一気に9車種販売休止!! 台数激減でも自信満々 スバル販売戦略の思惑

 スバルは2020年5~8月にかけてラインナップを一新するために、既存のラインナップ中の9車種をオーダーストップとし、9車種中の2車種、レガシィB4とBRZは販売終了となった。

 元々少数精鋭のラインナップのスバルにとって、一見異常とも思える戦略に映ってしまう。しかも、レヴォーグ、インプレッサについては、発表と発売の時期が大きくずれているため、販社はどのように対応しているのかも気になる。

 スバルの販売戦略の是非について、渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎、写真:SUBARU、MAZDA

【画像ギャラリー】クルマ好きやマニアを惹きつける少数精鋭で独自路線を貫くスバルのカーラインナップ


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ