BMWの心臓を持つクラシックスポーツ!モーガン プラスフォーのストイックさは変わらない


 英国の少量生産スポーツカーメーカーである「モーガン」の新型モデル「Plus Four(プラスフォー)」の日本導入が発表された。

 この伝統的なクラシカルなスタイルを持つスポーツカーには、なんとBMWのパワートレインが与えられるという。

 伝統と新技術の融合が生んだ古くも新しいブリテッシュスポーツカーの魅力をお伝えしよう。

文:大音安弘 / 写真:モーガンカーズ・ジャパン

【画像ギャラリー】伝統と革新の融合によるクラシックスポーツ!モーガン プラス フォー


生まれ変わったクラシックスポーツカー

 モーガンカーズ・ジャパンは、2020年6月26日、新型モデル「MORGAN PLUS FOUR (モーガン プラス フォー)」の販売を開始することを発表した。価格は、1150万円(MT)~1188万円(AT)だ。

「MORGAN PLUS FOUR (モーガン プラス フォー)」は、英国本社のモーガン・モーター・カンパニーが、2020年3月3日に発表した最新モデルで、1950年にデビューしてから、長らく同社の主力モデルであった「Plus 4(プラス フォー)」の後継型だ。

モーガンの定番モデル「Plus4」の後継となるのが、新型車「PLUS FOUR」だ。

全面刷新した新生モデルへ

 従来型となるPlus 4のイメージを強く受け継いだクラシカルなロングノーズスタイルの内側は、最新世代にアップデート。基本構造を、以前のスチール製ラダーシャシーから現代的なCXジェネレーション接着アルミプラットフォームに変更した。

 その結果、ボディ剛性の向上に加え、単体重量を97kgという軽量に仕上げることができたという。

 ボディサイズは、全長3830×全幅1650×全高1250mmとコンパクトな5ナンバーサイズに収まる。その特徴的なスタイルからわかるように、2520mmのロングホイールベース仕立てに。

 一見、大きくも感じられるタイヤサイズは、205/60R15と、現代では小ぶりのサイズを装着する。

クラシックスタイルながら、メカニズムは現代技術によりアップデートされた

次ページは : 新エンジンはBMW製に

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ