新型フォレスターにMT&ターボ廃止の影響は!? 評価は上々!?それともガタ落ち!?


■クルマがドライバーを見守るドライバーモニタリングシステム

新型フォレスターのウリのひとつが、このドライバーモニタリングシステムだ。これはドライバーが乗り込みとマルチファンクションディスプレイのバイザーに内蔵されたカメラがドライバーを認識。走行中、居眠りや眠気を感知すると警報音や警告表示。そのほかドライバー情報をあらかじめ設定すると、5人までのドライバーのシートポジションやエアコン設定、そのドライバーの平均燃費などを表示する。スバルはこのドライバーモニタリングシステムを「おもてなしの装備です」と言っていた。

新型フォレスターのウリのひとつ、ドライバーモニタリングシステム。アドバンスグレードに標準装備
新型フォレスターのウリのひとつ、ドライバーモニタリングシステム。アドバンスグレードに標準装備
ボディサイズは全長4625×全幅1815×全高1730mm、最低地上高は220mm。写真はレッドオレンジのアクセントが入ったX-BREAK
ボディサイズは全長4625×全幅1815×全高1730mm、最低地上高は220mm。写真はレッドオレンジのアクセントが入ったX-BREAK

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ