トヨタの新型カローラフィールダーに「GT-FOUR」復活!? 今年6月登場!!

トヨタの新型カローラフィールダーに「GT-FOUR」復活!? 今年6月登場!!

 クラウン、センチュリー、オーリス、カローラアクシオと、ビッグネームのフルモデルチェンジが多い2018年のトヨタ。

 その中でややノーマーク気味だったカローラフィールダーに、驚きのスポーツグレードが設定される……という情報が入ってきた。以下、その情報をまずは紹介しつつ検討します。

文:ベストカー編集部
べストカー2018年1月26号「ニッポンの反撃 EVOLUTION時代がやってくる!」より


■新型カローラフィールダーのデザインをキャッチ!

 2018年6月にフルモデルチェンジするカローラフィールダー(カローラアクシオと同時にチェンジするワゴン)のデザインが判明した。

 セダンと同様、これまでのカローラのイメージを大きく覆すアグレッシブでスタイリッシュなデザインとなる。商用バンのような印象が強い現行型とは明らかにターゲットユーザーが異なるクルマになりそうだ。

セダンのアクシオ同様スタイリッシュに大変身するフィールダー。標準仕様から半年ほど遅れ、1.6LターボのGT-FOURが登場
セダンのアクシオ同様スタイリッシュに大変身するフィールダー。標準仕様から半年ほど遅れ、1.6LターボのGT-FOURが登場

 全長、全幅ともに拡大されて3ナンバーボディとなるのは既報のとおりで、Aピラー、Cピラーともに思い切って寝かせたクーペルックが特徴。フロントマスクもヘッドランプがブーメラン形状となるなど、かなり「攻めた印象」となる。

 2017年には大幅にイメージチェンジしたカムリが登場し、従来モデルとの違いを明確にしたが、カローラフィールダーも同じようなフルモデルチェンジとなる。

 プラットフォームは新開発のTNGAで、その特徴である低いフォルムを実現。現行モデルの全高は1510mmあるが、次期モデルは1400mm台後半まで低くなりそうだ。

 もちろん、フロア自体が低くなっているので、それで室内、荷室空間が犠牲になる心配はなし。実用性を維持しながらスタイリッシュに変身するというわけだ。

 パワーユニットは直4、1.5Lのハイブリッドと1.5L、1.8Lのガソリンエンジン。カローラアクシオはこれらに加えて現行オーリスに搭載されている1.2L直噴ダウンサイジングターボの搭載が有力だが、最新情報によると、フィールダーはこの1.2L直噴ターボは使わない。

 「燃費を重視した実用的なターボエンジンではなく、フィールダーには燃費とスポーツ性の両立を図るターボエンジンが用意される」というのだ。

 それが新開発の3気筒、1.6L直噴ターボ。

編集部に情報が入ってきているフィールダーGT-FOURは、GRシリーズに組み込まれる可能性もある。いずれにしてもカローラがスポーツに本気になるということだ
編集部に情報が入ってきているフィールダーGT-FOURは、GRシリーズに組み込まれる可能性もある。いずれにしてもカローラがスポーツに本気になるということだ

次ページは : ■かつてのワゴンの名車復活か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!