ボンドカーを市販!?最新作記念のアストンマーティン・007エディションが登場


 英国スパイの活躍を描いたアクション映画「007」シリーズ最新作の公開を記念して、多くの作品でボンドカーとして活躍するアストンマーティンの特別仕様車が発売された。

 この特別仕様車には、作品を彷彿させるモチーフも取り入れられており、ステアリングを握れば、あなたもジェームズ・ボンドに!?といった具合だ。

 スペシャルな仕様が施されたアストンマーティン限定車の詳細をお伝えしよう。

文:大音 安弘、写真:アストンマーティン・ジャパン

【画像ギャラリー】映画のワンシーンが蘇る007仕様のアストンマーティン限定車


Q が手掛けた特別なアストン

 アストンマーティンは、2020年8月17日、映画007シリーズの25作目となる「ノータイム・トゥ・ダイ」の公開を記念した特別仕様車の2台を送り出すことを発表した。

 2020年11月全世界で公開予定の最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」では、アストンマーティンを代表する4台のモデルが登場する。その中には、往年の名車V8、そして最新型モデルDBSスーパーレッジェーラも含まれる。

 そこでヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラをベースとした「007リミテッド」が製作された。

 限定車を手掛けたのは、アストンマーティンのパーソナライゼーション・サービス部門「Q by Aston Martin」だ。

 特別限定車やカスタマープログラムを手掛ける部門だが、これまで作中で、度々ジェームズ・ボンドに車両を提供してきたMI6の「Q」と名前が重なるのも、ファンとしては見逃せないポイントだろう。

「Q by Aston Martin」が手掛けた007エディションは、2タイプを用意

作中で活躍するV8をモチーフに

 ヴァンテージ007エディションは、往年の作品「リビング・デイライツ」に登場するボンドカー仕様のV8がモチーフとなる。同作品は、シリーズ15作目で、ティモシー・ダルトンが新ボンドとして登場した。

 特別仕様としてエクステリアには、V8の特徴となっているクロームベゼル付きの専用メッシュグリルを装着。

 ボンドカーのV8が備えるロケット噴射のハザード・ストライプにヒントを得たイエロー破線デザイン入りのディフューザーなどのアクセントが、劇中車を彷彿させる。

 また雪上走行用のスキー・アウトリガーにインスピレートさせたスキー/スキーラックのセットも限定車専用オプションとして用意される。

「007リビング・デイライツ」のV8ボンドカーからインスピレートさせた特別仕様が施されている

 ボディカラーは、カンバーランド・グレーとし、インテリアには、オブシディアン・ブラック・レザーとダーククロームをコーディネートする。

 車内の各部のアクセントには、「リビング・デイライツ」のモチーフが随所に盛り込まれており、007ファンのオーナーを楽しませる趣向だ。

 その一つを紹介すると、密かに配されるのが、ボンドカーの数々の装備を操る操作パネルだ。実物を再現したものではないが、レーザー刻印されたガジェットプレートはホンモノ同様のデザインで、センターコンソールに装備される。コンソールを開ければ、劇中のボンド気分が味わえるというわけだ。

特殊装備の操作パネルをデザインで再現し、オーナーの気持ちを盛り上げる

 ヴァンテージは、MTとATの選択が可能で、全世界100台限定となっている。推奨小売価格は、16万1000ポンド(1ポンド=140円で換算すると2254万円)からと公表されている。

次ページは : 最新作出演を記念したフラッグシップ