新型ヴェゼルVSハリアーなどミドルSUV 5番勝負!! 気になる実力を徹底解剖

最激戦区新型ミドルサイズSUVの本命ど真ん中!!! 新型ヴェゼル その実力を徹底解剖

 2021年4月22日に登場したホンダ 新型ヴェゼル。全長4400mm以下のミドルサイズSUVの本命ど真ん中の期待の1台。

 早速、公道での試乗をしつつ、気になるポイントをライバルとなるミドルサイズSUVとの「5番勝負」で明らかにしていこう!

●比較対象モデル
・マツダ CX-30
・日産 キックス
・プジョー 2008
・トヨタ ハリアー

※本稿は2021年5月のものです
文・写真/ベストカー編集部 撮影/平野 学 取材協力/Honda Cars川崎 鶴見北店
初出:『ベストカー』 2021年6月26日号

【画像ギャラリー】編集部で調べ上げた実測値を比較! 比較対象モデル含めた5台をギャラリーでチェック!!!


■旧型に対してどこが進化した!?

 躍動的な斜めのキャラクターラインが特徴的で、ラウンドしたルーフラインも相まって塊り感のあるプロポーションの先代に対し、新型ヴェゼルはシュッと伸びやかなスタイルで、大きく見えるのだが、実は全長は4330mmで同寸。

 全幅は20mm広くなる一方、全高は15mm低く、見た目の印象ほどには大きさは変わらない。ホイールベースは2610mmで新旧同寸だ。

シュッと伸びやかな印象の新型ヴェゼルのプロポーション
サンドカーキ・パールのボディカラーは新型ヴェゼルのイメージカラー。走りも軽快で心地よい

 ルーフラインが直線的に後方に伸びるため、後席居住性は先代を大きくしのぐ。特にヘッドクリアランスはコブシ1つ分の余裕があり快適。

 後席に座ると、前席背もたれ後ろが湾曲するようにえぐられた形状で、膝前スペースの余裕が大きいのは嬉しい。

 なにより大きく変化したのがハイブリッドシステム。

 7速DCTにモーターを組み合わせたi-DCDから、モーター駆動を主体としたe:HEVになり、スムーズでドライバビリティに優れた走りの質感が高まった。

 ゆっくりとアクセルを踏み込んで加速していくと、30km/hあたりまではエンジンは停止。

 加速に応じてエンジンは回転を上下させるが、一般道での速度域では駆動はモーターのみだからシームレスな加速感が気持ちいい。

 これは圧倒的に新型が優位な点だ。

こちら旧型となった初代ヴェゼル
ラウンドしたルーフと斜めに切れ上がったサイドのキャラクターラインなどから、躍動感を感じるフォルムで新型ヴェゼルと対照的
新旧のスペックを表で確認

■CX-30やキックスと比べてどうだ⁉

 ヴェゼルよりもちょっと大きなCX-30は全体的に落ち着いた乗り味で、軽快感あふれるヴェゼルとは対照的。

 操舵感や路面のギャップを越えた際の動きも同様で、CX-30のほうがドシッとした印象。ヴェゼルは軽やかな身のこなしといった動きをする。

 後席はシート自体の大きさやクッション性はCX-30が一歩リードするが、ニースペースはヴェゼルの勝ち。またフラットに畳める後席など荷室の使い勝手はヴェゼルが圧倒的に優れる。

 逆にひと回り小さいキックス。こちらはe-POWERだから、モーターで走る感覚はe:HEVのヴェゼルに近いのだが、動力性能はヴェゼルが勝る。

全長4330mmのヴェゼルに対しキックスは4290mmでひと回り小さく、CX-30は4395mmでちょっと大きい。乗った印象も車格に比例しており、CX-30はどっしり落ち着いた印象だ

 加速時のエンジン音も3気筒のキックスに対し直4、1.5Lのヴェゼルのほうが上質だ。

 キックスの乗り心地は車格のわりにしっとりとしていて、軽快なヴェゼルと対照的。ただ、高速でのレーンチェンジなどではリアの追従性の遅れを感じ、ヴェゼルのほうがバランスがいい。

 後席はクッションが厚く座り心地はいいが、やはり車体サイズが小さい分、ニースペースはヒザが前席に軽く当たるなど、居住性はヴェゼルにはかなわないが頭上スペースはヴェゼルより余裕がある。

次ページは : ■価格的にもガチライバル! プジョー2008