアコンビネーションランプのデザインが変更されたほか、スタンダードモデルにもフルLEDヘッドランプが標準装備となり、大きく印象が変わっている。

 安全装備においては、地図データや道路標識と連動して自動的にリミッターで車速を制御する機能。コーナーやランナバウト、料金所、T字路の手前からスピード調整を開始するうえ、高速道路の出口にも対応する「アクティブスピードリミット」を搭載。

 そのほか、衝突回避や被害軽減の自動ブレーキ「アクティブブレーキアシスト」は停車車両のほか歩行者の飛び出しも検知するよう進化。

 駐車から発進までを自動でサポートする「パークトロニック&360度カメラ付きアクティブパーキングアシスト」には、ボディサイドの死角をカバーする新しいカメラアングルも加わった。

 さらに同機能に加え、データ通信によって数分ごとに情報をアップデートする「ライブトラフィック」とも連携するACC「アクティブディスタンスアシストディストロニック」、自動車専用道路上で最高60km/hまで車線と先行車との距離をキープし、1分以内であれば停止から再発進までを自動で行う「アクティブストップアンドゴーアシスト」機能などを搭載した。

ビッグマイナーチェンジ後のEクラス
ビッグマイナーチェンジ前のEクラス

 そのほか、衝突回避や被害軽減の自動ブレーキ「アクティブブレーキアシスト」は停車車両のほか歩行者の飛び出しも検知するよう進化。

 パワートレインについては、その電動化を積極に進め、新たにプラグインハイブリッドを7モデルに拡大。

 ディーゼル/ガソリンエンジン、セダン/ステーションワゴン、FR/4WDというすべてのラインナップでプラグインハイブリッドが選択できることになった。

 これまで3L、直6エンジンにのみ搭載されていたISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)が、新たに2L、直4エンジンに組みこまれたのもニュースだ。

ステアリングには静電容量式のタッチセンサーが組み込まれており、ドライバーがステアリングホイールを握っているかどうかを検知。2つの10.25インチデジタルスクリーン仕様を標準装備とし、オプションで2つの12.3インチディスプレイを設定可能

Eクラスクーペとカブリオレもビッグマイナーチェンジ!

フェイスリフトしたEクラスカブリオレ
最新インフォテインメントシステム「MBUX」と連携する新世代のステアリングホイールを採用。ドライバーが一定時間ハンドルを握っていないことをシステムが検出すると緊急ブレーキアシストを動作させるなど運転支援システムとの連携も実現

 2020年5月27日(現地時間)、ビッグマイナーチェンジしたEクラスクーペ、Eクラスカブリオレがオンライン上で公開された。

 新デザインのLEDヘッドライトやLEDテールランプを採用するなどフェイスリフトが行なわれたほか、48Vマイルドハイブリッドシステムなどの電動化技術が採用された。

 注目の最新装備の1つに新開発のステアリングホイールを導入したことが挙げられる。ドライバーが一定時間ハンドルを握っていないことをシステムが検出すると緊急ブレーキアシストを動作させるなど、運転支援システムとの連携も実現させた。

 このステアリングホイールのリム部分には、静電容量式のタッチセンサーが組み込まれており、ドライバーがステアリングホイールを握っているかどうかを検知。

 ステアリングホイールのスポーク部分に配置されたタッチコントロールボタンは、スマートフォンと同様、静電容量センサーによって操作できる。

 ドライバーの手が一定時間、ステアリングホイールから離れている場合、警告し、ドライバーが何らかの行動を取らない場合、最終的に自動ブレーキが作動する仕組みだ。

 欧州発売は2020年秋から始まり、日本導入は早ければ2020年後半になるだろう。

AMG E53 4MATICクーペ

【画像ギャラリー】新旧Sクラス/新旧Eクラスを写真で徹底比較!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ