今こそ買い時! 高機能&個性派最新ドライブレコーダー お薦めモデル3選

 コロナ禍の影響はあったとはいえ、販売の勢いは衰えるどころか、ますます伸びているのがドライブレコーダー(ドラレコ)市場です。

政府の「Go To トラベル」などの施策により自動車での移動が増えているなか、やはり安全と安心をサポートするためにもドラレコは必需品。

ボーナス商戦を迎え、年末年始の帰省なども見込める中、最新のトレンドを持つオススメモデルを3機種選んで紹介します。

文:高山正寛/写真:KENWOOD、COMTEC、PANASONIC、ベストカー編集部、Adobe Stock、AMAZON

【画像ギャラリー】押さえておけば安心!! 最新のドラレコを選ぶ時に重要になる8つの性能を教えます!!


性能的には差別化が難しくなってきた

ドライブレコーダーは欲しいカー用品から、運転する時は必須のアイテムとなりつつある。人気商品の進化は目覚ましく、性能差も小さくなっている(Amnat-stock.adobe.com)

 過去の記事でも書きましたが、商品が売れる=開発費も増える、ことで結果として低価格かつ高品質なモデルが世の中に送り出されます。

 これはドラレコに限らず、工業製品全般に言えることですが、それでも各メーカーは差別化を図るために色々な機能を取り込んだモデルを発売しているのも現状です。

 ただ現在のトレンドにおいて、ドラレコに求められる最低限の基本機能はほとんどのモデルに搭載されているのも事実。

 低価格モデルの中にはGPS非搭載というのもありますが、フルHD解像度やHDRなどの補正機能などはほとんどの機種に採用されています。

 もちろん、画角ひとつ取っても、単純に「水平方向に広ければいい」というわけではなく、映像の四隅の歪みが少ないほうがいい、など。

画角の広さ、明るさなどはドラレコを選ぶうえで重要な要素となるが、ある1点に特化しているだけでは使い勝手、魅力は半減してしまう(titikul_b-stock.adobe.com)

 またHDRやWDRに関してもその効果、いわゆる「効き具合」なども差別化の材料になるのですが、こればかりは実際に商品に触れてみるか口コミ、さらに昨今ではYouTube動画などに頼ることになります。

 さて、その中で従来まであった機能とはいえ、それを大きくレベルアップさせてきた商品も出てきています。

 今回、ご紹介するのはそれぞれ特徴を持った個性的なドラレコというわけです。

※実勢価格は取材時(2020年11月5日現在)のベストカーWeb編集部調べ(税別)。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

待望の360°録画対応モデル

ケンウッド DRV-CW560
実勢価格:3万3000円前後

 昨今のドラレコにおけるトレンドのひとつに「前後2カメラ」による録画があります。読んで字のごとく、2つのカメラにより前後の同時録画が可能なモデル。特にリアカメラは社会現象になっている「あおり運転」の抑制にも効果があります。

 しかし、この方式ではモデルによっては前後はOKでもボディ側面が「死角」になるケースが発生します。

 少し細かい話ですが、あおり運転をされて停車した際に相手がクルマから出てきて車外(多くは右ドア側)から威嚇をしたケースをよく聞きます。

 ただ前後カメラではこれを録画することはできません。そこで注目されるのが360°録画できる「全方位」型ドラレコです。

 この方式はこれまでも他社から発売されていましたが、価格が高い点や画質自体が通常のモデルより劣る点などがあり、もうひとつ波に乗れていませんでした。

ドラレコで人気の高いケンウッドから登場した待望の360°録画対応のDRV-CW560は2020年11月下旬発売を開始する注目機種だ

 その点、この「DRV-CW560」は業界最高の解像度2160×2160、約466万画素での録画が可能。搭載するセンサーも夜間に強く昨今多くのドラレコに搭載されているSONY製の「STARVIS(スタービス)」を採用することで従来以上の高画質が期待できます。

 また無線LANを本体に搭載することでスマホで録画した映像を確認、さらに必要な部分のみを選んで転送することも可能です。

 ちなみにスマホで確認する場合、専用アプリを使うことで360°で記録された映像を基本となる「ラウンド」のほか、「パノラマ」 「2分割」「4分割」「切り出し」の合計5種類のビューモードで再生できます。

 また意外とポイントが高いのがPCでの再生です。

 360°カメラの場合、専用のビューアーソフトが必要になりますが、これまではWindowsのみでMacには非対応なものが多かったのですが、「KENWOOD STREET TRACKER」と呼ばれる無償ソフトをダウンロードしインストールすることでMacでも映像を確認できます。

360°+リアカメラで完璧録画

コムテック HDR360GW
実勢価格:3万7000円前後

 360°カメラを持つドラレコとしては先行して発売されているのがコムテック。

 オススメする「HDR360GW」最大のセールスポイントは360°が録画できても、あおり運転にあった際は室内にあるカメラだけでは少々心許なく、専用のリアカメラが欲しくなる、というニーズに応えた商品です。

 ベースになるフロントカメラは水平方向360°はもちろん垂直視野角も240°と広いので上方向にある信号などの表示もしっかり録画することができます。

 画素数はメインカメラが340万画素、そして専用のリアカメラが200万画素と十分な性能。特にこのリアカメラは対角で168°と広角なので死角が少ないのが特徴とも言えます。

360°録画対応で実績とノウハウを持っているコムテックのHDR360GWは垂直視野角も240°と広いのも魅力となっている

 録画した映像は本体に小型のディスプレイがありますのですぐに確認できますし、専用のビュアーソフト(Windowsのみ)を使えばPCでも映像の確認ができます。

 このソフトはGセンサーや記録情報を一覧できたり、4種類の表示モードを切り替えて再生することも可能です。

 要は360°カメラのウィークポイントを改善したまさに「死角無し」といった点がこの商品の最大の魅力。今後はこのトレンドが増えていくことが予想される中、先駆けのモデルとしてもオススメできます。

ストラーダ専用ゆえの高機能が魅力

パナソニック CA-DR03HTD
実勢価格:3万9000円前後

 最後に紹介するのはパナソニックのストラーダ専用となる連携型の2カメラドラレコです。

 現在ストラーダのカーナビは大画面のFシリーズが人気ですが、この「CA-DR03HTD」はFシリーズの上位2モデルとなる「CN-F1X10BLD」と「CN-F1X10LD」のみに対応します。

 何で限定されるモデルをオススメするのか?そこには専用開発かつ連携機能を持つドラレコのUI(ユーザーインターフェース)の高さが大きな魅力だからです。

 ドラレコ自体はフルHDでの録画が可能でフロント/リア共、約200万画素のカメラになります。特にレンズの明るさを示す“F値”は1.4と明るく、最低被写体照度もわずか0.1ルクスと暗い道でもクッキリと録画することができるなど高い基本性能を有しています。

汎用品が多いドライブレコーダーでパナソニックの人気ナビのストラーダ専用というのが新たな試みで、今後のトレンドとなる可能性もある

 本体ユニットを独立させ、カメラを小型化することで取り付け性を向上させている点がポイントですが、従来までのストラーダはドラレコからの映像をVGAでしか表示できませんでした。

 そこで「HD-TVI」という規格でストラーダとドラレコを接続することでストラーダ側の大画面でHD画質での映像確認、そして基本操作も行うことができます。

 ちなみに解像度は従来比で約2.6倍に拡大しており、後続車の映像なども含め、鮮明に確認することができます。

 また連携機能の強化は利便性に大きく寄与しています。具体的には前後のカメラで録画した映像を上下に同時に表示したり、また地図と連動させることで場所と映像を比較しながら同時に確認することができます。

 そしてストラーダの右下にあるカメラマークにタッチすると瞬時に後方画像に切り替えることができる「ワンタッチ後方ビュー」を使えば万が一のあおり運転もリアルタイムで確認することができます。

 これまでは単一機能で勝負してきたドラレコですが、今後はナビと連携することで従来以上の利便性が期待できます。その代表モデルとしてオススメです。

【画像ギャラリー】押さえておけば安心!! 最新のドラレコを選ぶ時に重要になる8つの性能を教えます!!