新型ルノールーテシアに死角なし!! フレンチコンパクトが全面刷新


 昨年欧州デビューを果たしたBセグメントコンパクト、ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)が、ついに日本上陸!

 すでに欧州ではセグメントトップセールスを記録するなど高い人気を集めており、その実力は折り紙付き。その秘密はベストセラーであるだけでなく、プラットフォームを含め、全面刷新を図ったことも大きい。

 兄貴分となるCセグハッチさえ、標的に開発されたというニュールーテシアの進化の特徴をお届けしよう!

文:大音 安弘、写真:ルノー・ジャポン

【画像ギャラリー】全面刷新で質感向上!新型ルノー ルーテシアの全て


第5世代は全面刷新へ

 ルノー・ジャポンは、2020年10月15日、ルノーのBセグメントハッチバック「ルーテシア」のフルモデルチェンジを実施し、11月6日より発売することを発表した。

 グレード構成は、「ゼン」、「インテンス」、「インテンス テックパック」の3タイプ。新価格は、236.9万~276.9万円となる。

 2020年10月に開幕した東京モーターショー2019に参考出品された、新型ルーテシアが日本デビューを果たした。

 第5世代となる新型は、昨春より欧州で投入が開始されているが、2019年の販売がセグメントトップを記録するなど、高い評価を受けている。

 そんな新型の最大の特徴は、プラットフォームから一新されたオールニューモデルであることだ。

 新プラットフォームは、ルノー・日産・三菱アライアンスの協力で開発されたモジュラープラットフォーム「CMF-Bプラットフォーム」を採用。これはグループ全体で初採用となるのもポイント。

 基本性能の向上はもちろんだが、先代プラットフォームと比較して、50㎏も軽いのも強み。さらに時代が求めるADAS機能にもしっかりと対応する。

欧州でも評判の第5世代となるルーテシアが日本上陸を果たした

先代のよさを残しつつ、質感をアップ

  デザインの評価が高かった先代のイメージを残しつつ、より洗練されたのが新型のエクステリアだ。美しい曲面を多用したグラマラスなスタイルの先代デザインに、効果的に直線を加えることで進化させたエクステリアは、質感の高さやスポーティさを強調。

 より立派に見えるデザインだが、驚くべきことに、ボディはダウンサイズされていることだ。

 新型のボディサイズは、全長4075mm×全幅1725mm×全高1470mm、ホイールベース2585mmとなっているが、先代比だと先代比で全長-20mm、全幅-25mm、全高+25mm、ホイールベース-15mmと高さ以外を抑えた。

 その結果、最小回転半径も5.2mに抑えられ、取り回しもよくなっている。

先代を正常進化させたエクステリアだが、質感は大幅に向上。意外なのは、ボディがダウンサイズされたことだ

次ページは : 激変のインテリアは超快適空間に

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ