コロナ禍で掘り出しモノが見つかる!? アウトレットな狙い目中古車はどのクルマ?

コロナ禍で掘り出しモノが見つかる!? アウトレットな狙い目中古車はどのクルマ?

 コロナ禍の影響で、外出する際に不特定多数の人との接触を避けるため中古車の需要が高まっている。2021年1~6月の中古車(普通+小型)の登録台数は171万567台で対前年比104.3%となっている。

 そんな中古車需要が伸びているなかで流通台数50台以上、予算二桁で購入できる掘り出しモノ的なオススメ中古車はあるのか? さっそく探していきたい!

文/萩原文博
写真/トヨタ、日産、ホンダ

【画像ギャラリー】予算2桁から購入できる、狙い目中古車たちを確認!


■4代目マツダデミオ(マツダ2):流通台数も多く、MT車が狙い目!

2014年~2019年に販売された4代目マツダデミオ。現在はマツダ2へと名称変更した
4代目デミオMTの内装は落ち着いている。普段乗りやMT車の練習にどうぞ


★4代目デミオの中古車情報はこちら!

 現在、マツダ2へと名称変更した2014年~2019年に販売された4代目マツダデミオはオススメの中古車だ。フルスカイアクティブテクロノジーを搭載した5ナンバーサイズのコンパクトカーとして4代目デミオは2014年に登場。

 スタイリングだけでなく、インテリアも先代モデルより、80mm前方に配置することでドライバーが自然に足を伸ばした位置にペダルがあるレイアウトを実現し、アクセルペダルにオルガンペダルを採用している。

 搭載されているパワートレインは1.3L直列4気筒ガソリンエンジンと新開発の1.5L直列4気筒ディーゼルターボエンジの2種類。組み合わされるトランスミッションは6速ATを中心に、5速&6速MTを用意するなどマツダの人馬一体へのこだわりが散りばめられている。

 先進の運転支援システムは、衝突被害軽減ブレーキである、スマート・シティ・ブレーキ・サポートなどはエントリーグレードを除いて全車標準装備するなど充実している。

 デミオは毎年のように改良を重ねて、2016年、2017年の一部改良では運転支援システムの機能の充実を行い、2018年8月の一部改良では、1.3Lガソリンエンジンを1.5Lガソリンエンジンへと変更している。

 現在、4代目デミオの中古車は1850台流通していて、平均価格は約101.4万円。中古車の価格帯は約33万~約178万円となっている。

 100万円以下の中古車は940台。そして50万円以下の中古車も33台流通している。中古車のグレード構成は1.5Lディーゼルターボ搭載車が中心で、なかでもXDツーリングが最も多く、XDツーリングLパッケージ。そして1.3Lガソリンエンジンを、搭載した1.3Sが続く。

 しかし、高年式車では1.5Lガソリン車の比率が高くなるなど年式によって構成比が異なる。AT車だけでなく、MT車の流通台数も多いので、MT車練習用として購入するもの良いだろう。

■先代ホンダフィットRS:約77万円から狙える前期型がお薦め!

先代フィットRSの中古車はホンダセンシングなしの前期型が77万円からと比較的安く購入できる
内装は赤の差し色がスポーティ。1.5Lエンジンは名機ZCを彷彿とさせ、吹け上がりが軽快


★先代フィット1.5RSの中古車情報はこちら!

 コンパクトカーのMT車というとスズキスイフトスポーツが圧倒的な人気を誇っているが、2013年~2020年に販売された3代目ホンダフィットにはRSというスポーティモデルが設定されていた。現行モデルにRSが設定されていないのでスポットを当ててみた。

 フィットRSは新開発されたプラットフォームに先代より約10%最高出力を向上させた1.5L直列4気筒直噴i-VTECエンジンを搭載。

 組み合わされるトランスミッションは6速MTとパドルシフト付きCVTの2種類。2017年にマイナーチェンジを行い、内外装の変更に加えて、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を採用。さらにパワートレインにチューンを実施し、加速フィールの工場や燃費性能の向上を実現した。

 現在、フィットRS/RSホンダセンシングの中古車は約140台流通していて、そのうち、6速MT車は71台と半数となっている。

 中古車の価格帯は約77万~約228万円で、ホンダセンシングを装着したモデルは約18台。価格帯は約155万~約228万円とまだ高水準。ここはホンダセンシングなしの前期型をお薦めしたい。

次ページは : ■トヨタのプチバン、ポルテ:100万円以下のトヨタセーフティセンス装着車が狙い目