電動化でタコメーター激減?? 車の性能示すメーターは生き残れるのか

電動化でタコメーター激減?? 車の性能示すメーターは生き残れるのか

 エンジンの回転数を示す「タコメーター」は、安価な車や商用車等を除き、多くの車に採用されてきた、いわば性能を示すメーター。速度を示すスピードメーターと並んで、車になくてはならない装備のひとつであった。

 しかし、ハイブリッドなど電動車の急増で、タコメーターを持たない車が圧倒的に多くなってきている。性能を示すメーターは、このまま車から消えていってしまうのだろうか?

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、HONDA、TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】本稿で登場したメーターを装備するクルマの内外装をみる


ホンダは全エンジン付き車に採用! タコメーターの現状は?

タコメーターは、1分間のエンジン回転数を示すメーター。車種によりレッドゾーンまでの回転数は異なる
タコメーターは、1分間のエンジン回転数を示すメーター。車種によりレッドゾーンまでの回転数は異なる

 ハイブリッド車や電気自動車など、クルマの電動化が進むと、装着車の減る装備もある。この典型がタコメーターだ。エンジン回転数を示すメーターで、1分間の回転数を表示する。そのために単位は「rpm/レボリューションズ・パー・ミニッツ」となる。

 タコメーターは、MT(マニュアルトランスミッション)車で、動力性能をフルに発揮させる走り方をする時に便利だ。タコメーターには許容回転数の上限を示すレッドゾーンも示され、シフトアップのタイミングがわかりやすい。

 シフトダウンする時も、タコメーターがあれば、高回転域でギアを下げてエンジンを過剰に回すトラブルを避けられる。

 ただし、クルマに慣れると、タコメーターをチェックする必要性は薄れる。エンジン音を聞いていれば、回転数も感覚的にわかるからだ。タコメーターがなくても、的確なシフトアップ/シフトダウンをおこなえる。

 AT車の場合は、アクセルペダルを踏み続ければ、エンジン回転が上限に達すると自動的にシフトアップする(一部車種のマニュアルモードを除く)。

 高い速度域でATレバーを低いレンジに入れても、MTと違ってエンジンを過剰に回転させる変速はおこなわない。従ってAT車にタコメーターは不要ともいえるが、装着車は多い。

 逆にワゴンRの標準ボディなどは、5速MTを用意するからタコメーターを活用する余地もあるが、装着されていない。マーチは上級グレードには装着され、ベーシックなグレードは非装着だ。こういった点を踏まえると、タコメーターは、実用装備というよりも付加価値をねらった快適装備に近い性格を備える。

ホンダは、全エンジン車でタコメーターを標準装備。商用バンのN-VANもタコメーターが標準装備されている
ホンダは、全エンジン車でタコメーターを標準装備。商用バンのN-VANもタコメーターが標準装備されている

 N-VANの開発者は、タコメーターについて以下のように述べた。

「N-VANは商用車だが、CVT(無段変速AT)も含めて、タコメーターを全車に標準装着した。ホンダの場合、インパネの基本的な機能として、タコメーターの設置があるからだ」

次ページは : タコメーターに替わる? HVのパワーメーターは何を示しているのか

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します