ランボルギーニ アヴェンタドール ウルティメ登場! 最後ピュアV12の凄さとは!?


 ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」の最後を飾る限定車「LP780-4 ウルティメ」が日本初公開された。同モデルは、アヴァンタドールの最後を飾る限定車であると同時に、ランボルギーニの自然吸気V12とピュアエンジン車の最後の新型車になるという。

 ランボルギーニ史のひとつのピリオドを飾る限定車の魅力と凄みをお伝えしよう。

文/大音 安弘、写真/アウトモビリ・ランボルギーニ

【画像ギャラリー】ランボルギーニ最後のピュアエンジン車となるランボルギーニ アヴェンタドール ウルティメ


■日本初披露されたラスト・アヴェンタドール

 アウトモビリ・ランボルギーニは、2021年7月29日、ランボルギーニのフラッグシップモデルである「アヴェンタドール」の限定車「LP780-4ウルティメ」を日本初披露した。

 アヴェンタドール LP780-4ウルティメは、2021年7月7日に、ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」のフィナーレを飾るモデルとして発表された。

 今後、ランボルギーニは電動化を推進することを表明しており、同モデルは、ランボルギーニが送り出すピュアなV12気筒エンジン車かつ内燃機関のみとなる新型車の最後のプロダクトとなる。

ランボルギーニのフラッグシップモデルとして活躍したアヴェンタドールの最後を飾る限定車「LP780-4ウルティメ」が日本初公開された

■アヴェンタドールとV12モデルの魅力を凝縮

 ウルティメは、アヴァンタドールの歴史だけでなく、創業時からのアイコンのひとつであるピュアV12気筒エンジンの歴史に幕を下ろす限定車だけに、ランボルギーニが培ったフラッグシップモデルとV12気筒エンジンの魅力を凝縮したスペシャルなモデルに仕上げられている。

 その内容を簡潔に説明するならば、アヴェンタドールの完成形と究極の自然吸気V12気筒エンジンの融合だ。

 まず最大の特徴となる自然吸気6.5LのV12気筒エンジンについて紹介すると、自然吸気エンジンの限界に挑戦すべく、歴代最強となる最高出力780hpを実現。

 これはデビュー時のアヴェンタドールの80hpアップ。ベースである「S」との比較では、40hpアップ。2018年にニュルブルクリンク北コースで新記録を打ち立てた「SVJ」の10hpアップと、まさに究極のランボルギーニフラッグシップに相応しい心臓に仕上げられている。

 詳細なスペックは、最高出力780hp/8500rpm、最大トルク720Nm/6750rpmとなる。さらにボディの軽量化を図ったことで、クーペ仕様の場合、SVJと僅差となる1.99kg/hpのパワーウェイトレシオ。そして、SVJ同様の0-100km/h加速2.8秒を実現しているという。

ミッドシップに収まる縦置きのV12気筒エンジンは、歴代最強スペックを誇るもの

 しかし、誤解してならないのは、スペック重視のスパルタンなモデルが目指されたわけではないことだ。熟成が進んだアヴァンタドールSに、その高性能仕様「SVJ」のエッセンスを加えることで、アヴェンタドールの完成形が目指されている。

 そのため、エクステリアデザインは「S」の上品さを受け継ぐ。ただしハイパワー化で必要なエアロダイナミクスと冷却性能の確保のために、「SVJ」の培った技術をフロントエアロなどに取り入れるなどの空力面での進化も遂げている。

 一方で、リアセクションには、アグレッシブさが漂う。これはエンジン性能を高めたサーキット指向のモデル同様に、テールランプ中央付近の高い位置にあるエキゾーストパイプを備えるため。

 ただし、過激さを増す派手なリアスポイラーは備えていない。そのサポート役として、必要なリアのエアロダイナミクスの確保に、電動可変式のアクティブエアロシステムによる格納式リアスポイラーが活躍する仕掛けとなっている。

アヴァンタドールSの持つ上品な雰囲気を受け継ぎつつ、ハイパワー及び高性能化に対応。オープン仕様のロードスターも用意される

次ページは : ■快適性も重視したオールマイティな味付け

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ