なぜスバルのレヴォーグは車好きに愛されているのか? どこがいいのか? 欠点はないのか?


■セットオプションが無闇に多い……

 購入時に困るのはセットオプションが多いことだ。

 価格が最も安い1.6GTアイサイト(282万9600円)にアイサイトのセイフティプラス(運転支援/8万6400円)だけを加えようとしても、運転席の電動調節機能やシートヒーターなどがセットで備わり総額は298万800円になる。単品装着するのに比べて6万4800円高い。

 そしてこの総額298万800円の1.6GTアイサイトを選ぶなら、1.6GTアイサイトSスタイルに同様のオプションを加えるべきだ。

 そうなると301万3200円(つまり約3万円の上乗せ)で、アルミホイールが18インチに拡大されてブレーキサイズもアップする。安全性を高められるアイサイトセイフティプラスのオプション装着を前提にすると、1.6GTアイサイトの存在価値は乏しい。

 2Lターボの価格と燃費にも要注意点だ。装備の違いを補正して2Lターボ+VTD-AWDの価格を割り出すと、1.6Lターボ+アクティブトルクスプリットAWDよりも約50万円高い。

 ちなみにフォレスターの2Lターボはレヴォーグに比べて動力性能が少し低く、4WDシステムはアクティブスプリットだが、2Lの自然吸気との価格差は16万円に収まる。

 これに比べるとレヴォーグは、4WDが上級化して動力性能も高まるとはいえ、1.6Lターボ(フォレスターの2L自然吸気よりも高コストだ)との差額が50万円に達するのは開きすぎだ。

 しかも2Lターボは使用燃料がプレミアムガソリンで、アイドリングストップは付かない。そのためにレヴォーグの売れ行きを見ると80%以上を1.6Lターボが占める。

■「日本向けの車」という最大の長所

 以上のような欠点はあるが、レヴォーグは総じてメリットの多いクルマだ。

 その理由は、レガシィツーリングワゴンの消滅に伴う後継車種として、日本を見据えて開発されたことにある。今は欧州とオーストラリアでも販売されるが、中心となる市場は日本だ。

 今の日本車は、軽自動車とミニバン、一部のコンパクトカーを除くと、大半が海外向けに開発されている。そんな「日本はオマケ」のクルマ達が、日本で売れるわけはない。

 逆に日本のユーザーと市場を見据えて開発すれば、レヴォーグのように堅調に売れるのだ。ほかの貴重な類似例としては、トヨタのハリアーもある。

 日本のユーザーを見据えて開発するか否か、それで国内の売れ行きが分かれるのは当たり前の話だろう。価格の安い実用的なクルマだから売れて、高価で趣味性の強いクルマだから伸び悩むという話ではないのだ。

後ろからみたレヴォーグ