新型レヴォーグの「進化度」 旧型比で格段に改善したのは?


■注目はSTIスポーツ! 乗り心地も大きく改善

STIスポーツの魅力はドライブモードセレクトにある。コンフォート/ノーマル/スポーツ/スポーツ+の4種類を切り替えることができる

 STIスポーツにも注目したい。ドライブモードセレクトが標準装着され、コンフォート/ノーマル/スポーツ/スポーツ+に切り替えられる。これに基づいてショックアブソーバーの減衰力、4WDシステム、パワーステアリングなどの制御を変更する仕組みだ。

 「スポーツ+」を選ぶと、文字通り各種の機能がスポーツ指向を強め、機敏に曲がって前述のアクセル操作による挙動のコントロールも一層容易になる。

 新型は走行安定性を向上させる一方で、足まわりを正確に動かすことにより、乗り心地も向上させた。細かな路上のデコボコを伝えにくく、大きな段差を乗り越えた時の突き上げ感も抑えた。走行安定性と乗り心地をバランス良く向上させている。

 レヴォーグはステーションワゴンだから、SUVやミニバンに比べると重心が低い。もともと前後左右に振られにくいことから走行安定性と乗り心地が優れていたので、今回のフルモデルチェンジが、さらに優れた効果をもたらしている。

■話題のアイサイトXはどれだけ進化?

新世代のアイサイトでは、肝となるステレオカメラを刷新。カメラのカバー範囲が圧倒的にワイドになるなど、大幅な性能向上を実現

 装備ではアイサイトの進化に注目したい。センサーのステレオカメラを刷新して、前側方レーダーや反応の素早い電動ブレーキブースターを組み合わせた。自車が右左折する時に、対向車や歩行者も検知して衝突被害軽減ブレーキを作動できる。横断する自転車にも対応した。

 左右の見通しの悪い交差点では、前側方レーダーにより、ドライバーの死角に入る左右方向から接近してくる車両にも反応する。衝突被害軽減ブレーキだけでは事故を避けるのが困難な時は、パワーステアリングを制御する機能も備わる。

 運転支援機能としてはアイサイトXも採用した。自動車専用道路において、0~50km/hの範囲では、手離し運転が可能になる。

 それでもドライバーが周囲の交通環境を把握しておくことは不可欠だから、ドライバーモニタリングシステムが採用され、居眠りや脇見をしていると警報を発する。警報に反応しない場合、ドライバーに異常が生じたと判断して、ハザードランプやホーンを作動させながら自動的に停車させる機能も備わる。

 通信機能も用意され、緊急時にはSOSコールを発信したり、エアバッグが展開するような事故では、自動的にコールセンターへ通報する。今後はアイサイトXが異常を検知した時も、コールセンターへ自動通報される機能を確立させると安全性が一層高まる。

 開発者は「システムを別々に開発したから、今のところ連携していないが、今後は検討したい」と述べている。

◆  ◆  ◆

 以上のように新型レヴォーグは、さまざまな機能を向上させた。価格は「GT」が310万2000円、アイサイトX/11.6インチディスプレイ/通信機能などを備えた「GT・EX」は348万7000円だ。

 先代型の1.6GTアイサイトスマートエディションが300万3000円だったことを考えると、機能や装備と価格のバランスでは新型が割安になる。進化度はきわめて大きい。

◆現行型を100点とした場合の新型の進化度:150点

【画像ギャラリー】正統進化!新型レヴォーグの注目すべき装備をチェック

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ