ついにGRヤリス正式発表!! 最強WRカーの真価と抱える懸念


 今年(2020年1月)の東京オートサロンで期間限定車となるファーストエディションの発表と予約が開始されたGRヤリスのカタログモデルが、2020年9月4日、ついに正式発表となった。

 当記事では、この令和のモンスター車の概要に関してあらためて紹介するとともに、ファーストエディションの納車を心待ちにしている筆者(自腹で購入しました!)が、現代では珍しくなってしまったコンペティションマシン(競技ベース車でありそれゆえにスポーツ性能が非常に高い)、GRヤリスの存在意義や将来への期待も含め考察していく。
文:永田恵一 写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】いよいよ全貌を明らかにした国産最強車 GRヤリスのカタログモデルを全部見る

■最強モンスター正式発表 GRヤリスの概要

 GRヤリスのコンセプトは「WRCをはじめとしたモータースポーツでの高い戦闘力を得るため、市販車から競技車両を造るのではなく、競技車両に必要な要素をあらかじめ市販車に盛り込む」という、今まであまりなかった発想にもとづいて開発されている。

これまでは「市販車をベースにして競技車を製作」という形だったが、このGRヤリスからは、「競技車(WRカー)を製作する前提で市販車(GRヤリス)を製作」という形にする

 そのため具体的には、

◎リアスポイラーに当たる空気を増やすための車両後方にいくに従って下がるルーフラインや軽量化&ボディ剛性向上のため3ドアボディ採用
◎ボンネット、左右ドア、バックドアの3つはアルミ製、ルーフはカーボン製(1.6L、3気筒ターボ+4WD搭載車の車重は1250~1280kg)
◎車両前半はヤリスと同じTNGA-B、車両後方はヤリスより1クラス上のTNGA-Cとなる異色のプラットホーム
◎4WDとなる「RZ系」とモータースポーツ参戦ベースの「RC」のパワートレーンは新開発の1.6L、 3気筒ターボ(272馬力&37.7kgm)+6速MTを組み合わせ
◎ノーマル(FF車的な前後駆動力配分60:40)、スポーツ(FR車的な同30:70)、トラック(速さを重視したラリーカー的な同50:50)という3つのモードを持つGR-FOURシステムを採用

 という、かなり特殊な成り立ちと性能を持ち、GRヤリスは「ヤリス」という車名が付いているだけで、そもそもコンパクトカーであるヤリスとはまったくの別もの。ヘッドライトやテールランプといったエクステリアの一部とダッシュボードなどのインテリアの各部品が共通なだけの、完全に別のクルマである。

 そのうえで、GRヤリスは日本車史上最強のアスリートと言っても過言ではないモデルだ。

ノーマル仕様ヤリスには設定されていない3ドアボディ。グラマラスなリアフェンダー周りが特徴で、異色のプラットフォームを持つ専用設計車。なお「ファーストエディション」を買った筆者のオプション装着済み支払い総額は536万円だった

■GRヤリスの居住性、使い勝手は?

 モータースポーツ参戦を念頭に置いたGRヤリスとはいえ、一般ユーザーは普通に使うことがほとんどなだけに、居住性や使い勝手を紹介していこう。

 まず前席の快適性から。オーバーフェンダー装着のため全幅こそ1805mmながら、車両前半がTNGA-Bプラットホームとなるため、この全幅のわりに横方向はタイトな印象。

 運転席に座ってみると着座位置はスポーツモデルとしては高い感もあるが、ペダル配置は良好なので、スポーツ走行の際などにブレーキを掛けながらシフトダウンのためにアクセルを煽るヒール&トゥーもしやすいだろう(1.6L、3気筒ターボ+4WDのGRヤリスにはそういったことをクルマがやってくれる「iMT」も装備されているが)。また各部の質感も絶対的には安くはない価格相応に上々だ。

RZのインパネ。各部品やレイアウトはノーマル仕様ヤリスと共通のところも多い。「羊の皮をかぶった狼」のような感覚も受ける

(3人掛けではなく)2人掛けとなるリアシートは、ルーフラインが車両後方にいくに従って下がるため頭上空間は狭いが、それ以外はまずまずのスペースが確保されている。まずまずのスペースを持つのはラゲッジスペースも同様だ。

 まとめるとGRヤリスはリアシートを使う頻度が少ないユーザーであれば、これ1台で問題ない実用性も備えており、この点はいい意味でトヨタらしい。

前席スポーツシートは普段づかいにも充分対応。後席は2座なのでその点は注意

次ページは : ■GRヤリスのグレード構成と価格

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ