レクサスRCに米国で2021モデル登場! RC Fも刷新で日本導入も近い?


 レクサスのスペシャルティクーペ「RC」の2021年モデルが、米国にて発表された。恒例の年次改良ではあるが、限定車の投入などと見所もある。さらに、高性能モデル「RC F」も改良を実施される。

 改良型のポイントと限定車の詳細、日本のRCへの展開も含めて、最新情報をお届けしよう。

文:大音安弘、写真:レクサス

【画像ギャラリー】9月3日に発表されたレクサスRC&RC F 2021年モデルと限定車をみる


主戦場の米国でRCの2021年モデルが登場!

 レクサスは、米国にて、2020年9月3日にスペシャルティクーペ「RC」を、同月10日、その高性能モデル「RC F」にアップデートを施した2021年モデルを発表した。RCの年次改良の内容は、かなり限定的だ。

2020年9月3日に発表されたレクサスRC 2021年モデル。安全性能を強化し、レクサスセーフティセンスなどが搭載された

 まずは安全性能を強化。先進の安全運転支援機能「レクサスセーフティセンス+」に、走行中に後側方からの接近車両を検知する「ブラインドスポットモニター(BSM)」と、駐車場から後退する際に左右後方から接近車両を検知する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」を追加。後方の安全機能を強化している。

 またヒーテットドアミラーも標準化された。パワーユニットの改良もトピックで、2.0Lターボエンジンがチューニングの変更を受けている。

 まず北米仕様のRCのパワートレインについて解説しておくと、2.0Lの4気筒ターボと出力の異なる2種類の3.5LのV6を設定。日本仕様と異なり、ハイブリットはない。

日本仕様であるハイブリットはなく、2.0Lの4気筒ターボと3.5LのV6を設定。また、4WD車も用意されている

 ただ、土地柄もあり、4WD車を用意されるのだ。そこで、エントリーグレードの「RC300」のみが2.0Lターボとなり、「RC300 AWD」は、デチューン仕様の260hpの3.5LのV6が収められる。上級の「RC350」は、4WD共に、311hpの仕様となっている。

 トランスミッションも異なり、FR仕様は8速ATだが、4WD仕様は6速ATとなる違いがある。

 注目されるRC300の2.0L 4気筒DOHCターボの改良点だが、241hpの最高出力に変更はない。

 しかし、発生回転数を5800rpmから5200rpm~5800rpmに変更することで、より低い回転域から最大出力が得られるようになった。おそらくスペックよりも走りの気持ち良さに主軸を置いた改良なのだろう。

スポーツクーペのRC FはV8エンジンにもメス

今回の改良で5.0LのV8DOHCエンジン最高出力を472hp/7100rpm仕様に進化させた

 続いて、トップグレードであるRC Fだ。RC同様に、後方の先進安全運転支援機能の強化を行っているが、最大の目玉は、国産唯一の5.0LのV8エンジンの性能の向上にある。

 5.0LのV8DOHCエンジンの最高出力を+5hp向上させた472hp/7100rpm仕様に進化させたことだ。たった5hpではあるが、最高出力の発生回転数に変更はないため、全域での出力向上が予測される。

 それを裏付けるように、最大トルクも6lb-ft向上の395lb-ft/4800~5600rpmへと変更。こちらも発生回転数に変更はない。

 つまり、スペックよりも実のある性能向上が狙いなのだ。おそらくサーキット走行では、大きな進化が感じられるものではないだろうか。

次ページは : 2021年モデルRC&RC Fののハイライトは、特別仕様の限定車!