ボンドカーを市販!?最新作記念のアストンマーティン・007エディションが登場


最新作出演を記念したフラッグシップ

 もう1台は、最新作にも登場するアストンマーティンのフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」をベースとしたものだ。

 搭載される5.2LのV12ツインターボエンジンは、最高出力715馬力、最大トルク900Nmを発揮する。まさにボンドにも似合うスーパースポーツだ。

 007エディションの仕様として、特別なセラミックグレイのボディカラーに、ルーフやミラー・キャップ、エアロパーツなどにブラック仕上げのカーボンファイバー製パーツを採用。

 リヤスポイラーには、アクセントとして、007ロゴが箔押しされている。

 さらに専用装備として、ダイヤモンド旋削仕上げのグロスブラック21インチY字スポークホイールやクローム仕上げの007フェンダーエンブレムなどが与えられている。

DBSスーパーレッジェーラ007エディションは、ボンドを彷彿させる謎めいた雰囲気を放つ

  インテリアはダークカラーで統一されており、贅沢なレザー仕上げとなる。インテリア装備の各部には、007ロゴが装着されているのも特徴。ドアシルプレートには、25台のみの限定車であることを示す刻印も施される。

贅沢なレザーのインテリアの各部には、007ロゴが配されているのも特徴

 DBSスーパーレッジェーラ007エディションの推奨小売価格は、279,000ポンドからと公表されている。

 既に販売は開始されており、納車開始は、2021年第1四半期からとなる予定だ。007ファンなら、手に入れたいボンドカー仕立てのアストンマーティン。ぜひ日本にも上陸してほしいものだ。

【画像ギャラリー】映画のワンシーンが蘇る007仕様のアストンマーティン限定車