トヨタシエンタ新型情報ゲット! そのほか続々新情報5連発


 国内自動車メーカーの販売店を毎日くまなく回り、「足」で稼いだ新型車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回はトヨタ、ホンダ、スズキ、マツダと幅広い情報を掴んできていただきました!

文:遠藤徹
ベストカー2017年12月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■トヨタシエンタは2018年6月マイチェン

シエンタ

 トヨタは2018年6月にもシエンタをマイナーチェンジするむね、販売店に通達しているようです。主な変更内容は、内外装のデザイン変更、新グレード設定、ボディカラーの再編、安全対策強化など、です。

 エクステリアはフロントグリル、ヘッドランプ回りのデザインを変更します。安全対策は「トヨタセーフティセンスC」の標準装備車をラインアップに加えます。

 特別仕様車の「Gクエロ」は、同様の装備内容を標準グレード「G」に盛り込むことで、一旦廃止となります。

 パワートレーンは基本的に変更ありませんが、若干の性能向上を図っています。自動ブレーキなどの安全対策もさらに強化されます。

■ホンダは来春、SUVのラインアップ強化で巻き返し

 ホンダは2018年3月にヴェゼルをマイナーチェンジし、5月に新型CR-Vを投入することでSUVラインアップを強化し、SUVの分野で増販攻勢を図る方針です。

ヴェゼル

 ヴェゼルのマイナーチェンジの内容は内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラーの設定、安全パッケージ「ホンダセンシング」の進化バージョの標準装備など。

 CR-Vは、先に開催された東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容での市販化となります。

 2列シート5人乗りのほか、3列シート6~7人乗り仕様があり、パワーユニットは1.5Lターボ、2Lハイブリッドを設定します。これによってライバル他社に劣勢だった、この分野での販売の巻き返しを図る構えです。

次ページは : ■ホンダN-ONEは次期型に引き継ぐかモデル廃止か?