新型レヴォーグの「進化度」 旧型比で格段に改善したのは?

新型レヴォーグの「進化度」 旧型比で格段に改善したのは?

 2020年には数々の新型車が登場した。なかでも特に自動車ファンに注目されたのが、スバル レヴォーグのフルモデルチェンジだ。

 本稿では、日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた新型レヴォーグを、今までのモデル=従来型と比較。今年のハイライトともいうべき新車の進化度を、項目ごとに見ていきたい。果たしてレヴォーグはどれだけ進化したのか?

文:渡辺陽一郎
写真:SUBARU

【画像ギャラリー】正統進化!新型レヴォーグの注目すべき装備をチェック


■レガシィTW後継として誕生したレヴォーグも2代目に突入

新型レヴォーグは2020年10月に発表された。エンジンやプラットフォームを刷新して、アイサイトも進化させた
新型レヴォーグは2020年10月に発表された。エンジンやプラットフォームを刷新して、アイサイトも進化させた

 先代(初代)レヴォーグは、レガシィツーリングワゴンの後継車種として2014年に発売された。今はワゴンの車種数が大幅に減ったから、ミドルサイズのレヴォーグは貴重な存在だ。

 新型はこの位置付けを変えず、エンジンやプラットフォームを刷新して、安全装備のアイサイトも進化させた。フルモデルチェンジの内容はさまざまだが、新型レヴォーグは広範囲にわたって機能を向上させている。

 ボディサイズは全長が65mm長い4755mm、全幅は15mm広い1795mmだ。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も20mm伸びて2670mmになった。最小回転半径は5.5mだ。先代型の1.6Lは5.4m、STIスポーツと2Lが5.5mだったので、新型は若干大回りになる。斜め後方の視界も少し悪化したので、車庫入れや縦列駐車ではマイナスになった。

 その替わりホイールベースの拡大により、前後席に座る乗員同士の間隔は25mm広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕がある。背の高い同乗者も快適に乗車できる。

11.6型のセンターインフォメーションディスプレイは視認性が抜群
11.6型のセンターインフォメーションディスプレイは視認性が抜群

 インパネの機能も向上した。標準装着あるいはメーカーオプションとして設定される11.6インチセンターインフォメーションディスプレイは、大型で視認性と操作性が良い。各種の情報を表示できる。

 12.3インチフル液晶メーターも採用した。速度計とエンジン回転計を大きく示すノーマル画面のほか、アイサイトの作動を中心に表示したり、地図画面を選ぶことも可能だ(縮尺の切り替えはできない)。これらの機能は新型になって採用され、進化度も大きい。

運転席のフル液晶メーター。ここにアイサイトの作動状況が表示される
運転席のフル液晶メーター。ここにアイサイトの作動状況が表示される

次ページは : ■基本となるエンジンと車体の進化度は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ