BMW高性能モデルの主役「M3/M4」が日本導入開始!!


ストイックなトラックパッケージ登場

 もちろん、よりサーキット走行を意識したストイックな仕様も用意される。それが「コンペティション トラックパッケージ」だ。運動性能を高めることを目的に、先進安全運転機能をレス化し、約25㎏の軽量化を実現。

 さらにMカーボンセラミックブレーキ、Mカーボンバケットシート、M Drive プロフェシェナルなどの走行性能を強化するアイテムも標準化される。

レーシーなMカーボンバケットシート。4点式ベストにも対応する形状だ

日本仕様についてまとめ

 最後に日本仕様についてまとめておきたい。M3セダンは、右ハンドル仕様のみで全仕様がATだ。グレードは、「コンペティション」と「コンペティション トラックパッケージ」の2種類となる。

 いっぽう、2ドアという趣味性から、M4クーペは、より細やかなバリエーションを揃える。

 まず標準仕様は、M4のみの設定で、6速MTとなるのが大きな魅力。上位の「コンペティション」と「コンペティション トラックパッケージ」が用意されるのは、M3同様で、いずれもAT車のみ。

 ただしM4では、全グレードでステアリング位置が左右共に選択可能となる。

 公表されたラインアップは、従来型同様にFRのみだが、今秋には、4WD仕様の「M xDrive」も追加される予定だ。

 最新のMモデルでは、ハイパワーを活かすべく、4WD化にも積極的。すでにトップオブMであるM8は、すべてが4WDとなっている。

 選択が可能なM3とM4の日本仕様では、FRと4WDがどのように棲み分けが図られるかは、気になるところだ。

 特殊なモデルだけに、FRのラインアップ縮小も十分にあり得るだろう。それだけにFR狙いのファンは、今後の動向にも注視してほしい。

新生M3/M4は、FRに拘るか、4WDのトランクションを活かした走りを楽しむかも新たな楽しみとなる

【画像ギャラリー】BMW MハイパフォーマンスモデルのM3/M4の全て

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ