ジムニー、フォレスターも新型に!! スズキほか5メーカーの2018年新車情報


 2018年はトヨタがクラウン新型クラウンを発売するなど大物の新車が控えている。本記事では、先日公開した3大メーカーの動向に続いてスバル、マツダ、スズキ、三菱、ダイハツの今年デビューする新車をメーカーごとに一挙公開。

 自動車ライター遠藤徹氏が、ディーラーに直接足を運び、つかんだ情報をもとに解説する。スズキは、ついにジムニーを20年ぶりにモデルチェンジさせる。

文:遠藤徹/写真:編集部


スバルはSUVのフォレスターを新型へ!

こちらは東京モーターショー2015で公開されたヴィジブフューチャーコンセプト。これを市販版にモディファイしたものが新型フォレスターになる
こちらは東京モーターショー2015で公開されたヴィジブフューチャーコンセプト。これを市販版にモディファイしたものが新型フォレスターになる

 スバルは9月にフォレスターをフルモデルチェンジする見込み。

 次期型はエクステリアこそキープコンセプトだが、中身は大幅に変更し、クォリティアップ、走りのポテンシャルアップ、安全性の向上を図る。

 プラットフォームは新開発の「スバル グローバル プラットフォーム(SGP)」を採用。パワーユニットは、新開発の水平対向直噴2L、NA&ターボエンジンを搭載。全車フルタイム4WDで、トランスミッションにはCVTと6速MTを用意する。

〈編集部補足〉

 フォレスターの登場時期に関しては「4月発表、6月発売」との情報もあり流動的。また、2017年の米ロサンゼルスショーで発表された3列シートの大型SUV、アセントに関しては、当初日本導入のうわさもあったが、現時点で日本導入の可能性は低いようだ。

三菱は待望のブランニューモデル登場!

三菱にとって久々となる新規モデルのエクリプスクロス
三菱にとって久々となる新規モデルのエクリプスクロス

 三菱は3月上旬に新型SUV「エクリプス クロス」を発表、発売する。

 アウトランダーとRVRの中間に位置するクロスオーバータイプ。エンジンは1.5Lターボのみ。2WD、4WDをラインアップ。8速CVTのトランスミッションを採用。

  車両本体価格は253万2600〜309万5280円。1年後にも2.2Lクリーンディーゼル車を追加設定する予定だったが、当分の間先送りとなっている。

〈編集部補足〉

 このほか、12月には新型eKワゴンが登場する見込みだ。

次ページは : スズキは20年ぶりにジムニーを刷新