【クラウン、ジューク…出るのか?】気になる新車最新情報 2018年度版


 2018年も4月に入り、1/4が終了。新たな「年度」がスタートしました。

 そこで従来から「2018年に発売する」と言われている各メーカー注目の新型車のなかで、「これ本当に出るの?」という情報を、現時点で改めて調査。

 自動車ディーラー幹部と親交が深く、また販売現場から「生」の声を集める流通ジャーナリスト遠藤徹氏にレポートしてもらいました。

文:遠藤徹


■日産ジュークは本当にでるのか? 出ないのか?

日産ジューク(予想CG)
日産新型ジューク(予想CG)

 あらためて念入りに取材した現時点での情報からいうと、2018年度は出ない可能性が強い。

 日産自動車販売店筋によると、

「今年度(2018年4月〜2019年3月)の新車は秋に出すリーフNISMOくらいで、あとはニューモデルがゼロ状態だ」

 とコメントしている。したがって次期型ジュークのデビューは2019年度か2020年度あたりに登場する見通しである。どうやら三菱自動車との共同開発になるので時間がかかっていると思われる。

 三菱自動車はRVRの後継モデルとして新型コンパクトSUVの開発プロジェクトが動き始めている。こちらは次期型ジュークとプラットフォーム&パワートレインなど基本コンポーネントを共用した姉妹車となる可能性が強い。

 三菱がボディパネルを含めた基本部分を開発し、日産にOEM供給する形になるかも知れない。

 パワートレインはe-POWER、1.5Lガソリン、1.6Lターボが日産ジューク。

 三菱はPHEVのユニット供給を担当するだろう。クリーンディーゼルが加わるとしたら、こちらも三菱からの供給になるはず。次期型は現行のスタイリッシュなクーペシェルを踏襲するはず。

 ノート同様にe-POWERが主役になれば、現在トヨタC-HR、ホンダヴェゼルが売れまくっている同クラスのトップセラーモデルにいきなり浮上する可能性が強まる。

 とはいえ、ここ最近、日産は各販売店に対して、新型車の情報を発売ギリギリまで伝えないよう調整している。

 現時点では2018年度発売予定の新型車としてなんの情報も(販売現場には)伝えていないが、いきなり発表するという可能性もある。本件に関しては引き続き調査し、新たな情報が入ったら逐一お伝えしたい。

■三菱デリカD:5はどうなる?

三菱新型デリカD:5(予想CG)
三菱新型デリカD:5(予想CG)

 デリカD:5はこの4月25日に一部改良する。

 今回の改良は法規対応が中心で、フロントバンパーの中央部分に衝突に対する強化策を講じるほか、多少の手直しをする程度にとどめる。

 現行モデルでも販売の80%がディーゼル車であることから、実質的にはこちらに1本化してゆくことになる。

販売店筋によると、

「当面マイナーチェンジはあるだろうが、フルモデルチェンジの予定はない」

と説明している。

 一時期、日産の次期型エルグランドとのプラットフォームやパーツの共用化を図る……という情報があったが、その「統合モデル」の登場時期はずっと先になる。

 エルグランド、セレナともに2022年あたりに次期型へ切り替わる時期だから、これに合わせるとすると、新型デリカが登場するのは4年先以降になる。

 この間の1年後あたりに現行モデルのプラットフォームをキャリーオーバー(踏襲)したモデルチェンジか、あるいはビッグマイナーチェンジで対応してゆく可能性が高い。

 デリカD:5のコンセプトはSUV感覚のミニバンが売りとなっているので、これをさらに磨きをかけた手直しが行われる。得意のクリーンディーゼル改良やPHEV投入で「喝」を入れる可能性もある。

次ページは : ■カローラセダンのフルモデルチェンジは来年って本当??

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ