マイルドHVは242万円から!!! マツダの新鋭MX-30は激戦区SUVで存在感をだせるのか?

 2020年10月8日、いよいよ発売開始となったマツダの新型SUV MX-30(エムエックス サーティー)。

 国内ではまず直噴の2Lガソリンエンジンに「M HYBRID(エム ハイブリッド)」と呼ばれるマツダオリジナルのマイルドハイブリッドを組み合わせた「e-SKYACTIV G(イースカイアクティブジー)」モデルが投入され、EVモデルは今年度中にリース販売が開始される予定だという。

 気になる価格は2WDが242万円、4WDが265万6500円(ベース車・6AT)。

 今回は9月に行われた事前撮影会の様子から、新鋭MX-30の魅力を余すトコロなくお伝えしてみたい。

【画像ギャラリー】外観・内装からカラーバリエーションまでじっくりと! MX-30をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/MAZDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月10日号


■むしろCX-30より小さく見える!?

 昨年の東京モーターショーに出展され話題をさらったマツダのMX-30が、10月8日に発表された。

 ショーモデルで話題となった観音開きの乗降用ドア(マツダ内呼称「フリースタイルドア」)も、もちろんそのまま市販モデルに採用されている。

 もとより全体モデルラインナップ数に対するSUV比率の高いマツダが、さらにSUVを投入することに疑問を感じる向きもあるだろう。

マツダ車といえばのカラー「ソウルレッド」ももちろん用意されるが、MX-30には淡色のほうもよく似合う

 事実、MX-30の全長4395×全幅1795×全高1550mmのボディサイズは、全高をのぞきCX-30とまったくの同寸だ(CX-30の全高は1540mm)。そうした疑問を持つのも理解できる。

 しかし目の前で実際にMX-30を見ると、全高が10mm高いにもかかわらず、むしろCX-30よりも小さく見える。

 これまでのマツダ車の特徴である大型5角形グリルを持たないフロントフェイスや、大きく寝かされたDピラーが全体に軽快感を与えているためだろう。

パワーユニットは2Lガソリンエンジン+24Vマイルドハイブリッド。「e-SKYACTIV G」と呼ばれる

■マツダがMX-30に課す「役割」

 マツダはこのモデルに「ブランドの幅を広げる」役割を期待している。

 なるほど、確かにこれまでのCX系モデルに感じられた「マツダ、かくあるべし」というような力みが、あまり感じられない。感じるのはそれよりも、親しみやすさ、心地よさだ。

 その印象は車内に入っても変わらない。いや、むしろこのクルマの真骨頂はインテリアなのかもしれない。

従来モデルとは少し趣を異にするMX-30のコックピット。写真はモダンコンフィデンスパッケージ装着車

 MX-30の内装における最大の特長といえば、必要な操作部が集約され、周辺のパーツから切り離されたように設置されているフローティングコンソールだが、そのコンソール下に配されたコルクが、このクルマのキャラクターを決定づける重要な要素となっている。

シフト部などを上に上げ、2階建て構造としたフローティングコンソール。コルク材がいい感じ

 このコルクはコルク栓を生産した端材を使用しているのだが、独特のクッション性そして見た目から伝わる温もりは、国内で販売される他のどのSUVからも感じられないものだ。

 メーカーオプションの内装パッケージ、ホワイトとグレーのコンビカラーシートになる「モダンコンフィデンスパッケージ」を選択すれば、まるで清潔感あふれるリビングにいるかのような心地よさが得られる。

 正直、この内装だけでMX-30の存在価値は充分あるといえるだろう。

飛行機に持ち込めるサイズのスーツケースであれば4個が収納できるラゲッジ。容量は400L

■走りも軽快。刺さる人にはトコトン刺さる一台

 今回は撮影会ということで、基本的にクルマを走らせることはできないのだが、撮影場所の一角で極めて短距離だが試乗する機会を与えられた。

 その印象はやはり外観から感じられたもの同様、軽快感あふれる、というものだ。

 2LのSKYACTIV-G+24Vマイルドハイブリッドの組み合わせは国内初導入(EVは来年1月発表・発売)となるものだが、6.9ps/5.0kgmのモーターは存在を意識させることなく、極めてナチュラルな加速を実現。

 当然、燃費もCX-30に比べわずかではあるが伸びており(CX-30の2Lガソリン6ATに対し、FFで+0.2km/L、4WDで+0.3km/L)、好印象を持った。

最低地上高は180mm。4WD車は状況に応じて前後輪へのトルク配分を最適化するi-ACTIV AWDのほか、悪路走破性を向上させるオフロード・トラクション・アシストも装備する

 では、そろそろまとめに入ろう。このMX-30、ひと言で表わすとどんなクルマであるか。それは「決め打ちで買うクルマ」となるだろう。

 観音開きのフリースタイルドアは日常ユースで不便に感じる部分もあるだろう。リアウィンドウは開かず、後席頭上回りの余裕も充分とはいえない。

 だがこの外観、そしてセンスあふれる内装に響くものを感じたら、おそらくその人の目にはMX-30以外のクルマは魅力的とは映らないはずだ。

 感性でモノを選ぶ、そういう自由な発想を好む人に、このクルマは間違いなく応えてくれる。MX-30はそういったクルマなのだ。

■ベースグレードでも安全装備、けっこう充実

 メーカーオプションの装着で魅力が増すこと確実のMX-30だが、ベースグレードでもカーテン&フロントサイドSRSエアバッグ、運転席ニーエアバッグといったパッシブセーフティ系はもちろん、スマート・ブレーキ・サポート、緊急時車線維持支援などのアクティブセーフティ系装備もなかなか充実している。

MX-30(ベース車)の主要標準装備

 なので下のオプション表を見て、自分に必要なセットオプションを、よく見極めたい。

メーカーセットオプション

■100周年特別記念車も、当然ありマス

 マローンルージュメタリック+セラミックメタリックの専用ボディカラーに専用内装、随所に配された創立100周年ロゴなど、多くの特別装備が奢られた100周年特別記念車。価格は2WDが315万7000円、4WDが339万3500円となっている。

100周年特別記念車の前に立つMX-30主査、竹内都美子氏。ご自身もこの100周年記念車をご購入。車両奥はチーフデザイナーの松田陽一氏
100周年特別記念車の内装。後席は頭の周辺こそ開放感に乏しいが、ひざ周りには余裕がある

■MX-30主要諸元
・全長×全幅×全高:4395×1795×1550mm
・ホイールベース:2655mm
・最小回転半径:5.3m
・車両重量:1460kg〈1520kg〉
・エンジン:直4DOHC+モーター
・総排気量:1997cc
・最高出力:156ps/6000rpm
・最大トルク:20.3kgm/4000rpm
・モーター出力:6.9ps/5.0kgm
・トランスミッション:6速AT
・WLTCモード燃費:15.6km/L〈15.1km/L〉
※〈  〉内の数字は4WD

【画像ギャラリー】外観・内装からカラーバリエーションまでじっくりと! MX-30をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ