【アルファード、レクサス、カローラ…】2018年からのトヨタ新車を全予測!!


 各メーカーのモデルサイクルや新車スケジュールを調査していくと、2018年以降トヨタの高級モデルが一斉に新型へと切り替わり、販売上大きなターニングポイントとなることがわかりました。

 なにしろクラウン、アルファード/ヴェルファイア、スープラ、センチュリーがすべて来年中にフルチェンジ、マイチェン、復活を控えています。本企画ではそんなトヨタの新車大攻勢を、ひとつひとつ紹介してゆきます。

文:ベストカー編集部
ベストカー2017年11月26日号より


■クラウン(フルチェンジ)2018年夏登場(6月か)

 東京モーターショーに「クラウンコンセプト」の名前で登場した新型クラウン。このままのスタイルで来年夏に正式デビューとなる。

 ボディサイズも発表されており、全長4910×全幅1800×全高1455mm、ホイールベース2920mm。新開発TNGAプラットフォームを採用し、ニュルブルクリンクで走りを鍛え上げたと説明されている。

 エンジンなどは未発表だが、ベストカーが入手している情報では、直4、2L直噴ターボと2.5Lマルチステージハイブリッドの2本立て。

 このハイブリッドはレクサスLCで初採用された10段変速制御を備えた新しいハイブリッドで、ダイレクト感あふれる走りが持ち味。この美点はクラウンにも受け継がれることになる。

 また、最新のコネクティッドシステムも全車標準装備され、クルマの新しい楽しみや安全性を構築。ニュルで徹底的に鍛えたという走りとともに、これまでのクラウンとは異なる世界観を示してくれることになりそうだ。

■アルファード(マイチェン)2018年1月登場

 東京モーターショーには出品されていないが、アルファード/ヴェルファイアが年末発表、2018年1月発売でビッグマイナーチェンジを受ける。その内容が判明したので報告しておこう。

 まずバリエーションが変わる。現在はアルファードが標準で、ヴェルファイアがそのカスタムバージョンという位置づけだが、マイチェンで両車に標準モデルとエアロモデルが設定され、それぞれ別の顔つきのモデルが用意される。

 また、V6、3.5Lエンジンを2GR-FEから2GR-FKSに変更。これにより最高出力が300psオーバーを表示する可能性が高いのだ。

 まだ確定的な情報ではないが、レクサスGSなどに積まれている同型エンジンは318psなので、アル/ヴェルもほぼ間違いなく300psを超えてきそうだ。また、ハイブリッドもさらなる進化が期待できる。

 もちろん、安全装備も充実。トヨタセーフティセンスPが標準装備となり、緊急自動ブレーキの性能が大幅に向上。レーダークルーズコントロールも停止まで制御する全車速追従型となり、渋滞時などでのイージードライブを実現する。

 来年で登場から3年目を迎えるアル/ヴェルだが、このマイチェンで商品力を向上。さらに人気が続きそうだ。

次ページは : ■スープラ(復活)2018年秋登場