【GRヤリス絶好調、タイプR今夏!! ほか】日本スポーツカー界最新ニュース&スクープ


 日本では軽自動車の販売比率が年々高くなると同時に、SUVの人気が高い。軽自動車以外のブランニューカーはSUVがメインとなっていて、スポーツカー受難の時代の様相を呈している。

 しかし、そのいっぽうでジャパニーズスポーツカーの販売台数は多くはないものの根強い人気を持っていて、魅力的なモデルもラインナップされているし、今後ニューモデルが登場するという噂も出てきている。

 2020年の最新ニュース、そして2022年くらいまでのジャパニーズスポーツカーのスクープ情報をピックアップ。現行モデルの改良、この先登場するニューカーなど期待感満点!! ジャパニーズスポーツカーは健在なり!!

※本稿は2020年2月のものに適宜修正を加えています
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号

【画像ギャラリー】GRスープラは進化の手を緩めない!! 50psパワーアップ版は日本で秋以降に発売開始!! 


GRヤリス、Web予約好調!! 開始2週間で約2000台の予約

2021年からのWRC参戦には2万5000台を生産する必要があるが、それも難しくないだろう

 トヨタのWRCホモロゲーションモデル、GRヤリスの予約が好調だ。1月10日から開催された東京オートサロン2020で世界初公開されると同時にWebでの先行予約を開始したが、約2週間が経過した1月23日の段階で約2000台の予約を集めた。

 欧州市場向けの3ドアモデルをベースとするGRヤリスは、4m弱の全長ながら大きく張り出したフェンダーにより1805㎜の全幅を持ち、その迫力のある外観が特徴となっている。

 エンジンは272ps/37.7kgmを発生する1.6Lの直33DOHCターボを搭載する。ミッションは6速MTのみだ。

 GRヤリスは東京オートサロン会期中の3日間で約1000台の予約を獲得。その後も順調に数字を伸ばした。約2000台の受注のうち、8割がトルセンLSD(フロントおよびリア)、インタークーラー冷却スプレーを備える上級グレード、ハイパフォーマンスファーストエディションだという。

同じく東京オートサロンに展示されたGRヤリスCVTコンセプト。ボディは共通だが、こちらは1.5L、NAエンジンを搭載

MCシビックタイプRは英国生産で今夏登場!!

 イギリスのEU離脱問題にからみ、2019年末から英国生産のシビックタイプRはどうなるのかに注目が集まっていたが、変わらず英国でマイナーチェンジを受けたタイプRを生産することが決まった。

ルノーのメガーヌR.S.トロフィーRが持つ、「ニュルFF最速」の称号奪還を目指す。写真は軽量化が施された国内限定200台のシビックタイプR リミテッドエディション

 現在判明しているマイナーチェンジ版シビックタイプRの変更内容は以下のとおり。(1)冷却性能向上のためフロントグリル開口部拡大、(2)バンパーガーニッシュの変更、(3)フロントブレーキを1ピースから2ピースに、(4)レザーステアリングをアルカンターラに変更、シフトノブの形状変更など。

 エンジンやサスペンションに関するアナウンスはないが、おそらく改良の手が入ることになるだろう。登場は今夏が予定されている。

 そのほかトピックでは、標準モデルよりも軽量化を施したリミテッドエディションが国内200台限定で販売される。なお、こちらは標準タイプから若干遅れ、2020年秋のデビューが濃厚となっている。

次ページは : S660がマイチェンで外観変更および内装質感向上

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ